2013/02/28

韓国、慰安婦問題国際広報に予算増額


韓国の女性家族省(部)の予算が大幅に増額され、日本の国会図書館調査・立法考査局も韓国政府による慰安婦問題の海外広報が活発化すると見ている。これは、パク大統領就任以前(1月)からの動き。

特に目立つのが記念事業関連予算。慰安婦に関する研究は陽の下に新しきものなしという状況で、むしろ研究が進むほど韓国側に不都合な事実が出てくる。むしろ「慰安婦=日本軍性奴隷」のまま世間(&国際社会)の印象を凍結させた方が韓国側にとっては都合がいいだろう。

今年度より、外国語への資料の翻訳の為に予算が組まれるようになった事を見ても分かるように、韓国政府はこれから国際的広報(対日プロパガンダ)に力を注いで行くつもりらしい。これは民間の慰安婦支援団体と協力して行われると思われる。これまでもそうだった。

【韓国】 竹島及び慰安婦問題関連予算の大幅増額
菊池 勇次

*2013 年 1 月 1 日、韓国国会本会議において 2013 年度予算案が可決され、外交通商部が所管する竹島問題関連予算及び女性家族部が所管する慰安婦問題関連予算が大幅に増額され、両問題に関する韓国政府の海外向け広報等が強化されることになった。

(中略)

慰安婦問題関連予算(女性家族部所管分)

女性家族部が所管する慰安婦問題関連予算は、2012 年度の 13.3 億ウォンから 18.6億ウォンに増額(同約 1.4 倍)された。特に元慰安婦の「生活安定支援」予算の伸び(同約 1.1 倍)に比べ、「記念事業」予算が 2.5 億ウォンから 6.8 億ウォンに大幅に増額(同約 2.7 倍)された。

「記念事業」とは、元慰安婦の名誉回復及び真相糾明を目的に行われるものであり(「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援及び記念事業等に関する法律」第1 条)、政府及び地方自治体は、元慰安婦に関する①記念事業、②歴史資料の収集、保存、管理、展示及び調査研究、③教育、広報及び学芸活動、④国際交流及び共同調査等を行うことができると規定されている(同法第 11 条)。

2013 年度予算では、「記念事業」について、従来から行われていた①「記録資料の収集」(2.3 億ウォン)、②「研究資料の分類及び整理」(1.5 億ウォン)に加え、③「元慰安婦の名誉回復、真相糾明及び正しい歴史観確立のための巡回展示会並びに教育資料の開発及び普及」(2 億ウォン)、④「研究資料の外国語への翻訳」(1 億ウォン)が新規に認められ、韓国政府による元慰安婦「記念事業」が拡大されることになった。


※ 2013年より、このように変わります」--女性家族部

2013/02/26

日韓基本条約「日本は賠償を考慮していなかった」・・当たり前


「日本は...韓日請求権協定を締結する前から、慰安婦の強制動員などについて謝罪や賠償を行うことを全く考慮していなかった」(朝鮮日報)。そんな事を言ったら、韓国政府も同じである。「韓国政府は...個人に対する賠償を求めている」と言うが、そもそも韓国政府は韓国軍の慰安婦に賠償などしていない。自分の子供にお年玉を与えない親が、親戚からのお年玉が少ないと不満を言っているようなものである。大勢の日本人女性が慰安婦として働いていたが、戦後日本政府が彼女らに補償をしたという話はない。自国民ですら補償の対象にならないのに、なぜ外国人が何かしてもらえると思うのか?

下の資料が偽物でなければだが、慰安婦の貯金(給料)や財産について当時韓国側が話題にしていたのである。決して慰安婦の存在が知られていなかったわけではない。慰安婦が何者か知っていた当時の韓国政府は、彼女たちが賠償の対象になるような「被害者」だとは見なしていなかったのである。

日韓交渉会議議事録(一二) 請求権関係部会第二回会議 1953.5.19


日本政府、韓日請求権協定締結前から個人への賠償想定せず

1962年に試算、個人への賠償額は含まず

日本は1965年、韓日請求権協定を締結する前から、慰安婦の強制動員などについて謝罪や賠償を行うことを全く考慮していなかったことが分かった。

東京新聞が19日報じたところによると、日本の外務省は最近、市民団体の要求を受け、62年に行われた韓日国交正常化交渉に関する外交文書を新たに公開、その中で上記のような事実が明らかになったという。この文書によると、韓日請求権協定締結の3年前の62年、当時の大平正義官房長官(後に首相)は、外務省や大蔵省(現・財務省)に対し、韓国の対日請求権の規模を試算するよう指示した。本格的な協定締結に先立ち、韓国に対し補償すべき資金の規模を見積もるためだったとみられる。

日本政府は当時、郵便貯金や有価証券、未払いの賃金や恩給(公務員年金)などの規模を試算した。外務省は7000万ドル(現在のレートで約65億4800万円、以下同じ)、大蔵省は1600万ドル(約15億円)が必要だと推定した。朝鮮人労働者の強制徴用や慰安婦の強制動員など、個人に対する賠償額は全く含まれていなかったというわけだ。このような事実は、今後の裁判の過程で、強制徴用の被害者など、個人の請求権が消滅していないことを立証する証拠として活用できる、と法律の専門家たちは見ている。

日本政府や裁判所はこれまで、韓日請求権協定により、個人の請求権は完全に消滅したとの意向を貫いてきた。一方、韓国政府は旧日本軍に強制動員された慰安婦や朝鮮人の強制徴用被害者など、個人に対する賠償を求めている。

東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

韓国国会議員、慰安婦問題扱う評議会結成


韓国の国会議員はと言うと、こっちはこっちで何やら画策中。

韓国国会議員ら 慰安婦問題など扱う評議会結成へ

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会議員と学者が、旧日本軍による従軍慰安婦問題など植民地時代の人権被害を取り扱う評議会を結成することが24日までに明らかになった。

日本による強制動員問題を研究する学者らでつくる「日帝強制動員&平和研究会」によると、同研究会は与党セヌリ党の李明洙(イ・ミョンス)議員ら与野党の国会議員10人以上と共に、今年上半期中に評議会「植民地時代人権被害問題の対策フォーラム」を結成する準備をしている。

李議員は評議会について、「植民地時代の歴史問題について政府機関と民間団体の活動を率いて国民の関心を高め、人権被害問題の重要性を広める契機にするために結成する」と話した。

同研究会は強制動員問題を研究する歴史学者や社会学者、市民活動家がメンバー。このうち17人は日本人だという。評議会が結成されれば、諮問委員として関連資料を提供するほか各種事業も実施する予定だ。

評議会は▼慰安婦被害▼勤労挺身隊など強制動員被害者の未払い金と遺骨の回収問題▼サハリン強制連行問題――を3大懸案とし、分科会を設置する。

強制動員関連法の制定や国会特別委員会の設置推進のほか、セミナー開催や国内外にある強制動員現場を訪問するなど、さまざまな活動を計画している。

国務総理所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」の常設化にも取り組むという。

同研究会の関係者は「10人以上の国会議員がフォーラムに参加する意思を表明している。慰安婦問題を含め植民地時代にあった朝鮮人の人権被害問題一般化するのにプラスになる」と話した。

2013/02/25

朴政権と慰安婦問題


韓国政府と韓国議会(国会)の動きに関するニュースを二つ。

まずは、韓国の新大統領に就任したばかりのパク・クネ。直接の言及は避けたが、慰安婦問題について日本側の具体的な取り組みを促したというのが一部の日本メディアの捉え方。

朴新大統領が麻生副総理と会談、「歴史認識が重要」

麻生副総理兼財務大臣と会談した韓国の朴槿恵新大統領は、「日本と韓国が未来志向で協力していくために歴史認識が重要だ」という考えを示しました。

就任式を終えた韓国の朴槿恵新大統領は25日午後、麻生副総理兼財務大臣との会談で、日韓関係や北東アジア情勢について意見交換し、「新政権同士、未来志向で緊密な協力をすることが重要だ」という認識で一致しました。

一方、朴大統領からは日韓の懸案である竹島や慰安婦問題について直接の言及はなかったということですが、外務省関係者によりますと「日韓の未来志向の協力のためにも歴史認識が重要だ」という考えが示されたということです。これに対し、麻生副総理は「互いの立場を理解することが重要で、そのためにも双方の政治家の役割が大切だ」と応じたということです。

朴大統領は、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与があったことを認めた河野元衆院議長と就任直前に会談した際も歴史認識に触れていて、慰安婦問題については譲歩しない姿勢を示し、日本側に具体的な取り組みを求めたものとみられます。

TBS News 2013.2.25

「歴史認識重要」と朴氏 麻生氏と会談、慰安婦問題の進展求める

【ソウル共同=松本安二】韓国訪問中の麻生太郎副総理兼財務相は25日、朴槿恵新大統領と会談し、日韓両国の新政権が未来志向で緊密な協力をしていくことで一致した。日本外務省関係者によると、朴氏は未来志向の協力のためにも、歴史認識が重要だとの考えを示した。旧日本軍の従軍慰安婦問題での進展を日本側に求めたものとみられる。

 朴氏は同日、中国の劉延東国務委員ら大統領就任式に出席するため訪韓した各国要人と相次いで会談、領土問題や北朝鮮のミサイル・核問題で緊張が高まる北東アジア情勢をにらみ、積極的な首脳外交をスタートさせた。

 麻生氏は会談で朴氏に対し、安倍晋三首相からの祝意を伝えた。両氏は、日韓の協力は両国関係のみならず、核実験を実施した北朝鮮問題など、北東アジアの平和のために非常に重要だとの認識で一致した。

中国新聞(共同) 2013.2.25

そして今日、福田元首相にも。

韓国大統領 正しい歴史認識を

25日に就任した韓国のパク・クネ大統領は26日、福田元総理大臣や日韓議員連盟の幹部と会談し、両国が新しいスタートを切りたいとして日本との関係改善に意欲を見せた一方、日本に対して「正しい歴史認識が必要だ」と改めて述べました。

パク大統領は、就任式から一夜明けた26日、大統領府で、福田元総理大臣日韓議員連盟の会長と幹事長をそれぞれ務める額賀元財務大臣、河村元官房長官とおよそ40分間にわたり会談しました。会談の冒頭、パク大統領は「両国の友好には議員外交が重要で、日韓議員連盟の尽力をお願いしたい」と述べ、日韓関係の改善に向けて議員外交の役割に期待を示しました。

会談後、福田元総理大臣は記者団に対して、「日韓は互いに協力しながら関係を発展させることが大切だという考えで完全に一致した」と述べました。
ただ、額賀元財務大臣によりますとパク大統領は「両国の新しい政権がスタートしたので、過去の荷物を下ろして新しいスタートを切りたい。そのためには正しい歴史認識の下で両国の指導者が信頼を構築することが大事だ」とも述べたということです。

パク大統領は、25日の麻生副総理兼財務大臣との会談でも歴史問題を重視する立場を示しており、日本に対して関係改善には日本の対応がまず必要だという姿勢を改めて強調した形です。

NHK 2013.2.26

三一節以降

三一節:朴大統領、日朝に挑発の中止求めるメッセージ

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は1日、就任後初となる三一節(独立運動記念日)記念の辞で、日本と北朝鮮に向け「関係が一層悪化すれば新政権も手が打てない。挑発はやめて互いに協力しよう」というメッセージを投げ掛けた。大統領府(青瓦台)の関係者は「日本と北朝鮮に『韓国には新しい政権が誕生したため、われわれを信じ、互いに信頼を築こう』というのが記念の辞の骨子」と語った。

 こうした大統領の立場について、韓国政府の関係者は「就任後初となる三一節の記念の辞から強く出たら、李明博(イ・ミョンバク)政権の対日・対北政策の延長にしかならない。朴槿恵政権と新たな出発を望むのなら、北朝鮮と日本が何をすべきかを注文した」と語った。

■日本に「歴史の省察」を要求

 朴大統領は1日の記念の辞で「歴史は自己省察の鏡にして希望の未来を開く鍵」という言葉で日本に対する発言を始めた。韓日関係に関する九つの文章の中で、独島(日本名:竹島)・教科書問題などの懸案は挙げず、代わりに「歴史」は6回、「省察」については2回言及した。朴大統領は「過去の歴史に対する正直な省察がなされるとき、共同繁栄の未来も共に開ける」とも語った。

 また朴大統領は「日本が韓国とパートナーになり、21世紀の東アジア時代を共に引っ張っていくためには、歴史を正しく直視し、責任を取る姿勢を持たなければならない。両国の未来の世代にまで過去史の重荷を背負わせてはならない。今の世代の政治指導者の決断と勇気が必要」と語った。

 このように、朴大統領が「先に反省、後に協力」の原則を強調したのは、冷え切った韓日関係を前政権から受け継いだからだ。李明博前大統領は2008年に就任した後、初めて迎えた三一節の記念の辞で「韓日間の未来志向的関係」を力説した。しかし日本の挑発が繰り返されたことを受け、昨年8月には独島を訪問した。安倍晋三内閣も右傾化を続け、先月には島根県が主宰する「竹島の日」の行事に政府代表として政務官を派遣した。現在の韓日関係は文字通り最悪だ。

 こうした状況を打開するため、「歴史の省察」という言葉で日本にさらなる挑発の自制を要請したわけだ。尹徳敏(ユン・ドクミン)国立外交院教授も「表現は遠回しだが、その内容は、公職者の『竹島の日』行事出席といった挑発行為を中断せよ、と強く要請したもの」と語った。

■北朝鮮に「正しい選択」を要求

 また朴大統領は、北朝鮮に向け「民族の共存と共栄」を強調し「確固たる安全保障に基づいて、韓半島(朝鮮半島)に信頼を築き、幸福な統一の基盤を整える」と語った。そして「何よりも、北朝鮮が正しい選択をすべき。核を放棄し挑発をやめて初めて、北朝鮮は国際社会の責任ある一員になることができ、南北共同発展の道は開け、韓半島信頼プロセスもきちんと進む」と主張した。現在国連安全保障理事会で話し合われている北朝鮮制裁が採択された後、北朝鮮が新たな挑発を行わなければ合、南北対話を軌道に乗せることもあり得るということを、遠回しに表現したわけだ。

 東国大学のキム・ヨンヒョン教授は「現在は3回目の核実験の制裁局面にあるため、国際協調の面ではまだ留保がある。しかし韓半島信頼プロセスが動かない状況は深刻な問題のため『対話すべきなのに核実験のせいでこうなっており、これ以上軍事的行動はせず、核問題を整理してほしい』という朴大統領の意向が間接的に現れているようだ」と語った。

金真明(キム・ジンミョン)記者

朝鮮日報日本語版 2013.3.2



「歴史直視してもらいたい」朴大統領、額賀氏に

額賀福志郎日韓議員連盟会長は4日、首相官邸で安倍首相と会談し、額賀氏と韓国の朴槿恵大統領との会談について報告した。

額賀氏は、朴大統領が歴史問題に関し「歴史を直視してもらいたい」と語ったことを伝え、首相は「前を向いて行くようにしたい」と応じた。額賀氏は朴氏の大統領就任式に出席するため、先月訪韓した。

読売 2013.3.4

2013/02/23

野田政権は、韓国と合意寸前だった


以前にも書いたことだが、来日した挺対協の幹部がこの件について話していた。慰安婦問題の解決に乗り気になっていた野田首相の意向を受け、ソウルの日本大使館から挺対協の事務所に足しげく日本の役人が通って来たと。しかし、日本側がアジア女性基金方式を考えているというので、顔を洗って出直して来いとばかりに追い返したとか。もちろんこれは挺対協側の説明だが、大筋ではその通りだったのではないか。

KBSによれば、「心から謝罪」することで日韓両政府が合意していたというのだが、まさか日本政府はこれまでの歴代総理による謝罪が嘘っぱちだったとは見なしていないだろうから、改めて謝罪する事で合意したといった所が実際ではないか。しかし、挺対協の説明とは異なり、国家賠償でも合意に達していたというのがKBS(前大統領府対外戦略企画官)の説明である。挺対協の説明とは一致しないが(その後、日本側が翻意した可能性はある)、東郷和彦前オランダ大使なども国家賠償を提案していたので、野田政権がその気になっていた可能性はある。

それが頓挫したので、頭に来てイ・ミョンバク大統領が竹島に上陸したのか?(「李大統領の竹島訪問の背景には、従軍慰安婦問題などで進展が見られず、野田政権への不満が強まっていることがあると・・・」日テレNEWS24 2012.8.11)

韓日 一時は慰安婦問題で“合意寸前”

元日本軍従軍慰安婦問題について、韓国と日本は2011年12月に行われた首脳会談を機に対話を重ね、合意寸前までこぎつけていたことがわかりました。
これは、朝日新聞が22日、「李明博外交の5年」と題した記事の中で、金泰孝(キム・テヒョ)前大統領府対外戦略企画官とのインタビューを引用する形で伝えたものです。

そのなかで、金泰孝氏は、「おととし12月、李明博(イ・ミョンバク)大統領と当時の野田佳彦首相が京都で会談し、元日本軍従軍慰安婦問題について議論して以降、韓日両国が対話を重ね、合意寸前まで行っていた。うまくいけば慰安婦問題の合意は、夏には発表でき、関係は改善したはずだ」と述べました。

当時、交渉の内容は、日本の首相が元慰安婦の女性たちに心から謝罪し、国が償いもするということが核心で、金泰孝氏と日本政府官邸の高官との間の特別なチャンネルでは、ほとんどの部分で妥結する手前だったということです。

結局合意できなかった理由について、金泰孝氏は、韓日の外交当局がそれぞれの立場を反映させようとしたことや初の韓日防衛協力となるはずだった韓日情報保護協定が韓国の世論の反発によって署名式直前で見送られ、慰安婦問題が宙に浮いた形になったためと説明しています。

KBS WORLD 2013.2.22

「心からの謝罪」+「国家賠償」で合意していたにも関わらず、「韓日の外交当局がそれぞれの立場を反映させようとした」ので頓挫したというが、日韓の外交当局が譲らなかったそれぞれの立場とは何だろう。日本政府(国家)による強制動員を認める認めないといった所か?

2013/02/21

マイク・ホンダ、日本政府に謝罪と河野談話維持を要求


マイク・ホンダは相変わらず。

従軍慰安婦で対日謝罪要求=「談話」見直しけん制-ホンダ米下院議員

【ワシントン時事】米民主党の下院議員2人が20日、安倍晋三首相の訪米に先立ち佐々江賢一郎駐米大使に書簡を送り、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関して「日本政府による完全かつ公式な謝罪」を要求した。また、軍の関与を認めて謝罪した河野洋平官房長官談話の見直しに踏み切れば「日米関係に重大な結果を生じさせる」と警告を発した。

書簡を出したのは、カリフォルニア州選出で日系のマイク・ホンダ、ニューヨーク州選出のスティーブ・イスラエル両議員。両州とも韓国系や中国系の住民が多い。ホンダ氏は慰安婦問題をめぐり、2007年に下院で対日非難決議の採択を主導した。 
ホンダ氏らは書簡で、日本は1930年代から第2次大戦にかけて、「中韓両国などの約20万人の若い女性を強制的に慰安婦にした」と指摘し、「集団レイプや強制堕胎などの結果、死に至ったケースがある」などと非難。談話見直しは周辺諸国との間で緊張関係を不要に高めかねないとも強調した。


時事 2013.2.21

米下院議員、安倍首相の米国訪問合わせて「慰安婦謝罪」要求

安倍首相の米国訪問に合わせて米国下院議員が日本に慰安婦強制動員を謝罪するよう要求した。

マイケル・ホンダ米下院議員とスティーブ・イスラエル議員は21日(韓国時間)佐々江賢一郎駐米日本大使に書簡を送って、日本政府が慰安婦動員の強制性を認めた「河野談話」を修正しようとする動きを見せていることに対し深刻な憂慮を表明した。

2人の議員は書簡で「河野談話が修正されれば米日関係に重大な影響を及ぼすこと」であり「隣国と不必要な緊張と挑発を呼び起こすこともある」と警告した。

議員らは日本軍が韓国や中国などから女性約20万人を動員して性的奴隷を強要したと指摘して日本政府の適切な関心と教育、公式的な謝罪を要求した。


マイク・ホンダらの書簡とはこれ

慰安婦の碑建立運動の始まり


「韓国人に関しては、いかなる記録も残っていない」と思ったから高校生らが始めた・・・という慰安婦の碑建立運動。ユダヤ人やアイルランド人に対抗して無理に悲劇を作り出すこともなかろうに。

当初は、韓国系の中にも反対する人がいたという。

慰安婦:米国で韓国系高校生たちが石碑建立へ


韓国系米国人の高校生11人が、米国の地に初めて、旧日本軍の慰安婦が受けた苦痛を後世に伝えるための石碑を建立した。


ニュージャージー州バーゲン郡のデニス・マクナーニー郡長は今月11日、住民ら約1000人から署名を集め、議員たちへの説得を続けてきた韓国系の高校生たちの請願を受理し、石碑を建立するための敷地を提供すると共に、石碑に使う岩石も提供することを約束した、と発表した。


また、同郡議会は今年10月初め、石碑の除幕式に合わせ、旧日本軍の慰安婦に対する残虐な行為について告発し、日本政府の謝罪を求める決議を行う方針を固めた。同郡はニュージャージー州の中でも韓国系住民が最も多い地域だ。


韓国系住民有権者センターでインターンとして働いていたミッシェル・ファンさん(17)ら11人の高校生が、旧日本軍の慰安婦に関する石碑の建立を提案したのは先月初めのことだった。韓国系有権者たちの登録を促す運動を手伝っていたファンさんたちだが、バーゲン郡の裁判所の庭にアイルランド系、ユダヤ系、黒人などの住民たちが自分たちの苦痛に満ちた歴史を後世に伝える石碑を建立したのを目の当たりにしたのがきっかけとなった。今年4月23日に石碑を建立した黒人たちは、両手を鎖で縛られた人々の絵を描き、奴隷制度に苦しめられた黒人たちの歴史を刻んだ。だが一方で、第2次大戦中に耐えがたい苦痛を味わったアジア人、特に韓国人に関しては、いかなる記録も残っていないという事実に、ファンさんたちは目を向けた。

ファンさんたちは韓国系住民有権者センターの支援を受け、旧日本軍の慰安婦たちの歴史を学び、かつて石碑を建立した団体にも連絡を取り、制作の過程を参考にした。ファンさんは「学校で少し習ったものの、日本によってこれほどまでに残虐な人権の蹂躙(じゅうりん)や虐殺が行われていたとは知らなかった」と話した。

ファンさんたちが石碑を建立するためバーゲン郡役所を訪れたとき、担当者は消極的な反応を見せた。そこで、ファンさんたちは韓国系住民たちが集まる通りやスーパーマーケットへ出向き、署名活動を行った。ジョシュア・リーさん(16)は「韓国系の人たちは必ず署名してくれるだろうと思ったが、中には“なぜそんなことをするのか”“良くない出来事を今になってあえて蒸し返すことはないだろう”などと反対する人たちもいてつらかった。だが、ファンさんたちが商店を回っては、石碑建立の必要性を訴える姿に、多くの韓国系住民たちが感銘を受け署名に応じた。また、中国系、フィリピン系、ヒスパニック系、白人などの住民たちの間でも、快く署名に応じる人たちが出てきた。

ファンさんたちは、旧日本軍による残虐な行為や、日本政府がそれを傍観していたことなどをまとめ、プレゼンテーション資料を作成し、郡役所や議会を説得した。また、ワシントンを訪れ、地元出身の連邦議会議員たちの支持も取り付けた。

そしてついに、郡役所や議会も石碑の建立に向け支援することを約束し、郡に属するパリセーズ・パーク市は、図書館前の敷地を提供することを決めた。ファンさんたちは現在、韓国系住民有権者センターと共同で、石碑に刻む文言を募集し、同時に募金活動も行っている。なお、石碑には2007年、連邦議会下院で可決された慰安婦決議案の内容も刻まれる方針だ。

慰安婦に関する石碑の建立は、ニューヨークの韓国系住民が多いフラッシング地区でも、韓国系の学生・生徒たちによって進められており、すでに同地区の行政当局に請願書を提出している。


ニューヨーク=朴宗世(パク・ジョンセ)特派員

朝鮮日報 2009.8.13 [リンク切れ]

韓国政府、法改正で慰安婦の対日訴訟支援へ


河野談話の頃は、韓国政府もこの問題を収束させる気でいたと思われる。しかし、いつの頃からか、この騒ぎに便乗し始めた。女性家族省(部)のウェブサイトを見ると、慰安婦支援団体のプロパガンダそのままである。

元従軍慰安婦6割が訴訟の意思 韓国・女性家族省

韓国・女性家族省は20日、旧日本軍の従軍慰安婦だった女性の約6割が名誉回復や損害賠償を求める訴訟を起こす意思を持つとする調査結果を発表した。同省は「6月以降、政府として訴訟支援をする基盤ができた」としている。調査は2012年10月、韓国政府が元慰安婦だと認定し生活費などを支援している60人を対象に実施した。

調査では訴訟対象を明確にしていないが、同省は「日本政府になるとみている」という。韓国は12年12月、元慰安婦の損害賠償請求訴訟などを政府が支援できるよう法律を改正。6月に施行される。(ソウル支局)

日経 2013.2.20

韓国政府の動きをもう一つ追加。政府による慰安婦の証言集が発刊される。

「元慰安婦のほとんどは『お金を稼ぐことができる』とだまされたという」・・・けっきょく強制連行の証言は得られなかったようである。

「『客を取れない』とたたかれた」 元慰安婦12人の証言

政府による公式口述集、初出版

 韓国政府は旧日本軍元従軍慰安婦たちの被害証言を収録した口述集を初めて出版した。

 首相所属の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会(以下、委員会)」は旧日本軍従軍元慰安婦12人の口述証言が収められた「聞こえますか? 12少女の話」を出版したことを26日発表した。政府が元慰安婦たちの口述採録を民間団体に委託・依頼したことはあるが、政府が直接、公式記録を制作・出版したのは今回が初めてだ。

 口述集には2007年に死去したカン・ドアさん(当時84歳)をはじめ、元慰安婦12人の証言が掲載されている。

 元慰安婦のほとんどは「お金を稼ぐことができる」とだまされたという。例えば、Aさんは14歳のときに就職口をあっせんするとだまされて中国東北部の延吉に連れていかれ、2年間にわたり慰安婦として過ごしたが「若すぎて客が取れない」という理由でひどくたたかれた。Aさんは「その話をするたび、こんな風に動悸(どうき)が激しくなる」と語り、記憶を呼び起こすのが終始つらそうだった。

 Bさんはシンガポールや東ティモールなどで慰安婦として過ごした。「何度も死のうとした。一緒にいた女性は自殺した。軍人の相手をしている途中で自殺したそうだ。日本軍に利用された。当時はいっそ死んだ方が楽だった」と話した。

 5年ぶりに故郷に戻ったが、母親が自分の娘だと気付かなかったと話す元慰安婦もいる。故郷で「慰安婦として動員された」といううわさが立ち、結婚もできず一人で苦労して生きてきたという人もいた。委員会側は被害事実の公表をためらう元慰安婦の要望に応じ、実名公開に同意した1人を除いて11人を匿名にし、生まれ年以外の個人情報は公開しなかった。委員会関係者は「元慰安婦たちは被害事実を家族にさえ話せないことが多い。かなりの数の元慰安婦が家族関係に問題が起こるなど、二次的な被害を受けている」と話した。

クァク・レゴン記者

2013/02/18

ニューヨーク近代美術館前で「旭日旗NO」

日本展開催中の近代美術館前でアピール

このニュースの続報。一応日本の総領事館も把握はしていたらしい。参加者はたったの10人だったようだが、この先こういった企画が自然消滅していくのか水曜デモのようにエスカレートしていくのか、誰にも分からない。

パリセイズパークの慰安婦の碑がスタート地点に選ばれた

韓国系住民ら旭日旗撤去求め抗議 NY美術館

ニューヨーク近代美術館(MoMA)で旭日旗をイメージした芸術作品が展示されているとして、在米の韓国系住民らが17日、MoMAや日本総領事館、国連の前で撤去を求め抗議行動を行った。

「平和マラソン」と題した抗議行動の参加者約10人は、ニュージャージー州にある旧日本軍従軍慰安婦の碑の前を出発。「(旭日旗は)戦争犯罪の旗」と書かれたゼッケンを着けて、ニューヨークの中心部まで走った。

総領事館前では「旭日旗ノー」などと気勢を上げた。クォン・イジュさん(67)は「日本は隣人であり友人だが、第2次大戦で使われた旭日旗が今も使用されていることは許せない」と話した。近代美術館では今月下旬まで「東京 1955-1970 新しい前衛」展が開かれている。日本総領事館は14日、ホームページでMoMAなどを利用する在留邦人に注意を呼び掛けていた。(共同)

産経 2013.2.18

「杭テロ」事件、日本人男性を在宅起訴


そう。そもそもこの慰安婦像は違法に公道に設置されたもの。その事は、ソウル地検も承知のはず。日本政府は、外国公館の威厳の侵害防止を定めたウィーン条約22条2に関わる問題と捉え、撤去を求めている。

日韓犯罪人引渡し条約といえば、韓国政府は靖国神社放火犯の日本への引渡しを拒否したばかり。朝鮮日報は「日本は靖国放火犯引き渡し拒否の意図を読み取れ」などと開き直っていた。中央日報には疚しい気持ちもあったようだが、靖国神社放火犯を英雄、慰安婦像に杭を結びつけたのはテロと沸き立つ世論に検察も配慮せざるをえなかったか。

「慰安婦」像に杭設置は「名誉毀損」 ソウル地検が日本人男性を在宅起訴

【ソウル=加藤達也】ソウルの日本大使館前に韓国の反日団体が建てた日本統治時代の「慰安婦」を象徴する像に日本の右翼団体の男性が昨年6月、「竹島は日本固有の領土」と書いた杭(くい)を置き、像を「売春婦の像」と主張する場面をネットで公開したとしてソウル中央地検は17日までに、元「慰安婦」らへの名誉毀損(きそん)罪などで男性を在宅起訴した。聯合ニュースが伝えた。

検察は男性から聴取していないが、自らネットに映像を公開したことなどから「犯行事実は明白」として起訴した。今後、裁判所が召喚状で出廷を求めるが、応じない場合は被告不在のまま裁判が開かれる。

聯合ニュースは「実刑判決の場合、日韓犯罪人引き渡し条約に基づいて引き渡しを求める可能性が大きい」としているが、日本の外交当局者は「そもそも自国民は条約が定める引き渡し対象ではない」としている。

同地検はまた、金沢市にある韓国独立運動家、尹奉吉の碑の前に昨年9月、同趣旨の杭を立て、写真をネットで公開した事実についても死者名誉毀損罪を適用したという。

「慰安婦」像は、大使館前の公道を管理するソウル市鍾路区役所の許可を得ず建てられた違法設置物で、日本政府は外交公館に対する著しい名誉の毀損だとして撤去を要求しているが韓国側は応じていない。

起訴について日本の外交筋は「反日世論に迎合した李明博政権のパフォーマンス国際感覚に照らして非常識な行為」と指摘した。

産経 2013.2.18



コメント欄にも寄せられましたが、オマケ情報。朴次期大統領を訴えたのは、維新政党・新風の鈴木信行。慰安婦像に杭を結わえつけてソウル地検に在宅起訴された本人。目には目、といったところか。

韓国次期大統領を告発 竹島上陸は「不法入国」 東京の市民団体

韓国大統領に25日就任する朴槿恵(パク・クネ)氏が、竹島に上陸したのは日本への不法入国に当たるとして、東京都の市民団体代表らが入管難民法違反(不法入国)罪で、朴氏への告発状を松江地検に提出したことが22日、関係者の話で分かった。

朴氏は野党ハンナラ党代表だった2005年10月、韓国与野党の国会議員12人とともに国政監査を目的として竹島に上陸。島に常駐する警備隊を激励するなどしていた。

告発状では「被告発人(朴氏)は、我が国固有の領土である竹島に不法上陸し、我が国の主権と領土を蹂躙(じゅうりん)した」などとしており、有効な旅券を所持しない者の上陸を禁じた同罪が成立すると主張している。

不法入国の罪の公訴時効は3年だが、告発した市民団体側は「外国人が日本の領土に入り、その後出国しているので、その間の公訴時効の算定より除外される」としている。

産経 2013.2.23

李明博大統領の竹島上陸不起訴 松江地検

 松江地検は29日、昨年8月に島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸した韓国の李明博大統領が入管難民法違反(不法入国)容疑の告発を受けたが、不起訴処分にしたことを明らかにした。処分は昨年12月17日付。その後、告発人が松江検察審査会に審査を申し立てたが、審査会は1月25日付で不起訴相当の議決をした。

 不起訴の理由について森田邦郎次席検事は「わが国の裁判管轄権が及ばない」として、裁判権なしと判断したことを明らかにした。

 外交関係に関するウィーン条約では、外交官は接受国の刑事裁判権から免除されており、国際慣習法上、大統領など国家元首も外交官と同様と解されている。

47NEWS 2013.1.29

2013/02/17

百科事典JAPAN at WARに見る慰安婦の定説

最新の「百科事典」でこのレベル

先月発売されたばかりのJAPAN at WAR(百科辞典--戦時下の日本でも、慰安婦とは日本軍によって売春を強制された人々とされている。20万人以上が植民地や占領地で徴用された。年齢は14歳から30歳。当初は日本人の売春婦を戦地へ連れて行ったが、それらが性病持ちだった為、日本人ブローカー達は朝鮮の村娘をリクルートし始めた。朝鮮人は全慰安婦の最低8割を占めた。大勢の女性が、組織化された性奴隷制度の中に日本軍によって強制的に入れられた。

最初は挺身隊と呼ばれたが、後に日本政府はmilitary comfort women(従軍慰安婦?)という言葉を作った。戦争の末期になると見境なく女性を拉致するようになった。1943年の軍隊強制動員法により、帝国陸軍は7万から8万の女性を慰安所に送り込んだ。終戦後、多くは見捨てられるか、(日本軍によって)虐殺された。ある者は自殺した。

1991年10月6日、三人の韓国人慰安婦が人権に対する罪で訴え出た。日本政府は47年間、慰安婦計画に関して政府は一切関与していないと否定し続けて来た。しかしながら、1992年、軍と直接的に繋がる資料が明るみに出、1993年、日本政府は兵士たちとのセックスを強制された女性達を常時監督する立場にあった事を認めた。

それ以降、日本の総理大臣が個人的に謝罪することはあっても、公式な謝罪も公式の賠償計画もない。2007年、それまで女性たちが戦時売春に強制された事実を否定していた安倍晋三総理は、国際社会の反発の後、自分が間違っていた事を公式に認めた

1990年代に入り、世界はこれらの忘れられた第二次世界大戦の犠牲者の話を知るようになった。

グーグル・ブックス(英語)より大雑把に紹介(引用は、原文からお願いします)。

この項目を担当したLouis Perez

この項目を担当したのは、イリノイ州立大学のLouis G. Perez +(ABC-CLIO)。彼には陸奥宗光と不平等条約に関する著書もあるようだが、これが米国の日本研究者のレベルか。合っているのは年月だけという惨憺たる有様。この解説も、多くの運動家達の話と同じように前半(軍隊による強制・拉致)の話と後半(軍の関与)の話が繋がっているようで繋がっていない。ペレスはそれを自覚しているのだろうか?

文末にFurther readingとして、ユキ・タナカとワカバヤシ・ボブ・タダシの最近(それでも10年前)の研究が上げられているが、欧米人の理解はジョージ・ヒックスの頃からあまり変わっていない。ただし、ヒックスや吉見義明の本の名が上がっていないのは興味深い。

現実問題として、これが現在の国際社会の定説と考えた方がいいだろう。

2013/02/14

[報道] 韓国人権委、「日本人は慰安婦に暴力を振るってはならない」


「日本の政治家と民間人が被害者に・・・暴力行為を働いている」・・・なんという難癖。

河野談話については、中央日報が「慰安婦問題の責任を認めたもの」、朝鮮日報は「慰安婦の強制性を認め」たものとしている。・・・結局、河野談話とは何を認め何を認めていないのか、もう誰にも分からない。河野本人が黙秘を貫いているからでもある。大体、「慰安婦の強制性」とは、文章としても無理がある。

韓国人権委、初めて日本軍慰安婦問題に関する声明を発表

韓国国家人権委員会は14日、声明を発表し、日本政府が日本軍慰安婦被害者を保護するために積極的な措置を取るべきだと要求した。

人権委は声明で、日本政府に対し、慰安婦に対する公式謝罪と真相究明、被害者に対する賠償を求めたほか、被害者の人権侵害を日本国民に知らせ、日本の政治家と民間人が被害者に暴言と暴力を加えないよう措置を取ることを促した。

韓国政府に対しては、慰安婦被害者の人権回復のために多様かつ積極的な外交的措置を履行するよう要求した。

人権委は今回の声明発表に関し、安倍晋三日本首相が最近、慰安婦問題の責任を認めた「河野談話」(93年)の修正を示唆したことに対する懸念から出てきたと説明した。人権委が慰安婦問題に関する立場を表明したのは今回のが初めて。


韓国国家人権委 日本に慰安婦問題の謝罪・賠償促す

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家人権委員会は14日、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、日本政府に公式謝罪と真相究明、被害者への賠償を促す声明を発表した。国家人権委が慰安婦問題で意見を表明したのは今回が初めて。

声明発表の背景には、安倍晋三首相が慰安婦の強制性を認めて謝罪した1993年の「河野談話」の見直しを示唆し、国際的な懸念が高まっていることがある。

声明は日本政府に対し、旧日本軍が被害者に対し人権侵害を行った事実について拘束力を伴う形ではっきりと認めるとともに、国際機関の勧告に応じて真相究明と公式謝罪、賠償を行うよう促した。

また日本の右傾化に伴い、政治家や民間人が元慰安婦や支援団体などに対して暴言浴びせたり、暴力行為を働いていると指摘。日本政府はこれらの行為が起こらないようにすべきだと述べた。さらに自国民に対し、元慰安婦の被害事実を周知させるべきという点も強調した。

韓国政府に対しては、憲法裁判所の判決に従い、元慰安婦の人権回復のため多様かつ積極的な外交措置を取るべきだとした。憲法裁判所は2011年8月30日、慰安婦問題解決のために韓国政府が外交的努力を行わないのは違憲との判決を下した。

国家人権委は今回の声明について、「海外の政府に対する調査権限がないため、意見表明や勧告ではなく声明の形を取って発表した」と説明した。


2013/02/10

戦犯旗(旭日旗)撲滅平和マラソン in ニューヨーク

全ての五輪から旭日旗を追放せよ

VANK(バンク)、いわゆる韓国の「サイバー外交使節団」は、日本の国際的評判を貶めるディスカウント・ジャパン運動を行っている。そんな彼らにとって、慰安婦問題や旭日旗は格好の材料となっている。

国連本部前でのVANKのパフォーマンス(2012.11)

VANKは昨年、慰安婦の碑で有名なパリセイズパーク市(米国)を訪れ、市長と面会したり碑に花を手向けるなどしている(この時も1492グリーンクラブのペク・ヨンヒョンは顔を見せている)。国連本部前で「旭日旗=ハーケンクロイツ」と書かれた横断幕を広げるという事もしていたから、今回の企画はそれを下地にしたものだろう。

こうしたスミア(中傷)キャンペーンを「平和行事」と偽り、一般市民への浸透を図るというしたたかさは相変わらず。日本大使館前の慰安婦の碑も公式には「平和の像」という。どうやってディスカウント・ジャパン運動を、それと知られずに世界中に広めていくか、彼らは常に知恵を絞っている。

この平和マラソンに関わるクォンも、事情を知らないアジア系アメリカ人が利用されたというような話ではなく、2年前のアメリカ横断マラソンでも東海(日本海)と独島(竹島)の領有権を世界に知らしめる為(糖尿病根絶もテーマの一つだった)のパフォーマンスだと公言していたから、元々政治性の強い人物らしい。現在60代後半。ベトナム戦争に参加している。戦場の性の問題には詳しいはずだ。

右端がグリーンクラブのペク
韓国の反日団体と米国の韓国系(1世?)が連携

「市民運動を拡大できる方法」「市民の参加を引き出すためにはマラソンが最適」「米国全域と韓国、全世界に拡大する」。・・・彼らは、次回のオリンピックが開催されるリオでもこの企画を実行する気である。

戦犯象徴「旭日旗」撲滅(退治)マラソン広げる

パリセイズパーク慰安婦記念碑出発、国連本部日本領事館経由

日本軍国主義の象徴である「旭日旗」退出を念願する平和マラソンがニューヨーク・ニュージャージー一円で開かれる。

「日本の戦犯旗撲滅市民の会(イルチョントェモ)」は旭日旗がこれ以上使われてはいけないというメッセージを米国社会に伝えるため、2010年アジア系で最初に米大陸横断に成功したマラソンランナー、クォン・イジュ(Yijoo Kwon)氏とともに平和マラソン行事を来る17日開くと明らかにした。

「退出のための市民会」」と共に環境団体「1492グリーンクラブ」サイバー外交使節団VANK等が後援する今回の平和マラソンはニュージャージー州パリセイズパーク公立図書館の前に設置された日本軍慰安婦被害者記念碑から出発して国連本部を経由する約30マイルのコースをクォン氏と市民が走ることになる。

これらは一般市民に日本の戦犯旗の深刻性を知らせるために「アジアのナチ旗である旭日旗がこれ以上使われてはいけない」というスローガンが書かれたユニホームを着て走る予定だ。

また、マンハッタンにある駐ニューヨーク日本総領事館の前で慰安婦被害者に対する公式謝罪と賠償を促す声明書を朗読して、国連本部の前で旭日旗退出を要求するスローガンを叫ぶ順序も計画している。

ペク・ヨンヒョン1492グリーンクラブ会長は「昨年8月『退出のための市民会』
スタートと共に日本戦犯旗退出のための市民運動を拡大できる方法を苦心してきており、市民の参加を引き出すためにはマラソンが最適だという考えに今回の行事を行うことになった」として「今後平和マラソンは米国全域と韓国、全世界に拡大するという計画を持っている」と明かした。

引き続きVANKの後援韓国でも旭日旗退出を念願するマラソン行事が開かれる予定で、日本の謝罪と再発防止宣言がない場合、来る2014年オリンピックが開かれるブラジル、リオデジャネイロでも平和マラソン行事が開かれることになるだろう」と強調した。

今回の平和マラソンに立ち向かうクォン氏は「誰でも一緒に走れるし、今後日本の謝罪と再発防止約束がある時までアメリカ全域の韓国人・他民族らと共に走りたい」という抱負を明らかにした。
イルチョントェモ側は最近ニューヨーク現代美術館(MoMA)で旭日旗イメージが挿入された美術作品展示会が開かれるなどまだ全世界に日本軍国主義の残滓が絶えることなく続くとし韓国人社会の関心と参加を訴えた。


文中、「イルチョントェモ(일전퇴모)」を、「退出のための市民の会」と訳した(追記: 「日本の戦犯旗撲滅市民の会」に変更 2016.1.5)。英語名は、The Citizens Against War Criminal Symbolism(CAWCS)である。この団体はロンドンオリンピック閉会後まもなく結成され、中心になったのは1492グリーンクラブのペクと韓米政策委員会(KAPAC)のイ・チョルウ。きっかけは、サッカー日韓戦後の反日パフォーマンス騒動の逆恨みらしい。

大雑把な位置関係
左上パリセイズパーク、右下国連本部&日本領事館


전범 상징 `욱일승천기` 퇴출 마라톤 펼친다

팰팍 위안부 기림비 출발유엔본부ㆍ일본영사관 경유

일본 군국주의의 상징인 `욱일승천기` 퇴출을 염원하는 평화 마라톤이 뉴욕ㆍ뉴저지 일원에서 열린다.

일본 전범기 퇴출을 위한 시민모임(일전퇴모)은 욱일승천기가 더 이상 사용돼서는 안된다는 메시지를 미국사회에 전하기 위해 지난 2010년 아시안 최초로 미 대륙 횡단에 성공한 마라토너 권이주씨와 함께 평화 마라톤 행사를 오는 17일 연다고 밝혔다.

일전퇴모와 함께 환경단체 `1492그린클럽`, 사이버 외교사절단 `반크` 등이 후원하는 이번 평화 마라톤은 뉴저지주 팰리세이즈파크 공립도서관 앞에 설치된 일본군 위안부 피해자 기림비에서 출발해 유엔본부를 경유하는 약 30마일 코스를 권씨와 시민들이 달리게 된다.

이들은 일반 시민에게 일본 전범기의 심각성을 알리기 위해 `아시아의 나치 깃발인 욱일승천기가 더 이상 쓰여선 안된다`는 구호가 쓰여진 유니폼을 입고 달릴 예정이다.

또 맨해튼에 있는 주뉴욕일본총영사관 앞에서 위안부 피해자에 대한 공식 사과와 배상을 촉구하는 성명서를 낭독하고, 유엔본부 앞에서 욱일승천기 퇴출을 요구하는 구호를 외치는 순서도 계획하고 있다.

백영현 1492그린클럽 회장은 "지난해 8월 일전퇴모 출범과 함께 일본 전범기 퇴출을 위한 시민 운동을 확대할 수 있는 방법을 고심해 왔고, 시민들의 동참을 이끌어내기 위해 마라톤이 가장 적절하다는 생각에 이번 행사를 열게 됐다"며 "앞으로 평화 마라톤은 미국 전역과 한국, 전 세계로 확대한다는 계획을 갖고 있다"고 밝혔다.

이어 "반크의 후원으로 한국에서도 욱일승천기 퇴출을 염원하는 마라톤 행사가 열릴 예정이고, 일본의 사과와 재발 방지 선언이 없을 경우 오는 2014년 올림픽이 열리는 브라질 리우데자네이루에서도 평화 마라톤 행사가 열리게 될 것"이라고 강조했다.

이번 평화 마라톤에 나서는 권씨는 "누구나 함께 달릴 수 있으며, 앞으로 일본의 사과와 재발 방지 약속이 있을 때까지 미주 전역의 한인ㆍ타민족들과 함께 뛰고 싶다"는 포부를 밝혔다.

일전퇴모 측은 최근 뉴욕 현대미술관(MoMA)에서 욱일승천기 이미지가 삽입된 미술 작품 전시회가 열리는 등 아직도 전 세계에 일본 군국주의의 잔재가 끊이지 않고 있다며 한인사회의 관심과 동참을 호소했다.

2013/02/06

慰安婦通り、5月にもニューヨークに登場か

左から二人目がNY韓人会会長ハン・チャンヨン 
その右がピーター・クー

「人権・女性の権利の伸長など多様な意味を有している」「次世代に立派な歴史的教訓を教える機会になる」・・・こういう綺麗ごとを言えるか言えないかが、説得力の違いを生んでいるのだろう。

かたや「慰安婦は単なる売女」、かたや「女性の人権と歴史の教訓」。人気商売の政治家なら、後者に協力するのは当然だろう。なお、韓国系の議員中にも(ピーター・クーは中国系)、こういった動きに反対している人がいることも覚えておきたい。

「156番街&ルーズベルトに慰安婦追慕通り」

ピーター・クー、早ければ5月命名

フラッシングに推進中の日本軍慰安婦追慕通りの指定が遅くとも今年9月には実現すると期待されている。

ピーター・クー(民主・20選挙区)ニューヨーク市議員は4日ニューヨーク韓国人会会長団との会合で「追慕通りの指定は早ければ5月、遅くとも9月にはなされる」とし「位置は156番街でルーズベルトアベニューに入る間の道になるだろう」と明かした。

クー議員はまた「その場所に慰安婦記念碑が一緒に建設されれば最も理想的な組合になるだろう」と付け加えた。

ニューヨーク韓国人会ハン・チャンヨン会長とイ・ジフン対内副会長、ジェフ・李(?)対外副会長はこの日クー議員を訪問して、慰安婦記念碑建設および追慕通り造成の進行状況を確認し迅速な進行を要請した。
ハン会長はこの席で「ニューヨーク市の慰安婦キリムビ建設と追慕道造成計画に対して国際社会の世論ニューヨーク市民の関心が大きく膨らんでいる」として「この懸案は人権・女性の権利の伸長など多様な意味を有しているので次世代に立派な歴史的教訓を教える機会になるだろう」と話した。

一方ニューヨーク韓国人会は現(?)32代任期中にこの事業と関連したすべての日程と推進内容を確認し、次期執行部でも持続的な業務協力が可能にして、進行状況を旧議員室と共有しながら韓人会レベルで支援と協力を強化していく計画だ。


朝鮮日報日本語版の記事も追加。第三の碑についても触れている。

慰安婦:米国に初の「追悼の道」誕生へ

ニューヨーク156番街に米国国内で3番目の追悼碑設置も

米国ニューヨークに、旧日本軍により強制動員された韓国人慰安婦を追悼する「慰安婦追悼の道」ができ、米国国内で3番目の追悼碑が設置されることになった。

ニューヨーク在住の韓国系の集まり「ニューヨーク韓人会」は4日、中国系のピーター・クー同市議会議員に会って慰安婦追悼の道、追悼碑設置に関する推進状況を確認、今後の日程について話し合った。双方は昨年6月から同市クイーンズ区の韓国系密集エリア、フラッシング地区一帯に追悼の道と追悼碑を作ることを話し合ってきた。

この日の話し合いでクー議員は「追悼の道の名前は早ければ5月中にも韓国系密集エリアの中心部、156番街に付けられるだろう。追悼碑もその道の北にある参戦勇士碑の隣に建てる方向で進めている」と述べた。

現在、米国にはニュージャージー州の韓国系密集エリアのパリセイズ・パーク図書館前(2011年10月設置)とニューヨーク州ウェストベリーのナッソー郡墓地(2012年6月設置)の2カ所に慰安婦追悼碑がある。ニューヨーク韓人会側は新たに推進される追悼碑について「人口密集地域である上、ニューヨーク市内にあるという点でアクセスに優れている」と説明した。

同会のハン・チャンヨン会長は「今回の追悼の道、追悼碑設置はニューヨーク市としても、国際社会問題に対し積極的な意志を表明する重要な機会になるだけでなく、次の世代に歴史的教訓を伝えるチャンスになるだろう」と話している。



※1

"156스트릿&루스벨트에 위안부 추모길"

피터 구, 이르면 5월 명명

플러싱에 추진 중인 일본군 위안부 추모길 지정이 늦어도 올 9월에는 성사될 것으로 기대된다.

피터 구(민주ㆍ20선거구) 뉴욕시의원은 4일 뉴욕한인회 회장단과의 회동에서 "추모길 지정은 이르면 5월, 늦어도 9월에는 이뤄질 것"이라며 "위치는 156스트릿에서 루스벨트애브뉴로 들어가는 사잇길이 될 것"이라고 밝혔다.

구 의원은 또 "해당 위치에 위안부 기림비가 함께 건립되면 가장 이상적인 조합이 될 것"이라고 덧붙였다.

뉴욕한인회 한창연 회장과 이지훈 대내부회장, 제프 이 대외부회장은 이날 구 의원을 방문해 위안부 기림비 건립 및 추모길 조성의 진행 상황을 확인하고 빠른 추진을 당부했다.

한 회장은 이 자리에서 "뉴욕시의 위안부 기림비 건립과 추모길 조성 계획에 대해 국제사회의 여론과 뉴욕시민들의 관심이 크게 늘고 있다"며 "이 사안은 인권ㆍ여성권익신장 등 다양한 의미를 가지고 있기 때문에 다음 세대들에게 훌륭한 역사적 교훈을 가르치는 기회가 될 것"이라고 말했다.

한편 뉴욕한인회는 현 32대 임기 안에 이 사업과 관련된 모든 일정과 추진 내용을 확인해 차기 집행부에서도 지속적인 업무협조가 가능하도록 하며, 진행 상황을 구 의원실과 공유하면서 한인회 차원에서 지원과 협조를 강화해 나갈 계획이다.

2013/02/05

慰安婦団体メンバーの朝鮮学校支援に韓国領事館が警告


挺対協は韓国政府内に深く食い込んでおり、政府も彼女らの意向を無視出来ないが、北と繋がりのある彼女らに対し、韓国の公安当局は警戒もしている

駐大阪韓国領事館が気にしているユン・ミヒャン挺対協代表による朝鮮学校訪問とは、この時のこと。ユンはキム・ボクトン(元慰安婦)を伴い、子供たちにお金や文房具を配らせている。この動きに警告を与えたのは、「極右志向」の日本政府ではなく、韓国政府であったという話。

方清子(写真)は、日本の授業料無償化以前に、朝鮮総連が韓国内でも自由に学校教育が出来るよう働きかけるべきだったかもしれない。

朝鮮学校の無償化を巡っては、北朝鮮側も不穏な動きを見せている。

「朝鮮学校助けるな」駐大阪領事脅迫

「慰安婦」運動と「朝鮮学校支援運動」からめ活動制約

駐大阪総領事館所属の領事が、在日同胞を相手に「朝鮮学校支援運動をするな」と脅迫したことが明らかになった。

日本、大阪に居住している方清子(パン・チョンジャ)「日本軍『慰安婦』問題解決関西ネットワーク」共同代表は駐大阪総領事館所属のパク・某領事が「在日朝鮮学校支援活動に乗り出すな」と話したと<統一ニュース>に伝えた。

さらに「朝鮮学校を支援するのは総連組織を支援すること」「国家保安法違反とか韓国行けば調査される可能性がある」と脅迫を受けた。

方清子氏によれば、先月23日パク・某領事から総領事館に出頭せよとの連絡を受け、会った席上でこのような話を聞かされたとのこと。 当時パン氏は与党問題で会おうという事で分かったという。
この席で、パク領事はパン氏に朝鮮学校支援活動について言及し、「最近、総連と親しくして、朝鮮学校問題の運動をしている。調査したい」として「総連と関係がないといっても、朝鮮学校を支援するのは総連組織を支援するようなものだ」と話した。

そして「朝鮮学校は総連組織の下だ。 朝鮮学校を通じて総連を組織すること」とし「国家保安法違反であるから、今後韓国に行けば調査を受ける可能性がある」と恐れ反駁した。

だが、方清子氏は「日本軍『慰安婦』問題解決関西ネットワーク」共同代表であり、日本軍「慰安婦」問題解決のための日本国内活動に専念している。 ただし、パン氏は朝鮮学校支援と関連して集会参加と募金活動に市民の資格で参加している
パン氏は「集会があれば集会に参加し、募金活動あれば募金してそのように支援するだけ。 運動に主導的に参加する余力がない」とし「日本には日本政府の朝鮮学校無償化撤回に腹を立てる人々が多い。 一般市民も含め多くの人々が教育権、人権レベルで支援する。 私もそれに沿っているだけ」と話した。

そして「日本軍『慰安婦』問題解決関西ネットワーク」という団体レベルで朝鮮学校支援活動に参加しており、方清子氏個人でなく団体の活動の一環だという説明だ。

これに対しパク領事は「貴女の名前のあれば、他の人に良くない影響がある。 そのような運動に貴女の名が出ないように気を付けなさい」と話したという。

一方、該当内容確認のためにパク領事と通話を試みたが、「改めて連絡する」という返事だけで連絡がつかない。

「朝鮮学校支援運動口実で日本軍『慰安婦』運動妨害?」

今回のパク領事の脅迫の中には日本軍「慰安婦」問題と朝鮮学校支援問題をからめて問題視化しようとする大きな課題があり、論議がおきるものと見られる。

パク領事は方清子氏の昨年韓国訪問目的を置いて"藤永教授と朝鮮学校問題のために活動しに行くことではないのか」と追及した。

だが、方清子氏は昨年5月「戦争と女性の人権博物館」開館式、12月日本軍「慰安婦」ハルモニ追慕祭および第1053次定期水曜デモに参加のために韓国を訪問しただけだ。 しかし藤永壮大阪産業大教授は朝鮮学校支援活動車入国したので、パン氏と藤永教授の訪問目的が同一でなかった。

これに対してもパク領事は「違う」と決めつけ、ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会常任代表の日本訪問も朝鮮学校支援問題と結びつけた。

ユン・ミヒャン挺身隊対策協常任代表は「戦争と女性の人権博物館」の開館報告のために昨年6月大阪を訪問した。 そして「大阪朝鮮学園支援府民基金」(別称ホン・ギルドン基金)の発足式に出席、寄付金を出した。 だが、朝鮮学校支援問題は過去の歴史関連市民団体の自然な行動であるだけ、ユン・ミヒャン常任代表の訪日目的が朝鮮学校支援に限定されたのではなかった。

だが、パク領事は繰り返し「朝鮮学校問題のためにユン・ミヒャン氏を招請することではないのか」とおびやかしてパン氏が「事実でない」としても彼は「ユン・ミヒャン氏が要請してその場を準備したのだ。 嘘もすることができる。 証拠がなければ嘘だ」と追い詰めた。

これに照らして、政府をはじめとする公安当局が日本軍「慰安婦」問題を朝鮮学校と結びつけて問題視しようとすると見られる。

実際、ソウル地方警察庁セキュリティーとは去る2011年押収捜索令状を発行されて、2007年以後のユン・ミヒャン挺身隊対策協常任代表とヤン・ノジャ(梁路子)幹事のEメールを押収捜索し、ユン代表は「露骨に在日朝鮮学校助け合い活動を問題視することもした」と明らかにした。

すなわち、日本軍「慰安婦」と朝鮮学校は過去の問題で市民団体は過去の歴史清算運動の一環で活動するが、公安当局はこの二つの問題をからめて公安問題化して活動を制約しようとすると解釈される。

一連の事案に対して方清子氏は「朝鮮学校と関係なく運動していた市民団体も日本政府の無償化排除がひどいと考えて支援している」として「だがそれに対して韓国政府はちょっと良くないという気持ちがあるようだ。 朝鮮学校支援を北朝鮮支援で見るようだ」と話した。

一方、在日朝鮮学校支援会である「短い鉛筆」のクォン·ヘヒョ共同代表は、<統一ニュース>との電話で「まだ公安当局の内偵があるかは分からない」とし「現状を把握してみなければならない」と話した。


追記: この話には続きがあって・・・(シリカ太郎さんに教えて頂いた)。

在日同胞 パン・チョンジャ氏 旅券発給 拒否
朝鮮学校支援活動を問題にし
挺対協 "恥ずべきこと" 外交部に抗議

韓国政府が日本軍慰安婦問題解決のために活動している在日同胞に旅券を再発行せず反発を買っている。

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は31日「日本、大阪の韓国総領事館が‘日本軍慰安婦問題解決関西ネットワーク’の共同代表であるパン・チョンジャ(59)氏の旅券再発行を拒否しているため外交通商部長官などに(早急な発行を促す)公開要請書を送った」と明らかにした。

パン代表は韓国国籍の在日同胞で、最近有効期間が満了した旅券の再発行を大阪総領事館に申請したが許可がおりていない。 パン代表が在日朝鮮学校に対する支援活動を行ったことが不許可の理由と知らされた。 在日同胞に韓国語と韓国史を教えてきた朝鮮学校は、北韓政府から財政的支援を受けてきたが、北韓の経済難以後は支援がほとんど途切れた状態であり、生徒の半分ほどは韓国国籍を持っている。

ユン・ミヒャン挺対協代表は 「パン代表の国籍は韓国なので特別な理由がない限り旅券再発給を受けられない理由がない。 パン代表が教育権で差別を受けている在日朝鮮学校を支援しているという理由で韓国政府が旅券再発行を先送りしているのは恥ずべきこと」と主張した。

外交部などに送った公開要請書には、日本の政治家と教授、市民団体活動家も名前を上げた。服部良一 前衆議院議員は公開要請書に「日本の大阪で慰安婦問題解決のために献身し奮闘して、日本の多くの女性・市民団体から尊敬を受けているパン代表に韓国政府が旅券を発給しないことに深い憂慮を表わす」と明らかにした。 服部 前議員はまた「日本は高等学校授業料無償化政策から在日朝鮮高等学校だけを除外している。 高校授業料の無償化はすべての生徒に差別なく教育権を保障するためのものであるので政治的影響を受けてはならない」と付け加えた。 藤目ゆき 大阪大教授、藤永 壯(ふじながたけし)大阪産業大教授らもこの要請書に意を共にした。

これに対して外交部は「身元照会などに問題があれば関係機関の判断により旅券再発行がされないこともある。 具体的な内容は大阪総領事館に確認中だ」と説明した。



"조선학교 돕지마" 주오사카 영사 협박

'위안부' 운동과 '조선학교 지원 운동' 얽어 활동 제약

주 오사카 총영사관 소속 영사가 재일동포를 상대로 "조선학교 지원 운동을 하지 말라"고 협박한 것으로 드러났다.

일본 오사카에 거주하고 있는 방청자 '일본군'위안부'문제 해결 관서네트워크' 공동대표는 주 오사카 총영사관 소속 박 모 영사가 "재일 조선학교 지원 활동에 나서지 말라"고 말했다고 <통일뉴스>에 전했다.

심지어 "조선학교를 지원하는 것은 총련 조직을 지원하는 것이다", "국가보안법 위반이니 한국 가면 조사받을 가능성이 있다"고 협박을 받았다.

방청자 씨에 따르면, 지난달 23일 박 모 영사로부터 총영사관으로 나오라는 연락을 받고, 만난 자리에서 이 같은 말을 들었다는 것. 당시 방 씨는 여권문제로 만나자는 것으로 알았다고 한다.

이 자리에서 박 영사는 방 씨에게 조선학교 지원 활동을 언급하며 "요즘 총련과 친하게 지내고 조선학교 문제에 대해 운동하고 있어 조사하고 싶다"며 "총련과 관계가 없다고 해도 조선학교를 지원하는 것은 바로 총련 조직을 지원하는 것과 같다"고 말했다.

그리고 "조선학교는 총련 조직 밑이다. 조선학교를 통해 총련을 조직하는 것"이라며 "국가보안법 위반이니까 앞으로 한국에 가면 조사를 받을 가능성이 있다"고 겁박했다.

하지만 방청자 씨는 '일본군 '위안부' 문제 해결 관서네트워크' 공동대표로 일본군'위안부' 문제 해결을 위한 일본 내 활동에 전념하고 있다. 다만, 방 씨는 조선학교 지원과 관련해 집회 참가와 모금활동에 시민자격으로 참여하고 있다.

방 씨는 "집회가 있으면 집회에 참가하고 모금활동 있으면 모금하고 그렇게 지원할 뿐이다. 운동에 주도적으로 참여할 여력이 없다"며 "일본에는 일본정부의 조선학교 무상화 철회에 화가 난 사람들이 많다. 보통시민들도 포함해 많은 사람들이 교육권, 인권 차원에서 지원한다. 나도 그에 따라 하고 있는 것뿐"이라고 말했다.

그리고 '일본군 '위안부' 문제 해결 관서 네트워크' 단체차원에서 조선학교 지원활동에 참여해 방청자 씨 개인이 아닌 단체의 활동 중 한 부분이라는 설명이다.

이에 박 영사는 "당신 이름이 있으면 다른 사람에게 안 좋은 영향이 있다. 그런 운동에 당신 이름이 나오지 않도록 조심하라"고 말했다고 한다.

한편, 해당 내용 확인을 위해 박 영사와 통화를 시도했으나 "다시 연락을 주겠다"는 답변 외 연락이 닿지 않고 있다.

'조선학교 지원 운동 빌미로 일본군 '위안부' 운동 훼방(?)'

이번 박 영사의 협박 중에는 일본군'위안부' 문제와 조선학교 지원 문제를 얽어 문제시화 하려는 대목이 있어 논란이 일 것으로 보인다.

박 영사는 방청자 씨의 지난해 한국 방문목적을 두고 "후지나가 교수와 조선학교 문제 때문에 활동하러 간 것 아니냐"고 추궁했다.

하지만 방청자 씨는 지난해 5월 '전쟁과여성인권박물관' 개관식, 12월 일본군'위안부' 할머니 추모제 및 제1053차 정기수요시위에 참석차 한국을 방문했을 뿐이다. 그러나 후지나가 다케시 일본 오사카산업대 교수는 조선학교 지원활동 차 입국했기에, 방 씨와 후지나가 교수의 방문 목적이 동일하지 않았다.

이에 대해서도 박 영사는 "아니다"라고 단정지으며 윤미향 한국정신대문제대책협의회(정대협) 상임대표의 일본방문도 조선학교 지원 문제와 결부시켰다.

윤미향 정대협 상임대표는 '전쟁과여성인권박물관' 개관 보고를 위해 지난해 6월 오사카를 방문했다. 그리고 '오사카 조선학원을 지원하는 오사카 부민기금'(별칭 홍길동 기금) 발족식에 참석, 기부금을 냈다. 하지만 조선학교 지원 문제는 과거사 관련 시민단체의 자연스런 행동일 뿐, 윤미향 상임대표의 방일목적이 조선학교 지원에 국한된 것이 아니었다.

하지만 박 영사는 거듭 "조선학교 문제 때문에 윤미향 씨를 초청한 것 아니냐"고 윽박지르고 방 씨가 "사실이 아니다"라고 해도 그는 "윤미향 씨가 요청해서 그 자리를 준비한 것이다. 거짓말도 할 수 있다. 증거가 없으면 거짓말"이라고 몰아부쳤다.

이에 비춰, 정부를 비롯한 공안당국이 일본군'위안부' 문제를 조선학교와 결부시켜 문제시하려는 것으로 보인다.

실제, 서울지방경찰청 보안과는 지난 2011년 압수수색 영장을 발부받아, 2007년 이후의 윤미향 정대협 상임대표와 양노자 간사의 이메일을 압수수색했으며, 윤 대표는 "노골적으로 재일 조선학교 돕기 활동을 문제시 하기도 했다"고 밝혔다.

즉, 일본군'위안부'와 조선학교는 과거사 문제들로 시민단체들은 과거사 청산 운동의 일환으로 활동하지만, 공안당국은 이 두 문제를 얽어 공안문제화 해 활동을 제약하려는 것으로 해석된다.

일련의 사안에 대해 방청자 씨는 "조선학교와 관계없이 운동하고 있던 시민단체들도 일본정부의 무상화 배제가 너무하다고 생각해 지원하고 있다"며 "하지만 그에 대해서 한국정부는 좀 좋지 않다는 기분이 있는 것 같다. 조선학교 지원을 북한 지원으로 보는 것 같다"고 말했다.

한편, 재일 조선학교 지원모임인 '몽당연필' 권해효 공동대표는 <통일뉴스>와 통화에서 "아직 공안당국의 내사가 이뤄지는 지는 모른다"며 "현 상황을 파악해 봐야겠다"고 말했다.

河野洋平訪韓、新大統領と会談へ



これまでにもマクドゥーガル報告書で有名なゲイ・マクドゥーガルと韓国の外相が会談したり(この時、彼女は記者団に、日本政府は日韓基本条約に頼って慰安婦問題の法的責任を免れようとしてはならないと述べたとされる)、マイク・ホンダがやはり韓国の外相と会談している。慰安婦問題で韓国側に便宜を図ってくれそうな外国の要人には、韓国政府自らがアプローチしているという印象。

ただ、イ・ミョンバクも政権末期まで慰安婦問題で日本政府との関係を荒立てる事は避けた。パク・クネはどうか?

 【ソウル=黒田勝弘】慰安婦問題で過去の「官房長官談話」が問題になっている河野洋平元衆院議長が14日、ソウルで開催される国際フォーラムに出席し特別講演をする。朴(パク)槿恵(クネ)次期大統領とも会う予定だ。慰安婦問題で日本による強制性を認めた「河野談話」は、韓国をはじめ国際的に日本非難の最大根拠になってきた。韓国での発言に関心が集まっている。

この国際フォーラムは「韓日未来の道を問う」と題し韓国のソウル新聞と日本の東京新聞・中日新聞が共催する。日本側からは寺島実郎・日本総合研究所理事長や渡辺博史・国際協力銀行副総裁らが、韓国側からは柳(ユ)明桓(ミョンファン)元外相、朴(パク)●煕(チョルヒ)ソウル大日本研究所長らが出席し公開で行われる。

中国との間では先ごろ鳩山由紀夫元首相が訪中した際、尖閣諸島を「係争地」と発言し問題になっている。安倍首相はかねてから「河野談話」に疑問を表明し、これが韓国では官民挙げて非難の対象になっている。韓国世論は河野氏に安倍氏批判を期待している。

平成5年の「河野談話」は戦時中の日本軍関連の慰安婦について「強制的な状況下」で「総じて本人たちの意思に反して行われた」とし「おわびと反省」を表明したものだ。

日本政府はその後、官民共同で「アジア女性基金」を設置し一部の韓国人当事者(61人)には“償い金”を支給し、改めて「謝罪と反省」の首相書簡を伝達したが、韓国側は納得せず現在に至っている。

●=吉を2つヨコに並べる

産経 2013.2.4

追記: 河野は談話について言及しなかった。パク大統領の方としても、避けて欲しい話題だったかもしれない。このニュースを報じた聨合ニュースの写真には、「日本軍慰安婦強制動員を認めた『河野談話』を発表した河野洋平前日本国官房長官と会見の場で握手」と書かれている。結局「強制性は否定できない」などと言っても、相手にはそうはとられていない。それが問題なのだろう。

聨合ニュースのキャプションでは「強制動員を認めた」と・・・

「歴史を直視」で一致 河野元衆院議長訪韓、慰安婦は触れず

【ソウル=黒田勝弘】日韓問題セミナー出席のため14日、韓国を訪れた河野洋平元衆院議長は朴槿恵(パク・クネ)次期大統領と会談した。河野氏によると、席上朴次期大統領は日韓関係について「お互いの信頼を基盤に各分野の交流を進め成熟した同伴者関係を築きたい」と述べ、「外交における信頼」を強調。「歴史を直視し歴史に学ぶ姿勢が必要ということでお互い一致した」という。慰安婦問題など具体的な外交問題の話は出なかった。

河野氏は日韓双方の知識人らによるセミナー「日韓未来への道を問う」では特別講演を行い「両国関係は安保、経済の利害に加え仁義を考えなければならない」と述べ、「靖国神社代替施設建設」の必要性を指摘した。官房長官時代の「河野談話」の当事者ということで韓国側の関心が強かった慰安婦問題には一切、言及しなかった

産経 2013.2.15

朴次期大統領、河野前日本官房長官面会(ソウル業務引継ぎ委員会カメラマン団=聯合ニュース)パク・クネ大統領当選者が14日午後ソウル、鍾路区、通義洞(トンウィドン)金融監督院研修院内執務室で日本軍慰安婦強制動員を認めた「河野談話」を発表した河野洋平前日本官房長官と面会の席で握手している。

朴당선인, 고노 前 일본 관방장관 접견
(서울 인수위사진기자단=연합뉴스) 박근혜 대통령 당선인이 14일 오후 서울 종로구 통의동 금융감독원 연수원 내 집무실에서 일본군 위안부 강제동원을 인정한 `고노(河野) 담화'를 발표했던 고노 요헤이 전 일본 관방장관을 접견한 자리에서 악수하고 있다.

聨合ニュース 2013.2.14 (写真)

2013/02/02

韓国系米国人は慰安婦問題で団結せよ (コリアン・ラジオ放送)


5周年記念行事。主催者はM.ホンダだったとか

慰安婦問題はエスニック・アイデンティティーの確立の為に利用されている(このニュース自体は、慰安婦像建立運動の為には統一行動が必要だという話で、ちょっと違うのであるが)。しかし、外部にそれが知られるのは賢明でない。市民参与センター(旧KAVC)のキム・ドンソクなどは流石で、こういったモニュメントが実はコリアン・アイデンティティーの確立や政治力の結集の為(その為のジャパン・バッシング)であっても、メッセージ(碑文)は客観的でないといけないと釘を刺している(パリセイズパーク市の記念碑のどこが客観的かという突っ込みは置くとして)。

パリセイズパーク市にある慰安婦の碑

以前から彼は慰安婦問題を日韓のイザコザだと一般のアメリカ人に見られてはいけない、あくまで女性の人権の問題という事にしておかねばならないと警告してきた。しかし、彼の本音は正反対。そのくせ、日本側がこの問題を「韓日間の葛藤に縮小」しようとしていると言うから、なかなかの面の皮である。

日本人も、彼らのこういうしたたかさを学んではどうか?

写真は下院慰安婦決議採択5周年記念行事(2012.7)の時のもの。右から二人目が市民参与センターのキム・ドンソク。

「慰安婦問題、統一されるように進めよう」

ニューヨークタイムズにのせられたニュージャージー州パリセイズパーク「日本軍強制従軍慰安婦」記念碑写真

(アンカー)ニューヨーク州議会が慰安婦決議案を推進する中で日本側の組織的妨害、歪曲行為があらわれ、今後これに対する韓国人の統一された対応と推進の必要であることを示しています。 こうした中ニュージャージー州パリセイズパーク記念碑以降各地で推進されている(引用者:慰安婦の碑)建設運動と東海表記運動などがより統一された基準と方法で持って既存推進団体のリーダーシップの下で進行されなければならないという指摘です。 ソン・ユジン記者です。

ニューヨークとニュージャージーの韓国人社会が推進している慰安婦記念碑および少女像建設問題がややもすると私たちの内部の統一された原則なしでめちゃくちゃに流れる可能性があるという憂慮の声に耳を傾ける時がきました。

日本が、米国内初めての慰安婦記念碑パリセイズパーク慰安婦記念碑に対し、5月からすでに公かつ執拗に韓国人社会のそそのかすということによる誤った行政判断というイシュー作りに組織的に乗り出しているところに、ニューヨーク州慰安婦決議案に対して、議員ロビーとともに露骨な妨害工作を広げている時局であるからです。

最近、慰安婦記念物建設には統一された原則と推進勢力の一元化が必要だという情況証拠がとても多いのです。

先に2010年パリセイズパーク記念碑に続き、昨年ニュージャージー州のバーゲン郡韓国人会のキム・ジンスク会長とハン・チャンヨン・ニューヨーク韓国人会長、イ・ジュノ前ニュージャージー韓国人副会長などはフォートリー朝鮮戦争記念碑のそばに記念碑をたてることにしてマーク・ソウコウリッチ市長の許可を得たとして碑石まで準備しました。

しかしフォートリー韓国人の反対と「荷物バイ上がって(?)」在郷軍人会長の記念碑でなく少女像建立の主張にぶつかってブレーキがかかっている状態です。 このような状況でパリセイズパークの記念碑建設を推進した市民参加センターのキム・ドンソク常任理事は、先週記者会見を自ら要望して韓国人社会の競争的な記念碑建設議論はややもすると「慰安婦」という歴史的な女性人権蹂躪の被害事例韓日間の葛藤と見られることができるとし憂慮の声を出しました。 記念物に入る文面と形態なども冷静で客観的でなければならないと指摘もしました。

予想されたように、慰安婦問題に対する日本側の攻撃が今年に入って初めて先週に始まりました。

去る18日「日経映像」という日本のメディアがパリセイズパーク・ポロ(?)を訪ね、ロタンド市長をインタビューし、パリセイズパークの記念碑が韓国人コミュニティ顔色をうかがう為ではないかという内容の質問をするなどして慰安婦問題を韓日間の葛藤に縮小しようとする日本側の多角的な動きが始まったことを感じさせました。

第二に、慰安婦問題や独島(引:竹島)および東海(引:日本海)のような領土問題に個人および団体が突発的に乱立する傾向に対して私たち自ら反省しなければなりません。

バージニア韓人会が主軸になり、すでにかなり以前からホワイトハウス請願などを進めて米国教科書内東海表記運動を行っているなかで、前韓国人会役員が「VOKA」という団体を作って、同じ仕事をすると出たのです。

バージニア韓人会に力を与えても不十分なところに、声がまた一つ増えたので、このニュースに接した韓国人は混乱するばかりです。 いったい誰が、どの団体が推進勢力かという点が混同らしいという話です。

極右政府が発足した日本はすでにこれと関連してあるワシントン・ロビー活動を強化しニューヨーク州議員に慰安婦歴史を歪曲したeメールを大量発送しながら積極的な横暴を働かせています。 こうした中、韓国人社会は記念碑建設競争と関連団体発足に偏った姿を見せるようで残念なだけです。

米国人としてパリセイズパーク記念碑建設に非常に大きい役割を担当した画家でありキュレーター・スティーブ・カバルロの立場を聞いてみるのはこの時点で示唆するところが大きいです。

彼は慰安婦記念碑は慰安婦ハルモニの無念を世界に知らせて同じ歴史の再発を防止するためのものであるからその誰の名前も記念碑に彫られてはいけないと話しています。

バラバラに乱立するのでなく、正確で冷静な議論と統一された推進方針により、歴史の教訓である女性人権最悪の蹂躪事態が後世に伝えられるようにすることが慰安婦記念碑建設に対する私たちの姿勢ではないでしょうか?

歴史正しく立て直すのが自身から正しく立て直さなかった一部韓国人によって、ややもすると内輪モメに足をとられることはないだろうか憂慮されるこの頃です。



"위안부 문제, 통일되게 진행합시다"

뉴욕 타임즈에 실린 뉴저지 팰리세이즈 팍 '일본군 강제 종군위안부' 기림비 사진

(앵커)뉴욕 주 의회가 위안부 결의안을 추진 중인 가운데 일본 측의 조직적 방해, 왜곡 행위가 드러나 향후 이에 대한 한인들의 통일된 대응과 추진이 필요함을 보여주고 있습니다. 이런 가운데 뉴저지 팰리세이즈 팍 기림비 이후 각지에서 추진되고 있는 건립 운동과 동해표기 운동 등이 보다 통일된 기준과 방법을 갖고 기존 추진 단체의 리더십 아래 진행돼야 한다는 지적입니다. 성유진 기잡니다.

뉴욕과 뉴저지의 한인사회가 추진하고 있는 위안부 기림비 및 소녀상 건립 문제가 자칫 우리 내부의 통일된 원칙 없이 중구난방으로 흐를 가능성이 있다는 우려의 목소리에 귀 기울일 때가 왔습니다.

일본이, 미국 내 첫 위안부 기림비인 팰리세이즈팍 위안부 기림비에 대해, 이미 지난 5월부터 공개적이고 집요하게, 한인사회의 꼬드김에 의한 잘못된 행정 판단이라는 이슈 만들기에 조직적으로 나서고 있는데다, 뉴욕주 위안부 결의안에 대해, 의원 로비와 함께 노골적인 방해공작을 펼치고 있는 시국이기 때문입니다.

요즘, 위안부 기념물 건립에는 통일된 원칙과 추진 세력의 일원화가 필요하다는 정황 증거가 너무 많습니다.

먼저 지난 2010년 팰팍 기림비에 이어, 지난 해 뉴저지의 버겐한인회 김진숙 회장과 한창연 뉴욕한인회장, 이준호 전 뉴저지 한인회 수석부회장 등은 포트리 한국전쟁 기념비 옆에 기림비를 세우기로 하고 마크 소코리치 시장의 허가를 받았다며 비석까지 준비했습니다.

그러나 포트리 한인들의 반대와 ‘짐 바이올라’ 재향군인회장의, 기림비가 아닌 소녀상 건립 주장에 부딪쳐 제동이 걸린 상탭니다. 이 같은 상황에서 팰팍 기림비 건립을 추진했던 시민참여센터의 김동석 상임이사는, 지난 주 기자회견을 자청해 한인사회의 경쟁적인 기림비 건립 논의는 자칫 '위안부'라는 역사적인 여성 인권유린의 피해 사례가 한-일 간 갈등으로 비쳐질 수 있다며 우려의 목소리를 냈습니다. 기념물에 들어가는 문구와 형태 등도 냉정하고 객관적이어야 한다는 지적도 했습니다.

예상했던 대로, 위안부 문제에 대한 일본측의 공격이 올 들어 처음 지난 주에 시작됐습니다.

지난 18일 ‘일경영상’ 이라는 일본 미디어가 팰팍 보로를 찾아 로툰도 시장을 인터뷰하며 팰팍 기림비가 한인 커뮤니티 눈치 보기 용 아니냐는 내용의 질문을 하기도 해 위안부 문제를 한일 간 갈등으로 축소하려는 일본 측의 다각적인 노력이 시작됐음을 느끼게 한 것입니다.

두 번째, 위안부 문제나 독도 및 동해와 같은 영토 문제에 개인 및 단체가 돌발적으로 난립하는 경향에 대해 우리 스스로 반성 해야 합니다.

버지니아 한인회가 주축이 되어 이미 오래 전부터 백악관 청원 등을 진행하며 미국 교과서 내 동해표기 운동을 벌이고 있는 가운데, 전 한인회 임원이, ‘VOKA’라는 단체를 만들어, 같은 일을 하겠다고 나선 것입니다.

버지니아 한인회에 힘을 실어줘도 시원찮은 마당에, 목소리가 또 하나 늘었으니, 이 소식을 접한 한인들은 헷갈리기만 합니다. 도대체 누가, 어느 단체가 추진세력인가 하는 점이 혼동스럽다는 얘깁니다.

극우 정부가 들어선 일본은 이미 이와 관련한 워싱턴 로비 활동을 강화하고 뉴욕주 의원들에게 위안부 역사를 왜곡한 이 메일을 대량 발송하면서 적극적인 횡포를 부리고 있습니다. 이런 가운데 한인 사회는 기림비 건립 경쟁과 관련 단체 발족에 치우친 모습을 보이는 듯해 안타깝기만 합니다.

미국인으로서 팰팍 기림비 건립에 매우 큰 역할을 담당한 화가이자 큐레이터 스티브 카발로의 입장을 들어보는 것은 이 시점에서 시사하는 바가 큽니다.

그는 위안부 기림비는 위안부 할머니들의 억울함을 세계에 알리고 동일한 역사의 재발을 방지하기 위한 것이므로 그 누구의 이름도 기림비에 새겨져서는 안 된다고 말하고 있습니다.

중구난방과 난립이 아니라, 정확하고 냉정한 논의와 통일된 추진 방침에 따라, 역사의 교훈인 여성인권 최악의 유린 사태가 후세에 전해지도록 하는 것이 위안부 기림비 건립에 대한 우리의 자세가 아닐까요?

역사 바로 세우기가 자신부터 바로 세우지 않은 일부 한인들로 인해, 자칫 자중지란으로 발목을 잡히지나 않을까 우려되는 요즘입니다.


KRB뉴스 성유진입니다.

共産党が留める慰安婦騒動の原型


ある意味、共産党は慰安婦騒動の初期の形をよく留めてくれている。

「強制連行(徴用)/行政機関による強制」の有無を「強制性」という言葉にすり替え、否定出来ない、事実だと言い募る。そして、日本の左翼がマッチポンプ役を果たし、外圧を作り出す。朝日新聞がヘタレる中、赤旗は生きた化石として貴重な見本となっている。


志位委員長代表質問

日本軍「慰安婦」問題  “文書がないから強制ない” 成り立たない議論

首相否定できず

志位委員長は31日の代表質問で、日本軍「慰安婦」問題で、軍の関与と強制性を認めた「河野談話」の見直しを安倍首相が主張していることについて、「『河野談話』は強制性を立証する文書を見つけることはできなかったことを前提に、『慰安婦』とされた人たちの証言の真実性にもとづいて、政府として強制性を認めたものです」と指摘し、政府が「談話」を継承する限り、“文書がないことをもって事実がなかった”という議論を「肯定する余地はまったくない」と主張しました。

このなかで志位氏は、「談話」作成に直接かかわった石原信雄元官房副長官が強制性を立証できる物的証拠はみつけられなかったとしつつも、聞き取り調査を踏まえ「意に反して『慰安婦』とされたことは間違いない」と証言している事実を示しました。

安倍首相は志位氏の指摘を否定できず、「この問題を政治問題、外交問題化させるべきではない」と述べたものの、「官房長官による対応が適当だ」としました。

志位氏は「談話」の見直しは、日本の戦争が「不正・不義の侵略戦争だった」という戦後世界秩序の土台を覆し、「日本が世界とアジアで生きていく立場を失うことになる」と厳しく警告しました。

(中略)

韓国紙、ロイターが報道

日本共産党の志位和夫委員長が31日に行った旧日本軍「慰安婦」問題での国会質問が、国際的な反響をよびつつあります

韓国の主要紙東亜日報と朝鮮日報(共に電子版)は、日本の全国紙を引用する形で、「慰安婦」となった人々への思いは「歴代の総理大臣と変わらない」「(「慰安婦」問題を)政治問題や外交問題にするべきではない」などの安倍晋三首相の答弁を掲載しました。

ロイター通信は、共産党の志位委員長の質問としたうえで、安倍首相が「筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」と答え、「首相である私がこれ以上申し上げることは差し控えるのが適当」との考えを示したと報じました。

「慰安婦」をめぐっては、安倍首相自身が「産経」インタビュー(昨年12月31日付)で、「河野談話」の見直しを表明したことから国際問題となっていました。志位氏から、“文書がないから強制の事実はない”との議論が成り立たないとの追及を受け、自らの発言を封印する形となりました。

赤旗 2013.2.1

日本共産党は、2013年現在、慰安婦問題をこのように定義している。

 日本軍「慰安婦」問題 アジア・太平洋戦争中に、日本軍が組織的に、各地の女性を「慰安所」に閉じ込め、レイプを繰り返した問題。1991年に元「慰安婦」の韓国人女性が謝罪と賠償を求める訴えを起こしたことをきっかけに日本政府は全面的な調査を行い、93年には河野洋平官房長官(当時)が「おわびと反省」の談話を発表しました。安倍晋三氏ら日本の侵略戦争は正しかったと主張する右翼グループは、「狭義の強制はなかった」「河野談話を見直す」と繰り返し主張し、内外の厳しい批判を浴びています。

赤旗 2013.1.6

2013/02/01

仁川市長、アウンサン・スー・チーに慰安婦問題レクチャー?


慰安婦問題に興味を持って


2ちゃねらーはスー・チーに怒っているが、韓国の報道では「そんなことは言ってない」がデフォ。微妙にニュアンスを変えてしまったり。シンガポールの件しかり・・・。スー・チーの発言がどの様なものであったかは、肉声を聞かねば分からない。日本の姿勢を批判したのか、一般論を口にしただけだったのか。ただ、仁川市長の言動からも、公人私人を問わず慰安婦問題を世界中に宣伝しようとする韓国社会が垣間見える。

「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない」

正確に言うと、「日本と違い、ドイツは慰安婦に何の補償もしていない」である。

歴史問題で日本を批判 韓国でスー・チー氏

聯合ニュースによると、韓国訪問中のミャンマーの最大野党国民民主連盟(NLD)党首、アウン・サン・スー・チー氏は1日、太平洋戦争をめぐる日本の歴史問題に絡み「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べ、日本の姿勢を批判した

ソウルで面会した宋永吉・仁川市長が「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない。関心を持ってほしい」と述べたのに応じた。

スー・チー氏はまた、ミャンマー独立の英雄、父アウン・サン将軍が生前「日本人の個人を憎んではいけない。誰でも長所と短所があるから短所を理由に憎むのはだめだ」と話していたとも述べた。アウン・サン将軍は第2次大戦中に旧日本軍の軍事訓練を受けたが、後に独立のため日本軍と戦った。(共同)

産経 2013.2.1

追記:2013年4月、スー・チーは日本を訪問したが、慰安婦問題について特にコメントもしなかったようである。韓国の報道を鵜呑みにしたネチズンは怒っていたが、無理やり引き出されたような発言に目くじら立てることはないのである。


[資料]  海外の主要紙の報道状況(2010.10時点)


以前コメント欄で教えて頂いた。上久保誠人がまとめた海外の主要紙の報道状況(昨年の10月時点)。参考までに。

5年前の首相辞任理由はねじれ国会での困窮
“チーム安倍”の問題点と「本当の課題」

[...]また、海外メディアの批判の内容を精査すると、事態は更に深刻である。安倍首相答弁に関して、英エコノミスト誌は「日本の首相は組織的強姦に対する恥ずかしい戦いを仕掛けている」というタイトルの記事を掲載し、「安倍首相は、小泉前首相の靖国神社参拝で壊れた中国・韓国との関係を修復するための誠意を、彼自身の発言で無駄なものとした」「彼は、約20万人の慰安婦(朝鮮半島、中国、台湾、インドネシア、ビルマなどからの)が性奴隷労働を強制されたかどうか疑問を呈した」「これは言い換えれば、『彼女たち(誘拐され、奴隷化されレイプされたのだと主張している元従軍慰安婦たち)は嘘つきだ』ということを主張しているのと同義だ」と批判を展開した。

そして「安倍首相は耳が聴こえないのか?」と問いかけ、被害者の証言が次々と積み上がっている現状を指摘し、「日本政府がたとえそれを隠ぺいしようとしてもさらに証拠が出てくるだろう」とした。最後に「極右に左右される安倍首相は、これまでの日本の、戦争のトラウマに苦しむ人々のコミュニティの再建などに対する立派な働きを台無しにしてしまった。60年前のことを忘れたふりをするのは、現代の民主的な日本らしくない」と結論している。

その他外国メディアの報道も、一様に安倍首相に対して厳しかった。

歴史学者たちは、大部分が朝鮮半島と中国出身の少なくとも20万人の女性が第二次世界大戦中に日本軍の売春宿で強制的に奉仕をさせられたと考えている」(BBC)

歴史学者たちは、大多数の中国や朝鮮半島からの20万人の女性が2000箇所の慰安所で強制的に働かされたことを信じている」(ガーディアン)

大部分の歴史学者達や日本政府自身が、軍部と業者がアジアの約20万人の女性に部隊に対してセックスを強制させたとしている」(ロサンゼルス・タイムズ)

歴史学者達は、1930年から40年代にかけて朝鮮半島と中国出身者が大部分の約20万人の女性がアジア全域の日本軍の売春宿において奉仕させられたと指摘している。多くの女性達は、自分たちが日本の部隊に誘拐されて性的奴隷になることを強制されたと証言している」(ワシントン・ポスト)

「証人や犠牲者達や元日本兵の一部は、女性達の多くが誘拐ないし強制的に売春宿に送り込まれ、多数の兵士達に毎日強姦されたと証言している」(ニューヨーク・タイムズ)

などである。

まとめると、世界のメディアの論調を見る限り、「第二次世界大戦中、大部分が朝鮮半島と中国出身の少なくとも20万人の女性が日本軍の慰安所で強制的に奉仕をさせられた。これは信頼できる元従軍慰安婦らの多数の証言に基づくものであり、『歴史学者』の間でも、既に結論が出たことだ」が、従軍慰安婦問題の世界の常識になってしまっていると考えざるを得ない。[...]

5年前の首相辞任理由はねじれ国会での困窮
“チーム安倍”の問題点と「本当の課題」  
ダイアモンド・オンライン) 2012.10.10

[資料] 慰安婦、朝鮮学校への支援呼びかけ


吉元玉ハルモニ

 ビデオレターですが、こうやってまた会えてうれしいです。
 頻繁に直接会って喜びを分かち合えればいいのですが、映像で失礼します。

 皆さんが「戦争と女性の人権博物館」建設に協力いただいたおかげで、無事に開館しました。これからもうまくいくようにたくさん広報してください。多くの人が関心を持って博物館を訪問してくれることを願っています。
 いつもウォノクが話すと「皆さんに助けて欲しい」「参加して欲しい」ばかりでしょ。他に何もありません。皆さんよろしくお願いします。

 それから金福童ハルモニと私とでナビ基金をはじめました。
 これにも協力してくれることは知っています。これからもより一層協力をお願いします。

 運動が20年と言いますが、私たちにとっては70年間胸を痛めて今日まで来ました。とても辛い道のりでした。私たちがもっとがんばればいいのだけれど……。だから後援するにも足りず申し訳ない気持ちですが、皆さんが助けてくれると有り難いです。

 もうひとつお願いがあります。

 我が民族の学生が日本の朝鮮学校に通っています。
 ところが日本政府はなぜその学生たちを支援しないのでしょうか。

 学ぶことで歴史が正されるのです。

 政府や民間が心を合わせて学生に教えることで、未来が明るく開けるのです。

 歴史を正しく知らなければ、どうやって生きていくのですか。
 私たちが何も知らないといっても、ある程度の歴史を知るべきです。歴史を知らないと愚か者になります。学生たちがしっかり勉強できるようにしてください。子どもたちはしっかり学ばなければ。学ぶことでしっかりと生きていけるのです。

 皆さんが朝鮮学校を支援してくださるよう、お願いします。