2015/12/30

米政府、韓国系に自制求める KAPAC慰安婦キャンペーンから離脱


日韓の最終合意を受け、アメリカ政府が韓国系団体に(慰安婦キャンペーンの)自制を呼びかけた。これを受けてか、2012年にアイゼンハワー公園に慰安婦碑を建てるなどしてきたKAPACが慰安婦キャンペーンを停止することを発表。KAPACのイ・チョルウ会長は、ニューヨークのホロコースト記念館に慰安婦のコーナーを作らせようと策動したりもした。

日韓の合意を認めないと言っているのは、カリフォルニアに本拠を置くKAFC。サンフランシスコ市議会に慰安婦像設置を働きかけた彼女たちの場合、日韓交渉でどの様な結果が出ようと活動を止める気はなかった。アメリカ政府は、これまで口にこそ出さなかったが、こうした行動を良く思っていなかったようである。当然、日本政府からの働きかけもあったろう。

米政府 韓国系団体に活動の自制呼びかけ

日本と韓国が慰安婦問題の最終的な解決で合意したことを受けて、アメリカ政府は、アメリカ国内で慰安婦を象徴する銅像の設置などを推進してきた韓国系の団体も、合意を尊重して活動を自制するよう呼びかけました。

日韓両政府は外相会談で慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することで合意しましたが、アメリカで慰安婦を象徴する銅像の設置などを推進してきたカリフォルニア州の韓国系市民団体などは不十分な内容だと批判し、活動を続ける方針を示しています。

これについて、アメリカ国務省のトナー副報道官は29日の記者会見で、「すべての人が今回の合意についてそれぞれ判断すると思うが、われわれはアメリカにいる人も含め合意を支持することを強く望んでいる」と述べました。そして、「そのことが和解を促進する重要な印であり、最後には市民社会の支持が不可欠だと確信している」と述べ、アメリカ国内の韓国系団体も今回の合意を尊重し、活動を自制するよう呼びかけました。

アメリカでは、韓国系団体の働きかけで2007年に議会下院で慰安婦問題について、日本政府に公式な謝罪を求める決議が採択されたあと、各地で慰安婦を象徴する銅像や決議を記した石碑を設置する動きが続いています。

NHK 2015.12.30[2]

米国に二番目の慰安婦碑を建てた
イ・チョルウ(KAPAC)

ソウルの水曜デモにも参加(2013)

[慰安婦妥結] 「韓米公共政策委」関連政治活動の中断を表明

アメリカ東部で軍慰安婦顕彰碑建立などを推進した韓国人団体韓米公共政策委員会(KAPAC)が韓日両国政府の慰安婦問題妥結により(慰安婦問題に?)関連する政治活動を中断すると明らかにしたと共同通信が30日報道した。

共同通信によれば、ニューヨークの韓米公共政策委のイ・チョルウ会長は前日教導の電話取材で軍慰安婦問題に韓日政府が合意したのを高く評価し、今後慰安婦問題に関する政治的活動を行わない意向を表明した。

これまでKAPACはニューヨークとニュージャージー州に住むコリアンを中心に慰安婦顕彰碑の建立などに努める一方、安倍晋三総理の歴史反省と真の謝罪を受けるように圧力を加えるよう訴える請願書をアメリカ議会に提出するなど反日活動を繰り広げた。

共同通信は、慰安婦合意を置いてはカリフォルニア州、グレンデールで少女像の設置を推進した「カリフォルニア韓米フォーラム」(KAFC)の場合、28日日本側が慰安婦強制連行を明確に認めず河野洋平前官房長官の「談話」を後退させたと非難するなど韓国人団体間に賛否が分かれていると指摘した。

ニューシス 2015.12.30[2]

[위안부 타결] 한미공공정책위 '관련 정치 활동 중단' 표명

이재준 기자 = 미국 동부에서 군 위안부 기림비 건립 등을 추진한 한인단체 한미공공정책위원회(KAPAC)가 한일 양국 정부의 위안부 문제 타결에 따라 관련 정치활동을 중단하겠다고 밝혔다고 교도 통신이 30일 보도했다.

통신에 따르면 뉴욕의 한미공공정책위 이철우 회장은 전날 교도의 전화 취재에서 군 위안부 문제에 한일 정부가 합의한 것을 높이 평가해, 앞으로 위안부 문제에 관한 정치적 활동을 하지 않겠다는 의향을 표명했다.

그간 한미공공정책위는 뉴욕과 뉴저지에 거주하는 한인을 중심으로 위안부 기림비 건립 등에 애를 쓰는 한편 아베 신조(安倍晋三) 일본 총리의 역사 반성과 진성한 사과를 받도록 압력을 가하라는 청원서를 미국 의회에 제출하는 등 반일활동을 펼쳤다.

통신은 위안부 합의를 놓고선 캘리포니아 주 글렌데일에서 소녀상 설치를 추진한 '캘리포니아 한미포럼' 경우 지난 28일 일본 측이 위안부 강제연행을 확실하게 인정하지 않아 고노 요헤이(河野洋平) 전 관방장관의 '담화'를 후퇴시켰다고 비난하는 등 한인 단체 간에 찬부가 갈리고 있다고 지적했다.

2015/12/29

両国外交トップ「最終的かつ不可逆的に解決」 (声明&電話会談)


両国の外交トップが揃って「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認」する(した)と宣言。打ち合わせ通り、間髪入れず米国政府も「最終的かつ不可逆的に」解決されたことを歓迎。国連の事務総長も「合意に達したこと歓迎」すると。国際社会環視の中で既成事実を作られた韓国政府に後は無くなった。詰み、である。

確かに、ベストは相手にしないことだったと思う(さすれば、台湾が便乗して来たり中国につけ込まれることもなかったろう)。挺対協がゴネている限り解決はありえない。だから、このブログは隠れ挺対協応援団を自称していたわけなのだが、残念ながらこのまま「ハルモニ」がいなくなるまで放置するというわけにも行きそうにない。理由の第一は、挺対協の影響力が低下して来たらしいこと。マスコミや世論がツートラック外交を訴えるなど、必ずしも挺対協の意向に沿わなくなって来た。こうなると韓国政府は妥協しやすくなる。

そして第二に・・・けっきょく日本は世界一の親韓国であって、右も左も政治家は韓国に甘い。いずれ誰かが「関係改善」をやりたがる。ならば、右派の安倍政権に「解決」を委ねたのはセカンド・ベストと言えるのではないか?

安倍政権が謝罪したというので2chは大騒ぎになっているが、両国の外交トップの声明には、強制の「強」の字もない。日本政府は「女性の名誉と尊厳を傷つけた」ことについて謝ったに過ぎない。この合意は海外からも注目されており、日本政府の声明は英訳されて外務省から公表されている。

The issue of comfort women, with an involvement of the Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women, and the Government of Japan is painfully aware of responsibilities from this perspective.

政府による強制動員を臭わせる文言も無ければ、軍による組織的拉致を認めたと取られるような部分もない。むしろ、強制の「強」の字もない声明を韓国側が受け入れたという事実は、専門家(?)が見れば明白な強制動員(連行)の打ち消しだろう。

慰安婦像の撤去が努力目標に過ぎないという批判もあるが、もともと像の撤去は、韓国側が日本の謝罪を切望するほどには日本政府にとって切実なものではなく、一種の踏み絵であったのだろう。韓国政府は本気で挺対協を怒らせる覚悟はあるのか、あるなら見せてみろと。


合意後の安倍首相とパク大統領の電話会談では、首相が「最終的かつ完全に解決済み」だが、今回の合意で「最終的かつ不可逆的に解決される」と嫌味かと思うほど念押ししている。それをパク大統領が「最終合意がなされた」と肯う形になっている。更に安倍首相は最後のダメ押し。「最終的、不可逆的な合意であることを確認した」と。何度でも言ってやるぞ、これは最終合意だぞ、最終合意というのは最終的な合意のことだぞ、分かってるな。

極右歴史修正主義者のレッテルを貼られた安倍が、終始主導権を握って関係改善に動いたことは、なんちゃって知日派ジャパン・バッシャーらの顔色なからしめるに充分だったろう。安倍首相は、国際社会で男を上げた。

1 岸田外務大臣

日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。

(1)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。
安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。

(2)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。

(3)日本政府は上記を表明するとともに,上記(2)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する
あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える

2 尹(ユン)外交部長官

韓日間の日本軍慰安婦被害者問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,韓国政府として,以下を申し述べる。
(1)韓国政府は,日本政府の表明と今回の発表に至るまでの取組を評価し,日本政府が上記1.(2)で表明した措置が着実に実施されるとの前提で,今回の発表により,日本政府と共に,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は,日本政府の実施する措置に協力する。

(2)韓国政府は,日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し,公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し,韓国政府としても,可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて,適切に解決されるよう努力する。

(3)韓国政府は,今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で,日本政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。

外務省 2015.12.28

その後に行われた安倍首相とパク大統領の電話会談の要旨(時事)。しつこく釘を刺す安倍首相。

首相・・・日韓間の財産請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で最終的かつ完全に解決済みであるとの立場に変わりはないが、今回の合意により、最終的かつ不可逆的に解決されることを歓迎したい。今回の合意をわれわれ首脳が責任を持って実施することを確認したい。日韓関係が未来志向の新時代に入ることを確信している。来年はわが国が日韓中サミットの議長国であり、大統領の訪日を心待ちにしている。

大統領 両国の最終合意がなされて良かった。互いに信頼関係を強化し、新しい韓日関係を築くべく、互いに努力していきたい。首相が直々におわびと反省の気持ちを表明したことは、被害者の名誉と尊厳の回復、心の傷を癒やすことにつながる。訪日招請を頂いたことに感謝する。しっかりと検討をしたい。

[...]

首相 最終的、不可逆的な合意であることを確認した。その精神にのっとってお互いに信頼を築いていきたい。

時事(一部) 2015.12.29

2015/12/28

[資料] 間もなく共同記者会見 挺対協の主張


間もなく共同記者会見が始まるというので、コメントはせず、これは素のまま出すことにした。日本には挺対協のシンパグループが幾つか存在し、同じ物を拡散している。今現在の挺対協の言い草である。

[挺対協報道資料] 12.28日韓外相会談に向けて

「平和の碑」の撤去といった前提条件付きで日本軍「慰安婦」問題を解決することは不可能です。

光復70周年をこのまま終えるのが惜しいのだろうか。安倍首相が2015年もあと数日という今、世論づくりの主人公として踊り出た。
いつもそうだった。緊急で重要な外交問題を、メディアを通して暴露し、世論はこれに踊らされ惑わされてきた。その波紋は、あたかも真実であるかのように、直ちに歴史を変えるかのように、世の中を騒がせた。過ぎて見れば結局何らの進展もなく、内容のないパフォーマンスに過ぎなかった。その中で、被害者たちは「今度は本当に可能性があるのか?」と期待し、「やっぱりダメなのね」と天国と地獄を行き来する。このような日本政府を見て「まるで私たちをからかっているみたい」と言う。
この度の事態は、安倍晋三首相が25日、岸田外相に「慰安婦」問題妥結のため年内に韓国を訪問するよう電撃的に指示したという日本のある放送局の報道から始まった。韓国メディアも一斉に日本発のニュースを報道し始めた。外交の相手国である韓国政府との間でやりとりされている重要で緊急な外交議題を、このようにメディアを通して流し、世論づくりをして日本政府の立場を固めようとする下心が実に見苦しい。そして、そのように騒々しく登場した「年内妥結」努力の中身は空疎としか言いようがない。
日本のメディア報道によると、安倍首相が責任をとるという解決の中身は「被害者支援のためのアジア女性基金のフォローアップ事業を拡大して1億円規模の基金を創設することと、安倍首相の謝罪の手紙」だという。これでは10年前、日本政府が法的責任を否定して掲げた「補償に代わる措置」としてのアジア女性平和国民基金のやり方と何ら変わらない。アジア女性基金は、被害者の反対にあって既に失敗した日本政府の政策だった。
私たちは、緊急に開かれる2015年最後の日韓外相会談では真に日本軍「慰安婦」問題解決のための正しい協議がおこなわれるよう願い、以下のように明らかにする。

1. 解決の内容に何が盛り込まれるべきか。

すでに私たちは何度も日本政府と韓国政府に要求している。2014年、東京で開催された第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議で採択された提言で、また2015年にソウルで開かれた第13回アジア連帯会議の決議で求めた内容だ。
第一に、日本軍「慰安婦」問題解決のために日本政府は、①日本政府および軍が軍の施設として「慰安所」を立案・設置し管理・統制したこと、②女性たちが本人たちの意に反して「慰安婦・性奴隷」にされ、「慰安所」等において強制的な状況の下におかれたこと、③日本軍の性暴力に遭った植民地、占領地、日本の女性たちの被害にはそれぞれに異なる態様があり、かつ被害が甚大であったこと、そして現在もその被害が続いているということ、④当時の様々な国内法・国際法に違反する重大な人権侵害であったという事実と責任を認めなければならない。
第二に、このような事実認定に基づいて、①翻すことのできない明確で公式な方法で謝罪すること、②謝罪の証として被害者に賠償すること、③真相究明のため、日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、国内外の被害者および関係者へのヒヤリング、④再発防止措置として義務教育課程の教科書への記述を含む学校教育・社会教育の実施、追悼事業の実施、誤った歴史認識に基づく公人の発言の禁止、および同様の発言への明確で公式な反駁等をおこなうことである。

2.解決に前提条件はありえない。日本政府は責任を尽くさなければならない。

解決の前提条件として「平和の碑」の撤去と「二度と問題を蒸し返さないという約束」を提示していることは、安倍政権が表向きには日本軍「慰安婦」問題の解決を口にしながら、実は日本軍「慰安婦」問題を解決する意思がないのだとしか解釈できない。さらにこれは、仮に日本軍「慰安婦」問題が未解決のまま残された場合に、その責任を被害者側である韓国社会に押しつけるための術策ではないかとさえ思われる。
「平和の碑」は、1992年1月8日に始まった水曜デモが2011年12月14日に1000回を迎えた日に、20年以上も毎週水曜日にその場所で訴えてきたハルモニたちと私たちの歴史を記憶するために建てたものだ。過去の辛い歴史を記憶することを超えて、被害者と市民の1000回もの叫び、20年もの歳月あきらめずに水曜デモをおこなってきた過程を表現したものである。そして、戦争を経験していない若い世代に、生きた歴史教育の場として、人権と平和教育の教室として、被害者の人権擁護活動の象徴として積み重ねてきたその歴史を前向きに評価し、褒め称えて「平和の碑」を建てたのである。ところがこれの撤去を条件とすることは、加害者が被害者の問題解決の歴史を抹消しようとする暴力的な動きであり、新たな障害を作り出すものである。
「二度と問題を蒸し返さないという約束」をしろという前提条件も、加害者側が出してはいけないもので、ありえないことだ。それは、日本政府の正しい責任履行によって実現されることで、韓国政府が前提条件として約束する事柄ではないからである。

3.私たちは、日本軍「慰安婦」問題解決のため、25年間、諦めずに走ってきた。その成果が国連と国際社会の決議採択、日本政府への勧告を引き出し、韓国憲法裁判所の判決を生み出したのだと思う。また、このような圧力によって、日韓政府が日本軍「慰安婦」問題を外交議題として議論するようになったのだと思っている。12月28日に予定されている日韓外相会談は、25年もの間努力してきた、このような被害者たちの活動とアジアの被害国の女性たち、そして国際社会の努力が実を結ぶような形で結果が引き出されなければならない。万が一にも懸念される、外交辞令でお茶を濁すような解決ではなく、被害者が心から納得できる、受け入れることのできる、速やかで正しい解決を願う。

※金福童ハルモニの立場
「安倍が謝罪の手紙を出して、10億ウォンで解決するって? そんなことで解決はできないよ。こっそり、誰も分からないように手紙を出しておいて、後でまたそんなことしてないって言うつもりじゃないの? 記者をみんな集めて、その記者たちの前で宣言しなきゃ。日本が、安倍の時代にやったことではないけど、祖先たちが私たちに悪いことをしたってこと、戦場に私たちを連れて行って、あんな凄惨な状況で軍人たちにされたこと、申し訳なかったって、許して欲しいって言わなきゃ。それも、一人でやるんじゃなくて、日本政府の公式的な立場でやらなきゃ。それから10億ウォン、私たちがお金が欲しくてこんなに長い間こうしてきたと思ってるのかね? 私たちも、今では韓国政府が生活支援金もくれるし、民間団体でこうして面倒もみてくれてるんだから、お金がなくて言ってるわけじゃないじゃない。法的に賠償しろってことなんだよ。それは、犯罪国家として、罪をおかしたということを認めろってことよ。そうじやないですか? それから少女像を撤去しろってことだけど、それと問題を解決するのとは関係のない、全く別のことだと思うんだけど、どうしてやたらと少女像をなくせって言うのか分からないね。私たちの国に私たちが建てたのに、どうして日本がああしろこうしろって指図するの? 少女像は私たちの過去の歴史、過去にああいう辛いことがあったってことを、後生に伝えて二度と同じようなことがないように、歴史の勉強をさせる目的で建てたのに、なぜ歴史を消せ、なくせって言うのか分からない」

2015年12月26日
韓国挺身隊問題対策協議会共同代表
ユン・ミヒャン、ハン・グギョム、キム・ソンシル

台湾、慰安婦問題で「韓国と同対応」要求へ

当然、この可能性はあったわけで、日本政府が予期していなかったはずはないが・・・。

台湾、慰安婦問題で「韓国と同対応」要求へ

台湾の外交部(外務省に相当)は27日までに、日韓両政府が慰安婦問題の決着を目指し協議していることについて、動向を把握した上で、台湾人の元慰安婦にも韓国と同様の対応を取ることを日本政府に求めるよう対日窓口機関、台北駐日経済文化代表処に訓令した。

中央通信社が同日、伝えた。台湾には元慰安婦と名乗り出た女性が4人、存命している。

産経 2015.12.28 [2]

婦女救援基金会の康(右)
左は日本のwamの渡辺美奈

馬英九が台湾婦女救援基金会の要請を受け入れた、ということか。

日韓間における慰安婦問題の早期妥結を目指している日本政府は、元慰安婦を支援するための1億円規模の基金の創設を検討しており、28日に韓国・ソウルで開かれる外相会談で提案するとみられている。これについて、台湾の元慰安婦を支援している人権団体「婦女救援基金会」の康淑華執行長は、対象は台湾、中国大陸、インドネシア、フィリピンなどの被害者にも拡大するべきだと訴えた。

康氏は、馬英九政権は日韓外相会談に際して、世界各国・地域の慰安婦問題が解決されるよう立場を表明すべきだと強調。また、民間の基金会などを通じた「示談」ではなく、日本政府自らが賠償しなければならないと主張した。

同氏によれば、台湾の元慰安婦はかつて約2000人おり、うち58人が日本側に賠償を求めた。だが、20年余りの間にその多くが亡くなり、現在存命なのはわずか4人で平均年齢は90歳に達しているという。



追記:

台湾元慰安婦にも謝罪と賠償を=駐日代表に交渉指示-馬総統(時事 12.29) 「台湾の馬英九総統は29日、慰安婦問題に関する日韓合意を受け、台湾人の元慰安婦にも韓国と同様の措置が取られるよう、日本政府との交渉を台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(駐日大使に相当)に指示した」

米の「歓迎」でとどめを狙う日本政府


アメリカが安倍首相の歴史修正主義を警戒しているなどとテレビでコメンテーターが熱弁を振るっていた時期もあったが、アメリカ政府が慰安婦問題に関心を示す理由は安全保障。日米共に、この問題を安全保障に悪影響を与える物として決着を急いでいる。

その一方で、日米韓の反日活動家はアメリカを利用しようとして来た。KACEしかりマイク・ホンダしかり。しかし、なかなか思い通りにならないアメリカ政府にミンディ・コトラーなどが苛立つ場面もあった。

実際は、(日韓どちらの肩も持たない)アメリカ政府と日本政府は連携しており、日本政府はアメリカ政府を最終決着の立会い人とする考えで、先方の同意も取り付けている様子。今度「最終合意」したら韓国政府はひっくり返せない。

慰安婦問題、首相「おわび」で調整 米に「決着声明」要請

最終決着の確約を求める日本は、妥結した場合、第三者の米政府に声明を出してもらうことで最終決着の担保の一つとしたい考え。このため声明発表の準備を日本側から米側に要請した。...

日経(一部) 2015.12.27

合意なら米が歓迎声明

...米政府は、28日の日韓外相会談で慰安婦問題が妥結した場合、合意内容を引用したうえで歓迎する声明を出す考えを、すでに日韓双方に伝えているという。

米国は従来、今回のような日韓対立を繰り返さないよう、双方に強く要請してきた。共に米国の同盟国である日韓の関係悪化が長引けば、北東アジア地域で米主導の安全保障上の抑止力が低下する、との懸念があるためだ。...

朝日(一部) 2015.12.28


追記:

ケリー国務長官とライス補佐官が相次いで、問題の「解決」を歓迎する声明を出した。異例のことだという。また、ケリー長官は「国際社会に対し、今回の合意を支持するよう呼びかけたい」と。



慰安婦問題合意 米高官が相次ぎ歓迎の声明

日本と韓国が最大の懸案だった慰安婦問題の最終的な解決で合意したことについて、アメリカのケリー国務長官とライス大統領補佐官は28日、相次いで歓迎する声明を出し、合意を高く評価しました。

日韓両政府は28日の外相会談で慰安婦問題を巡って、韓国政府が設置する財団に日本政府の予算でおよそ10億円を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことなどで合意するとともに、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを確認しました。

これについてケリー国務長官は声明を発表し、「日韓両政府は慰安婦問題が『最終的かつ不可逆的に』解決されたと明言した。慰安婦という敏感な歴史問題で合意に至ったことを歓迎する」と述べ、高く評価しました。そのうえで「国際社会に対し、今回の合意を支持するよう呼びかけたい」としています。

またライス補佐官も声明を出し「日韓両国が勇気を持ってこの難しい問題を最終的に解決したことを称賛する。日米韓の3か国が安全保障面での協力をさらに強化していくことを楽しみにしている」としています。

アメリカ政府はこれまで日韓の慰安婦問題での対立は、北朝鮮の核問題や中国の海洋進出などについて3か国が一致した対応を取る妨げとなっているとして、両政府に繰り返し問題の解決を促してきました。ケリー長官とライス補佐官が同じ問題について相次いで声明を出すのは異例で、この合意が覆されることなく日韓が関係改善に向かうよう、アメリカ政府として強く促すねらいがあるものとみられます。

NHK 2015.12.29[2]

追記:「日米韓」首脳会談を調整 慰安婦問題を確認 テレビ朝日 2016.1.5

「先月末の日本と韓国による慰安婦問題の合意内容について、アメリカの立ち合いのもと、確認する方針」

2015/12/27

日韓関係を人質にハルモニの強請

「安倍総理が跪いて謝らなければならない」(イ・オクソン)

興奮して腕を振り回すカン・イルチョル(YTN

挺対協の顔色を窺うばかりだった韓国政府が、ここに来て慰安婦像の移設の可能性まで口にするようになった。彼らも覚悟を決めたということなのだろうが、案の定挺対協とそのマインド・コントロール下にある「ハルモニ」が大反発。最近の慰安婦墓地支援金増額のニュースは、挺対協を懐柔する為だったのではないかという気もするが、「ハルモニ」のこの激高振りは韓国政府にとって想定内だったのか、それとも・・・。

韓国政府は挺対協を御することが出来るのだろうか?もっとも、韓国政府がコントロールに失敗しても彼らの面子が潰れるだけで日本政府は困らない。更に言えば、既に日韓両政府の歩み寄りは国際的なニュースになっている。挺対協のモンスター振りが、今度は世界に知られる。韓国の世論はいつまでこんな挺対協を応援してくれるだろうか?挺対協は追い詰められて行く。

首脳会談のニュースを見るイ・オクソン(11月)
ハフィントンポスト(K)によれば、慰安婦の存在を否定した安倍首相に向け拳を突き出す

像は挺対協の手を離れ(国民の?)共有物になったという言い訳は凄い。そこは公道上である。数万人と言われる日本軍慰安婦を僅か46人のマインド・コントロールされた「ハルモニ」が代表する歪んだ構図。一人でも反対すれば謝罪を受け入れない。自覚はないのだろうが、日韓関係を人質にとった脅迫である。

「韓国政府外交の無能。日本政府の緻密な外交・・・」
ユン・ミヒャン挺対協代表

挺身隊対策協、「慰安婦少女像移転話」に反発…「安倍総理、跪いて謝罪せよ」

政府がソウル市中学洞の日本大使館の前にある「日本軍慰安婦少女像」の移転を検討するという日本の読売新聞の報道に対し、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は「事実なら国論分裂レベル」という立場を公表した。

ユン・ミヒャン挺対協代表は26日、読売の報道について「軍慰安婦問題と関連して政府と被害者、市民団体がこれまで(この間)同じ(ひとつの)声を上げていた」「両国間でどのようなやり取りがあったのか、市民団体に黙ったまま日本のメディアにこのように話したとすれば大きな問題だ」と話した。

ユン代表は続けて、「すでに少女像は挺対協でもどうしようもない共同の存在になったので撤去したり移すのは不可能だ」と話した。 少女像は「日本軍慰安婦問題解決のための水曜デモ」が1000回目をむかえた2011年の12月、挺身隊対策協が音頭を取った市民募金で設置された。 政府主導で少女像が設置したのではないから両政府が議論する事項でないという話だ。

少女像がソウルの南山に造成予定の「日本軍慰安婦記憶の場」に移されるという観測については「(記憶の場は)まったく違った方式で推進される空間なのに、こんな風に関連づけられるのは情けない」と声を大きくした。

日本が本当に謝罪するには政府レベルの公式な手順を踏まなければならないという点も明確にした。 ユン代表は「翻意することはできない方式で謝罪し、国会や内閣決議を通じて国内外に日本政府の謝罪を知らせるやり方となるべきだというのが私たちの立場だ」として「こんな雰囲気なら、今年の韓日首脳会談のように中身のない会談になるだろう」と展望した。

一方、同じ日、慰安婦被害ハルモニは京畿道広州の「ナムヌの家」で安倍総理の訪問と謝罪を要求した。

イ・オクソン(89)ハルモニは「安倍総理がナムヌの家に来て被害者に跪いて謝罪しなければならない」「慰安婦問題を解決できる責任者に会い、話を聞いて要求事項を言いたい」と語った。ユ・ヒナム(88)ハルモニは、「被害者に謝罪する前に少女像の移設話が出るのは、安倍総理の謝罪メッセージ伝達が真実性がないように見える理由だ」と指摘した。

これに伴い、ナムヌの家は生存した慰安婦被害ハルモニ46人の意見を集約し、ただの1人でも反対すれば日本の謝罪と賠償を受け入れないことを決めた。

朝鮮日報 2015.12.26[2]

追記: 「韓国外務省当局者は『少女像は民間が建てたもので、政府があれこれ言えるものではない』と主張」(産経12.26) 韓国政府、戦々恐々。

정대협, '위안부 소녀상 이전설' 반발…"아베 총리, 무릎 꿇고 사죄하라"

정부가 서울 중학동 일본대사관 앞에 있는 ‘일본군 위안부 소녀상’ 이전을 검토한다는 일본 요미우리(讀賣)신문의 보도에 대해 한국정신대문제대책협의회(정대협)는 “사실이라면 국론 분열 수준”이라는 입장을 밝혔다.

윤미향 정대협 대표는 26일 요미우리 보도 내용에 대해 “군 위안부 문제와 관련해서 정부와 피해자, 시민단체가 그간 한목소리를 내왔다"면서 "양국 간 어떤 이야기가 오갔는지 시민단체에 함구하면서 일본 언론에 이렇게 얘기했다면 큰 문제"라고 말했다.

윤 대표는 이어 “소녀상은 이미 정대협도 어쩌지 못하는 공동의 존재가 됐기에 철거하거나 옮기는 것은 불가능하다"고 말했다. 소녀상은 '일본군 위안부 문제해결을 위한 정기 수요시위'가 1000 회를 맞은 지난 2011년 12월 정대협이 주도한 시민 모금으로 설치됐다. 정부 주도로 소녀상이 설치한 것이 아니기 때문에 양국 정부가 논의할 사항이 아니라는 얘기다.

소녀상이 서울 남산에 건설 예정인 '일본군 위안부 기억의 터'로 옮겨질 것이라는 관측에 대해선 "(기억의 터는) 완전히 다른 방식으로 추진되는 공간인데 이렇게 연관지어지니 어이가 없다"고 목소리를 높였다.

일본이 진정으로 사죄하려면 정부 차원의 공식 절차를 거쳐야 한다는 점도 분명히 밝혔다. 윤 대표는 "번복할 수 없는 방식으로 사죄하고, 국회나 내각 결의를 통해 국내외에 일본 정부의 사죄를 알리는 방식이 돼야 한다는 것이 우리 입장”이라면서 “이런 분위기라면 올해 한일 정상회담처럼 내용 없는 회담이 될 것이다"고 전망했다.

한편 같은 날 위안부 피해 할머니들은 경기도 광주의 ‘나눔의 집’에서 아베 총리의 방문과 사죄를 요구했다.

이옥선(89) 할머니는 "아베 총리가 나눔의 집으로 와 피해자들에게 무릎을 꿇고 사죄해야 한다"며 "위안부 문제를 해결할 수 있는 책임자를 만나 얘기를 듣고 요구사항을 말하고 싶다"고 말했다. 유희남(88) 할머니는 "피해자들에게 사죄도 하기 전 소녀상 이전 얘기가 나오는 건 아베 총리의 사과 메시지 전달이 진정성이 없어 보이는 이유"라고 지적했다.

이에 따라 나눔의 집은 생존한 위안부 피해 할머니 46명의 의견을 모아 단 한 명이라도 반대하면 일본의 사죄와 배상을 받아들이지 않기로 결정했다.



2015/12/26

慰安婦像移転が現実味

5年前なら移転は不可能だったはず

ついに来た。もう挺対協には往年の勢いはない。社会党は消滅、朝日新聞は謹慎中。日韓友好の足を引っ張る勢力が衰え、日韓関係改善の好機となった。日韓両政府が歩み寄りを開始したのは当然か。

挺対協は、この期に及んでグダグダ言っているが、以前のようには韓国政府も言いなりにはなってくれないだろう。日本政府からも適当に突き放されるだろう。反日の少女像の移転先は、やはり南山に新しく作られる慰安婦追悼公園か。ついでに水曜デモの場も移すよう日本政府は要求すべきだろう。

ソウル日本大使館前の少女像、韓国が移転を検討

ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像について、韓国政府が移転の検討を始めたことが25日、わかった。


韓国政府関係者が明らかにした。日本政府は慰安婦問題妥結の条件として少女像の撤去を求めており、28日の日韓外相会談で進展があれば、韓国政府が市民団体の説得を始める見通しだ。

移転先には、慰安婦を追悼するためソウルの南山に建設予定の公園「慰安婦記憶の場」などが浮上している。韓国の尹炳世ユンビョンセ外相は23日の討論会で、少女像の撤去について「本質的な問題で進展があれば、関連した部分も進展がありうるのではないかと考えている」と述べていた。

少女像は、元慰安婦を支援する市民団体「韓国挺身ていしん隊問題対策協議会」(挺対協)が2011年12月、毎週水曜日に大使館前で行っているデモの1000回記念として設置した。行政の許可なしに公道上に設置されており、日本政府は大使館の保護などを定めたウィーン条約に抵触するとして、政府間交渉の場で撤去を求めてきた。

読売 2015.12.26[2]


追記:27日

「韓国外務省当局者は『少女像は民間が建てたもので、政府があれこれ言えるものではない』と主張」(産経12.26) 表沙汰になって韓国政府が狼狽か?公道上の無許可設置物に政府が手を出せないと。

毎日「韓国政府としては・・・少女像についても関係団体の説得を進めたい考えだったとみられるが、見通しは不透明になってきている。」

11月の日韓首脳会談で日本側は、ソウルの日本大使館前にある慰安婦を象徴する少女像の撤去を要求。韓国外務省は「本質的な問題でなんらかの進展があり、解決されれば、関連する部分でも進展がある可能性もある」(尹炳世(ユンビョンセ)外相)と、日本側に一定の配慮を見せ始めている

しかし、2011年に募金による少女像の設置を主導した元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユンミヒャン)常任代表は26日、「少女像は既に(一部の団体の物ではなく)共同の存在になっており、撤去したり、移転したりすることは不可能だ」とのコメントを発表し、韓国メディアが一斉に報じた

韓国政府としては、外相会談などを通じて妥結の道筋が明確になり、国内で一定の評価を得た時点で、少女像についても関係団体の説得を進めたい考えだったとみられるが、見通しは不透明になってきている

毎日(一部) 2015.12.27

28日 「民間団体の事業だから、韓国政府が撤去できないのはわかる」。あそこは公道上であり、米軍による女学生轢死事件では、韓国政府は反米のアメリカ大使館前から撤去している。長年韓国政府が見て見ぬ振りをして来たから、動かせなくなった。韓国政府の責任である。

11月の日韓首脳会談で日本側は、ソウルの旧日本大使館前に設置された慰安婦少女像の問題について懸念を伝えた。日本側関係者の一人は「民間団体の事業だから、韓国政府が撤去できないのはわかるが、少女像が日韓関係に悪影響を与えていることを認める必要がある」と指摘。韓国政府に対し、何らかの意思表示をするよう求めている模様だ。

韓国側は「慰安婦問題が解決されれば、自然に少女像もなくなるはずで、議論の順序がおかしい」(政府関係者)と反発している。

朝日(一部) 2015.12.28

アン・セホン ニコンに勝訴

「私は検閲されている」
世界中に支援を訴えたアン

自分はアン・セホンという人物に対してあまり好感を持てないのだが、判決は妥当だと思う。日本の司法は公平だった。日本人や日本の司法に守られて、今後も彼は日本で政治活動を続けて行くだろう。自国の(慰安婦)問題には口を閉ざしたまま。彼には、パク・ユハ教授が在宅起訴されたことについても、コメントしてもらいたいところである。

慰安婦展拒否で賠償命令=韓国人写真家、ニコンに勝訴—東京地裁

旧日本軍の従軍慰安婦をテーマにした写真展開催をめぐり、展示施設を運営するニコンから協力を拒否され損害を受けたとして、韓国人写真家安世鴻さん(44)=名古屋市=が同社側に約1400万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。谷口園恵裁判長は「ニコンの対応に正当な理由はなく、不法行為に当たる」と述べ、110万円の支払いを命じた。

谷口裁判長は、ニコンが写真展への抗議や非難を理由に中止を即断したことについて、「関係者に危害が加えられる現実の危険が生じていたとは認められない」と指摘。ニコンは安さんと協議して警察に支援を要請するなどの努力を尽くすべきで、「一方的に開催を拒否したのは正当化できない」と結論付けた。

安さんは判決後に記者会見し、「表現の場の重要性を認めてくれた」と笑顔を見せた。 

時事 2015.12.26[2]

2015/12/24

韓国外相、解決に自信示す「もう少し待てば」

NHK

韓国の外相のこの自信をどう取るか。ブラフか、ある程度の手応えを日本側から得ているのか。像の撤去もありえると?

韓国外相、慰安婦問題「もう少し待てば結果も」

韓国の尹炳世ユンビョンセ外相は23日、韓国の放送記者クラブ主催の討論会に出席し、従軍慰安婦問題をめぐる日本との協議について「もう少し待ってくれれば、それなりに結果を見てもらえる時が来るだろう」と述べ、解決に自信を示した。具体的な時期には触れなかった。


尹氏は、「(協議に)確実な方向性がある」とする一方、「今はやや行き詰まり」があると語った。

日本がソウルの日本大使館前に設置された少女像の撤去を求めていることについて、尹氏は「本質的な問題で進展があれば(撤去でも)進展がありうる」と述べ、日本側の対応を見ながら、元慰安婦や支援団体の意見を聞く考えを示した。

読売 2015.12.24

追加: 産経の打ち消し報道。

菅官房長官、韓国外相の慰安婦協議進展示唆「そのような報告は受けていない」 

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は24日午前の記者会見で、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が慰安婦問題協議が進展する可能性を指摘したことに関し、「そのような状況について報告を受けていない」と述べた。

菅氏は、外務省局長級で進める慰安婦問題に関す協議に関し「できるだけ早期に妥結するために協議を加速することが両首脳間で確認されている。協議を継続、加速する方針は変わっていない」と説明した。

産経 2015.12.24 13:31



しかし、夜になるとNHKなどが外相の年内の訪韓を速報。それにしても、アメリカの慰安婦像のことなら韓国政府は関係ないだろうに。

首相 岸田外相に年内の訪韓を指示

安倍総理大臣は、先の日韓首脳会談で一致した、いわゆる従軍慰安婦問題の早期妥結を目指す立場から、岸田外務大臣に対して年内に韓国を訪問するよう指示しました。安倍総理大臣としては、いわゆる従軍慰安婦問題の最終的な決着を図りたい考えで、こうした点を含めて韓国側と合意できるかどうかが焦点となります。

日本と韓国の関係改善に向けて課題の1つとなっている、いわゆる従軍慰安婦の問題について、安倍総理大臣は先月のパク・クネ(朴槿恵)大統領との初めての日韓首脳会談で、早期妥結を目指し協議を加速させることで一致しました。

これを受けて日本政府は、韓国政府との間で外務省の局長級の協議などを行い、財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みだという日本の立場を維持しながら、双方が折り合える方策を探ってきました

一方、韓国では、パク・クネ大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長の無罪が確定するなどし、日本政府内では関係改善に向けた前向きな動きだとして歓迎する声が出ていました。

こうしたなか安倍総理大臣は、パク大統領が従軍慰安婦問題を日韓国交正常化から50年の節目であることし中の解決を目指したいという考えを示してきたことも踏まえ、24日夕方、総理大臣官邸で岸田外務大臣と会談し、年内に韓国を訪問するよう指示しました。

従軍慰安婦の問題を巡って、安倍総理大臣は先月2日、「多くの日本の方々は韓国側の対応を『ゴールポストが動いている』と思っている」などと述べ、妥結する際は韓国側との間でこの問題を蒸し返さないことを確認し、最終的な決着とする必要があるという考えを示していました。

また日本政府は、韓国政府に対して、韓国国内だけでなくアメリカなどで、いわゆる従軍慰安婦問題を象徴する銅像を設置する活動が続いていることは容認できないとして、こうした活動が続くことがないよう対応を求めてきました。

このため今回の岸田外務大臣の韓国訪問では、従軍慰安婦の問題の最終的な決着なども含め、韓国側との間で合意することができるかどうかが焦点となります。

NHK 2015.12.24 17:52[2]

時事は「前向きに進む環境になければ、外相を出すわけにいかない」という政府関係者の発言を報道。・・・進展とは、慰安婦像のことか?

谷内正太郎国家安全保障局長が今月22、23両日に訪韓し、韓国側の当局者と協議した結果、外相会談を行うことが固まった。政府関係者は「前向きに進む環境になければ、外相を出すわけにいかない」と述べ、一定の進展があるとの見通しを示した。

日本側は、元慰安婦への財政支援など人道措置の拡充を柱に慰安婦問題の打開を探っている。妥結に当たっては、再び蒸し返されることのないよう、日韓両国で最終決着であることを確認したい考えだ。先の日韓首脳会談では、ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦問題を象徴する少女像の撤去のほか、米国にある慰安婦像についても、韓国側の対応を求めている

時事(一部)2015.12.24 21:47

産経は反対に悲観的。「安倍晋三首相が岸田文雄外相に対し訪韓を指示したのは、慰安婦問題の妥結に向けた韓国の決意の固さを見極めるためだ」と(12.25 06:13)。政府筋が「『ハードルは高い。話を聞いてみなければ、結果は分からない部分がある』と指摘した」と報じている。おそらく、産経新聞としては面白くないのだろう。

2015/12/23

韓国政府、慰安婦への支援金21%増額


元慰安婦への支援金、21%増の月13万円に 韓国政府

韓国政府は22日、旧日本軍の慰安婦だった女性に支給している「生活安定支援金」を21%増額すると発表した。1993年から支給を始め、毎年3%程度引き上げてきたが、生存者46人の平均年齢は89・2歳と高齢で、経済的にも苦しいと判断。来年から最低賃金水準を反映した月額126万ウォン(約13万円)を支給する。

朝日 2015.12.22

2015/12/18

韓国、慰安婦墓地を造成へ(望郷の丘)

望郷の丘は民団の発案で造られた
日帝支配により強制的に故郷から引き離された同胞が眠る

韓国政府が慰安婦の為の専用墓地の造成を発表。場所は、天安市にある国立望郷の丘。

ところで、この望郷の丘。在日本大韓民国民団(民団)の請願により造られた。公式サイト(?)によると「海外同胞、特に在日同胞は、日本帝国主義の侵略により、 亡国の悲しみと苦行の中で故郷を捨てなければなりませんでした。独立を勝ち取った後も、望郷の念を抱いたまま異国の地でその生涯を終えています。『望郷の丘』は、そうした英霊たちの魂だけでも、祖国に帰って安らかに眠れるようにと願って作られました」ということである。英語ページでは、ここに葬られているのは、
「Koreans who were forced to leave their beloved homeland in distress and , in particular under the oppressive regime of Imperial Japanese colonial rule」 (特に強圧的な日本帝国の植民地支配の下で、悲嘆と苦悩の中で愛する故郷から強制的に引き離された朝鮮人)

と説明されている。いずれ、慰安婦に関する説明も追加されるだろう。「強制動員被害ハルモニ」の墓地に相応しい場所とも言えそうだが、在日同胞には一旗上げに日本に渡った人も故郷に帰りたくなかった人もいたはずであり、だから今でも日本に民団という組織が存在するのだろう。故郷に良い思い出がなく、日本に永住した朝鮮人慰安婦もいたのである。ソン・シンド(宋神道)なども、自分でそう証言している。

既に何人かの慰安婦がここに葬られており、慰霊祭が執り行われることもある。今回、一角を政府が正式に日本軍慰安婦用の特別区画に指定したということらしい。

日本軍慰安婦被害者特別墓地望郷の丘に 

日本軍慰安婦ハルモニのための特別墓地と追悼碑が国立望郷の丘に造成される。

女性家族部は慰安婦被害ハルモニ39人の墓地がある忠清南道天安市の国立望郷の丘に特別墓地を作ると明らかにしました。

この特別墓地には亡くなった慰安婦ハルモニを賛える追悼碑も建てられる。

女家部の担当者は現在の特別墓地造成事業課追悼碑製作が進められているとし、来年3~4月頃慰安婦ハルモニを迎えて除幕式を行う計画だと話しました。

女家部はこれと共に慰安婦被害おばあさんの生活安定のために現在1人当り月104万3千ウォンである生活支援金を126万ウォンで26%引き上げすることにしました。

看病費と健康治療費もそれぞれ105万5千ウォンきて37万9千ウォンに増えます

KBS 2015.12.16[2]

慰安婦に対する支援金も増額が発表された。最近、いろいろ叩かれたから。

일본군 위안부 피해자 특별묘역 망향의 동산에 생긴다

일본군 위안부 할머니를 위한 특별 묘역과 추모비가 국립 망향의 동산에 조성됩니다. 

여성가족부는 위안부 피해 할머니 39명의 묘소가 있는 충청남도 천안시 국립 망향의 동산에 특별 묘역을 조성한다고 밝혔습니다. 

이 특별 묘역에는 숨진 위안부 할머니를 기리는 추모비도 세워지게 됩니다. 

여가부 담당자는 현재 특별묘역 조성사업과 추모비 제작이 진행 중이라며 내년 3~4월쯤 위안부 할머니들을 모시고 제막식을 할 계획이라고 말했습니다. 

여가부는 이와 함께 위안부 피해 할머니의 생활 안정을 위해 현재 1인당 월 104만3천원인 생활지원금을 126만원으로 26% 인상하기로 했습니다. 

간병비와 건강치료비도 각각 105만5천원와 37만9천원으로 늘어납니다.
일본군 위안부 피해자 특별묘역 망향의 동산에 생긴다
입력 2015.12.16 (18:07)
단신뉴스
일본군 위안부 할머니를 위한 특별 묘역과 추모비가 국립 망향의 동산에 조성됩니다. 

여성가족부는 위안부 피해 할머니 39명의 묘소가 있는 충청남도 천안시 국립 망향의 동산에 특별 묘역을 조성한다고 밝혔습니다. 

이 특별 묘역에는 숨진 위안부 할머니를 기리는 추모비도 세워지게 됩니다. 

여가부 담당자는 현재 특별묘역 조성사업과 추모비 제작이 진행 중이라며 내년 3~4월쯤 위안부 할머니들을 모시고 제막식을 할 계획이라고 말했습니다. 

여가부는 이와 함께 위안부 피해 할머니의 생활 안정을 위해 현재 1인당 월 104만3천원인 생활지원금을 126만원으로 26% 인상하기로 했습니다. 

간병비와 건강치료비도 각각 105만5천원와 37만9천원으로 늘어납니다.

2015/12/16

[報道] 外務省幹部「無理して決着する必要はない」

聨合ニュースTV

「日本の世論が『解決しろ』との声になっていない」(政府関係者)という環境下では、安倍政権も容易には踏み込めない。(時事)

踏み込めないのか、あえて踏み込む必要を認めていないのか。時事は、匿名の外務省幹部が「この問題は無理して決着する必要はない」と述べたと報じている。これが外務省の本音ならいいのだが。

慰安婦問題、こう着も=世論の後押し乏しく

いわゆる従軍慰安婦問題などを議論する日韓局長級協議は継続となり、韓国側が当初、期待していた年内の決着は困難になった。双方の立場の開きが大きい上、歩み寄りに向けた両国世論の後押しにも乏しいことが進展を難しくしている。両国首脳間で加速化を確認した協議だが、こう着状態に陥る可能性もある

15日の協議は予定された約3時間で終了。韓国外務省の李相徳東北アジア局長は記者団に、次回会合について「今年中は難しい」と述べ、あっさり白旗を揚げた。日本政府関係者は「平行線だった」と語った。

政府は韓国側に、在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去を求めている。だが、像の撤去については、外務省にすら「韓国の国民感情が許さないだろう」(幹部)との見方が根強い。政府は、1965年の日韓請求権協定による「完全かつ最終的な解決」に基づき、問題を将来的に蒸し返さない確約も要求しているものの、朴政権が将来の政権まで縛ることには懐疑的だ。

一方、韓国側は被害者支援団体に法的責任の明確化を求める声があることを踏まえ、「被害者が納得できる解決」を要求している。日本政府内では、元慰安婦らへの人道支援を拡充する案が取り沙汰されているが、「日本の世論が『解決しろ』との声になっていない」(政府関係者)という環境下では、安倍政権も容易には踏み込めない

日本側としては、17日に予定される、朴槿恵大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞前ソウル支局長への判決も見極めたい考えだ。仮に有罪となれば、慰安婦問題解決の機運がそがれるのは必至。ある外務省幹部は「この問題は無理して決着する必要はない」と述べ、解決を急がない姿勢を示した。 

時事 2015.12.15[2]

2015/12/13

[メモ] キム・ボクトンに大韓民国人権賞

橋下徹はクルクルパー

自由の為に戦う英雄100人」、7月にはソウル市女性賞を受賞したキム・ボクトンにまた一つ勲章。

元慰安婦の金福童さんに大韓民国人権賞

旧日本軍の元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さん(89)が「2015大韓民国人権賞」の受賞者に選ばれた。人権賞が元慰安婦に贈られるのは初めて。

国家人権委員会は10日午前、ソウル市鍾路区の政府ソウル庁舎で、67回目となる「世界人権デー」の記念行事を行い「慰安婦問題の解決や戦時下の性的暴力被害者の人権の回復に貢献した」として、キムさんに国民勲章牡丹章を授与した。病気のため授賞式に出席できなかったキムさんは、ビデオメッセージを通じ「私は90歳になろうとしているが、慰安婦問題が早く解決されなければならない」と感想を述べた。


2015/12/12

脱韓国でKAFCの慰安婦問題延命策(米国)

SF議会で中国系とのパイプも構築
脱韓国で問題の延命を図る?

韓国政府が日本政府と手打ちをするかもしれないと聞いて、KAFCのキム事務局長は心穏やかでない様子。韓流が韓国政府の文化輸出振興策を後ろ盾にしていたように、慰安婦問題も官民挙げた韓国の盛り上がりが、アメリカでのプチブームを支えている。キム・ヒョンジンのようなプロモーターにすれば、本国の雲行きが怪しいと聞いて心配になるのは当然だろう。

しかし、韓国政府に慰安婦問題を代表する資格はないと言い出した彼女は、韓国を切り捨ててもアメリカでの慰安婦問題の永続化を図る覚悟を決めたと見える。このままではアメリカの慰安婦騒動は種火のままで終わってしまう。KAFCにとって焦眉の課題は、慰安婦問題の現地化、定着化である。日本軍慰安婦犯罪には11カ国の被害者が存在する、よって、韓国政府がこの問題から降りても終わりではないと予防線を張っている。決定するのは、我々支援団体とハルモニであると。

キム・ヒョンジンとイ・ヨンス(グレンデール)
「活動家ハルモニ」

KAFCの主張は、現在の挺対協のそれよりも原理主義である。責任者の処罰など挺対協だってもはや言っていない。アメリカは慰安婦キャンペーンのフロンティアである。よって、ここでは本国よりも原始的な慰安婦教が温存されているのだろう。

「韓国政府は慰安婦犠牲者の代表ではない」キム・ヒョンジョンKAFC事務局長

「慰安婦解決法は簡単…11ヶ国の被害者に答えよ」

「慰安婦問題の主体は韓国政府ではない」。最近、韓日政府間で(?)慰安婦問題を協議するのと関連して、カリフォルニア韓米フォーラム(KAFC)のキム・ヒョンジョン事務局長が問題点を強く批判し、慰安婦問題の解決策を提示して関心を呼んでいる。

キム局長は先月29日、ニューシスとのインタビューで、「韓国政府は11ヶ国にまたがる犠牲者を代表していない。日韓政府間の双務(?)交渉は、世界の他の犠牲者たちと彼女たちのために活動する人権団体の強い反発を呼び起こすだけだ」と主張した。

ロサンゼルスを中心に活動するカリフォルニア韓米フォーラムは、2007年に米国下院が慰安婦決議案を採択するのに貢献した主役の一人であった。 特にキム局長はイ・ヨンス・ハルモニが歴史的な議会聴聞会で証言をする際に通訳を担当するなど慰安婦被害ハルモニがアメリカに来る毎に分身のように同行する主人公だ。

この9月、アメリカの大都市で初めてサンフランシスコ市議会が慰安婦顕彰碑の建立決議案を通過させる時、イ・ヨンス・ハルモニと共に再び歴史の現場を守った。

キム局長は「日本政府が日本軍慰安婦交渉の早期妥結の条件として少女像の撤去を持ち出したのには、一言で言って呆れる」「少女像は、戦時中日本に連行され、性奴隷として残酷な生と死を強要された11ヶ国数十万人の被害者を記憶し、 再びこのような反倫理犯罪が起きないように警戒心をするために作られた芸術作品であるのに、少女像の撤去を条件にしてどんな『妥結』がなされるというのか」と叱責した。

彼女は「日本側と10回余り会い『慰安婦問題』解決のための交渉を進めてきた韓国政府は、歴史の真実を正面から否定するこの呆れた『条件』に対し、どんな対応を準備しているのか」と語り、「困難を生きる慰安婦サバイバー・ハルモニに対する支援を削減した韓国政府が、果たして日本政府を相手に堂々とハルモニを代弁できるか疑問だ」と指摘した。

続けて「日本政府の立場は明確で確固としている。 日本軍性奴隷システムを作り運営したことに対して決して公式に認め謝ってはいない」としながら「窮地に追い込まれれば口では村山談話と河野談話を継承すると言い毎年5億ドルの予算で政界や言論界、学界および社会団体を着々丸め込んでいる」と語った。

実際に日本は安倍の河野談話修正の試みをはじめ、靖国神社参拝、国連人権報告書やマグロウヒル社教科書の修正要求、サンフランシスコの顕彰碑建立決議案に対する遺憾表明など粘り強くかつ執拗に過去の歴史を矮小化、美化、否定、正当化する作業を始めている。

これに対し韓国政府が立ち上がり、昨年4月から1年半を越える間に10回余り局長級会談が行われたが、交渉は一歩も進展しなかった。 最近韓日首脳会談の後は、むしろ日本の攻勢に押されているという印象を与えている。

キム局長は「日本はこの問題を戦争犯罪で普遍的な人権問題ではなく、韓日間の外交紛争の一つと見たい。韓日間の両方の業務協定に追い込むのもそういう戦略」としながら「活動家ハルモニたちとハルモニを支援してきた支援団体および国際連帯団体などが当事者になり、その間議論を経て整理された解決策を提示し、その実施方法を議論しなければならない」と明らかにした。

この過程で韓国政府は他の被害国政府を接触し、該当国家の被害者の権利が最大限反映されるように架け橋の役割を担いハルモニたちに対するあらゆる支援を行う必要があるということだ。

キム局長は日本政府に20年以上犠牲者が要求している7つの要求項目が、これまで議論された解決策としながら安倍政府のための明快で容易な解決策は11の当事国の犠牲者の要求に応じることだと強調した。

7つ解決策とは▲ 1932年から1945年まで日本帝国主義軍隊が強要した性奴隷行為認定▲慰安婦犯罪に関する全面的調査▲日本の国会の公式謝罪▲すべての犠牲者に対する法的賠償▲犯罪責任者の訴追▲日本の教科書と歴史の本を通じた教育▲犠牲者に関する記念物日本軍性奴隷歴史保存博物館の建設などだ。

キム局長は「以上の要求は戦争犯罪と人権侵害(違反)に対する国際的規範にともなう措置だが、日本政府は何もしていない」として「と同時に(?)いつまで謝れと言うのかと白い話をする。 日本はドイツがそうであったように過去の人権犯罪を完全に解決することによって地球村の信頼に答えなければならない」と繰り返し力説した。

ニューシス 2015.12.1 [2]

2015/12/11

グレンデールで慰安婦の追悼式、13歳の従軍者も現れ


グレンデール市によって像の存在は公認されているにしろ。祭壇まで設けて公園を勝手に慰霊の場にしてしまうKAFC。韓国で「ハルモニ」が亡くなる度に、彼らはここで追悼式を執り行っている。今回は、先日死去したチェ・カプスンの為の追悼式。チェ・カプスンは15歳の時に日本の巡査に連行されたということになっている。式には、第二次大戦に参加し「日本の蛮行」を目撃したと主張する老人も登場。事実なら当時13歳以下であったはずだが・・・。この老人は朝鮮戦争にも参加したとも言っているが、もしかして朝鮮戦争でも日本軍が蛮行を働いたと言っているのだろうか?

こちらはキム・タルソンと
キム・ウェハンの告別式(6月)

グレンデールに故慰安婦ハルモニの焼香所

韓国で5日死去した日本軍慰安婦被害者チェ・カプスン(96)ハルモニを賛えるロサンゼルス韓国人社会の焼香所がグレンデール慰安婦平和の少女像の前にしつらえられた。

カリフォルニア韓米フォーラム(KAFC)が8日グレンデール平和の少女像の前に準備した焼香所には日本軍慰安婦被害者ハルモニを賛えるために韓国人が集まり追悼行事を行った。

キム・ヒョンジョン事務局長は「2013年から慰安婦被害者ハルモニが亡くなるとここで必ず焼香所を設けている」「人々の記憶の中に彼女たちの痛みが忘れられられないように努める」と語った。

この日焼香所を訪れたイ・カンウォン(83)さんは「第2次大戦と6・25韓国動乱(朝鮮戦争)に参加して日本の蛮行を見た」「慰安婦ハルモニに対する補償は国家と国家で必ず解決しなければならない」と語った。

The KoreaTimes 2015.12.9[2]

韓国人老夫婦 「この目で見たんだ」

グレンデール市の慰安婦像は怪しげな人間を引き付けるようで、2年前にも似たような出来事があったということである。この流れで行くと、いずれ戦後生まれの朝鮮人元日本兵が日本軍の蛮行を語っているかもしれない。

しばらくして、老夫婦は帰ろうとして歩き始めた。ところが急におじいさんが、ボクの方に向きなおり、ややおぼつかない足取りで近づいてきた。

「わたしは、今86歳だよ。実際に戦争に行ったんだよ。10代のときに、日本軍が家にやって来て、男子は全員無理矢理戦地に連れて行かれたんだ。女子みんなも無理矢理連れて行かれたんだ。この目で見たんだ。」

ジャパラ 2013.8.1


글렌데일에 별세 위안부 할머니 분향소

한국에서 지난 5일 별세한 일본군 위안부 피해자 최갑순(96) 할머니를 기리는 LA 한인사회 분향소가 글렌데일 위안부 평화의 소녀상에 마련됐다.

가주한미포럼이 8일 글렌데일 평화의 소녀상 앞에 마련한 분향소에는 일본군 위안부 피해자 할머니들을 기리기 위해 한인들이 모여 추모 행사를 가졌다.

김현정 사무국장은 “2013년부터 위안부 피해자 할머니가 돌아가시면 이곳에 항상 분향소를 마련하고 있다”며 “사람들의 기억 속에 이들의 아픔이 잊혀 지지 않게 노력할 것”이라고 말했다.

이날 분향소를 방문한 이강원(83)씨는 “2차 대전과 6·25전쟁에 참여하면서 일본의 만행을 봤다”며 “위안부 할머니들의 대한 보상은 국가대 국가로 꼭 해결해야 한다”고 말했다.

2015/12/07

国辱の場、朝鮮総督府跡に慰安婦公園を

朝鮮総督府

日本政府から慰安婦像の撤去要請を突きつけられている韓国政府。挺対協は抵抗するだろうから難しくはあるが、実現不可能というわけでもないだろう。考えられるのは、おだて作戦である。像を政府公認にしてやろうとか、もっと良い場所に移してやろうなどと持ちかけてやれば、あるいは・・・。

挺対協も覚悟はしているはずだ。そして、現実的に移設するとすれば、ここということになるのか?挺対協などは慰安婦追悼公園を計画中。場所は、キム・ヨンサム大統領が96年に取り壊した朝鮮総督府跡地。「国辱の場」に慰安婦を記念する公園を作り、加害者(日本)に対抗しようと、保守と進歩派の女性たちが力を結集。反日に右も左もあるものか。彼らに言わせると、そこは「東アジアで暴力時代が本格化した象徴的空間」なのだそうだ。「真の平和を目指し努力する歴史の場にしたい」などと言っても、とどのつまりは反日。

・・・壊しちゃった(96年)

高齢の「ハルモニ」に代わるアイコンが必要とされている今だからこそ、像であり、公園なのだろう。彼女ら自身がそれを認めている。「日本軍慰安婦加害者が待っているのは記憶の消滅であり・・・私たちは忘却と対抗することを始めようと思う」

追悼公園「記憶の場」建設パフォーマンス
水曜デモ

参考: 慰安婦で韓国、今度は公園造成へ ソウル中心部、支援団体が計画発表 (産経 2015.11.25)

 慰安婦追悼公園 ソウル南山近くの統監官邸跡に建設へ (朝鮮日報日本語版 2015.11.25)


庚戌国辱現場に追悼公園「慰安婦記憶の場」作る

女性界、挺対協の水曜デモの場で建設宣言式…来年光復節まで建設目標

1910年の韓日強制併合条約が締結された庚戌国辱の場である南山近くのソウル市芸場洞の統監官邸跡に追悼公園「慰安婦記憶の場」が作られる。

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は汎国民民間機構である「日本軍慰安婦記憶の場建設推進委員会」を今月10日構成し、追悼公園建設のために全国的な市民募金運動を始める予定だと25日公表した。

推進委はチェ・ヨンヒ タクティンネイル理事長が常任代表を引き受けて、進歩派の女性団体の集いである韓国女性団体連合のキム・クモク代表と保守派女性団体の集いであるチェ・クムスク韓国女性団体協議会会長、ユン・ミヒャン挺身隊対策協常任代表、チャ・ギョンエYWCA会長イ共同代表を引き受けるなど女性界が大挙参加した。

推進委は歴史的象徴性がある候補地を数ヶ所を置いて調査し、妥当性を検討したあげく南山の統監官邸跡に追慕公園を建設することにした。

統監官邸跡が大韓帝国が滅びた席であり植民統治者の本拠地・心臓部であり、東アジアで暴力時代が本格化した象徴的空間だという点を考慮したのだ。

推進委は記憶の場所造成主旨文で「日本軍慰安婦加害者が待っているのは記憶の消滅であり、忘却は相変らず持続している遅い形態の加えて」として「私たちは忘却と対抗することを始めようと思う」と追慕公園建設の意味を説明した。

推進委はこの日昼間12時ソウル、中学洞の元日本大使館の前で開かれた挺対協主催「第1206回日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモ」で慰安婦被害ハルモニ238人を示す数字である238が使われたパネルにおばあさんの姿が入れられたステッカーを付けるパフォーマンスを行った。

推進委員会の関係者は「現在の敷地確保のためにソウル市と協力している」として「来年光復節まで建設することが現在の目標」だと説明した。

統監官邸はたく光復(解放)以後国立民族博物館と国立博物館、連合参謀本部庁舎として使われ、特別な記録もなしで取り壊され、現在の公園が造成されている。

聨合ニュース 2015.11.25[2]

경술국치 현장에 추모공원 '위안부 기억의 터' 만든다

여성계, 정대협 수요시위 현장서 건립 선포식…내년 광복절까지 건립 목표
(서울=연합뉴스) 권영전 기자 = 1910년 한일강제병합조약이 체결된 경술국치의 현장인 남산 인근 서울 예장동 통감관저터에 추모공원인 '위안부 기억의 터'가 마련된다.

한국정신대문제대책협의회(정대협)는 범국민 민간기구인 '일본군 위안부 기억의 터 건립추진위원회'를 이달 10일 구성했으며, 추모공원 건립을 위해 전국적인 시민 모금운동에 나설 예정이라고 25일 밝혔다.

추진위는 최영희 탁틴내일 이사장이 상임대표를 맡고, 진보성향 여성단체들의 모임인 한국여성단체연합 김금옥 대표와 보수성향 여성단체들의 모임인 최금숙 한국여성단체협의회 회장, 윤미향 정대협 상임대표, 차경애 YWCA 회장이 공동대표를 맡는 등 여성계가 대거 참여했다.


추진위는 역사적 상징성이 있는 후보지 몇 곳을 놓고 조사해 타당성을 검토한 끝에 남산 통감관저터에 추모공원을 건립하기로 했다.

통감관저터가 대한제국이 망한 자리이자 식민통치자들의 본거지·심장부였으며, 동아시아에서 폭력시대가 본격화한 상징적 공간이라는 점을 고려한 것이다.

추진위는 기억의 터 조성 취지문에서 "일본군 위안부 가해자들이 기다리고 있는 것은 기억의 소멸이며, 망각은 여전히 지속하고 있는 느린 형태의 가해"라며 "우리는 망각과 맞서는 일을 시작하고자 한다"고 추모공원 건립의 의미를 설명했다.

추진위는 이날 낮 12시 서울 중학동 옛 일본대사관 앞에서 열린 정대협 주최 '제1206차 일본군 위안부 문제해결을 위한 정기 수요시위'에서 위안부 피해 할머니 238명을 가리키는 숫자 '238'이 쓰인 패널에 할머니들의 모습이 담긴 스티커를 붙이는 퍼포먼스도 벌였다.

추진위 관계자는 "현재 부지 확보를 위해 서울시와 협력하고 있다"면서 "내년 광복절까지 건립하는 것이 현재 목표"라고 설명했다.

통감관저터는 광복 이후 국립민족박물관과 국립박물관, 연합참모본부 청사로 사용되다 별다른 기록도 없이 헐렸고, 현재 공원이 조성돼 있다.


2015/12/05

パク・ユハ「韓国の研究者も強制連行説信じてない」


毎日新聞とのインタビューで、韓国の研究者も慰安婦が必ずしも「強制連行被害者」ではない事を承知しているとパク・ユハ教授が明かしている。また、河野談話が強制連行と無関係であることについて、河野洋平が彼女に同意したとも語っている。

パク・ユハ教授の主張は、(少なくとも)朝鮮半島ではなかったというものなのだが、教授によれば、韓国の研究者達はそれと知りつつ「それまで言っていたことを守るために公には言わない」のだそうである。まぁ、想像はしていたが。

もう一つ、強制連行を認めたものか否かで長く議論になっていた河野談話について。これは、日本政府による検証で強制連行を認めたものではないと決着したが、河野洋平がちゃんと説明すれば韓国もいくらか冷静になってくれるのだろうに、彼はそれをせず逆に紛らわしいことを言うものだから、今だに韓国メディアに「河野洋平元官房長官は・・・明らかに強制連行があったとの認識を示した」などと書かれる始末。ところがである。パク教授は、河野洋平が談話は強制連行を認めたものではないと言ってくれた、自分の見解に同意してくれたと話している。一体どっちなのか?河野のあやふやな態度と言説は、日韓両国にとって極めて有害になっている。

−−アカデミズムの中でも慰安婦問題については表現の自由、学問の自由がなかったということか。

◆それはとても複雑な問題だ。(元慰安婦は)強制連行(された)という見方に対し、(慰安婦問題を)研究していた人たちは(強制連行とは)違うということもちょっと分かってきたはずだ。学界の中ではもちろん(そういう話が)出ていた。しかし、公には出ていない

そうした中で「そんなことは知っている、しかしそれを公に言うのは問題だ」という人もいる。そういう意味では(表現、学問の自由のなさは)あったかもしれない。

「軍人が連れて行った」という支援団体が出した情報を公式に修正したことは一度もない。それが私は問題だと思う。強制連行説とは違う(必ずしも強制連行ではないとの)見方が注目された時、「そんなことは知っている」というふうに言う。公に修正すべきなのに、それまで言っていたことを守るために公には言わない。そういうことが起きているのはとても問題だ。

「朴裕河の主張は間違っていないかもしれないが、日本が謝罪していないのになぜそれを公に言わなければいけないのか」と言う人もいる。だが、皆これまでの枠組みを守るためにそう言っているとしか考えられない。

(中略)

−−検察の判断資料の中に旧日本軍の関与を認めた河野洋平官房長官談話(1993年)があったが、声明の賛同人に河野洋平元衆院議長自身が名を連ねている。

◆そうだ。私を批判した人たちが「河野談話」を根拠にしているから、(談話の)読み方自体が違うわけだ。私は談話を強制的連行じゃないと読んでいるが、批判する人は強制連行と読んでいる。それは間違いだと(河野氏があるインタビューで)おっしゃってくださり、私に同意してくださったので、うれしかった。ただ、韓国にはあまり届いていないと思う。

毎日(一部) 2015.12.3

2015/12/04

慰安婦像は日本人に韓国を軽蔑させる(韓国人作家)

こんな事を許せば
「世界中の大使館の周りは銃声のない戦場になる」

日本大使館前の慰安婦像。「平和の碑」などと言っているが、本音は日本に対する嫌がらせだろうということは韓国の人々も気づいているのだろう。ただ、それを言うには勇気がいる。しかし、韓国内でも少しずつ声が上がるようになってきたようである。

職業は小説家。この人が言うやう。・・・大使館前を日本批判の為の場に利用している、こんな事を許している国はない、韓国メディアは国際社会に恥を曝された日本が面子の問題で撤去を要請していると報じているが、日本政府の要求は国際的にも常識的なものだ、あの像のせいで普通の日本人まで韓国を軽蔑の目で見るようになる、と。

「安倍総理が日本大使館の前の慰安婦少女像を撤去して欲しいと要請した意図も、深く考える必要がある」

途中奇妙な安倍晋三による陰謀論が展開されたり、日本大使館前の慰安婦像を批判しながら海外の慰安婦像設置ラッシュを肯定するかのようなチグハグさも認められるが、これは自分を襲うかもしれないバッシングから身を守るための予防線なのかもしれない。やはり、韓国で「慰安婦キャンペーン」に反対するには覚悟がいるのだろう。韓国では絶対悪とされている安倍を喜ばせると言えば、批判をかわせるというわけか?

『帝国の慰安婦』起訴に付し

11月2日ソウルで行われた韓日首脳会談で、日本の安倍晋三総理が鍾路区にある日本大使館前の慰安婦少女像の撤去を求めた。

2011年イ・ミョンバク大統領と野田佳彦総理間の首脳会談でも、野田前総理が同じ要求をした。 韓国メディアは、大使館の前の少女像が日本の「国家イメージ」を失墜させるために、そういった要請をした(?)のだと言う。

韓国と日本が国交を結び大使館を設置することになった時、両国は大使館の地位と(大使館の)周辺管理に対する覚書を交換したろう。大使館の周囲は大使館を設置した国に対する攻撃や嫌悪(?)が禁止された空間だ。そうでなければ、世界中の大使館の周りは銃声のない戦争が展開する戦場になるだろう。知ってのとおり、地球上には韓日両国に匹敵するライバル関係(?)が少なくないが、すべての国が韓国を模範にすると考えてみればいい。 宣戦布告までは、お互いに対する友好が仮定される象徴的な空間が大使館だ。 日本の総理の要求は外交覚書と国際外交慣例に基づいたものだと見なすべきだ。

安倍総理が日本大使館の前の慰安婦少女像を撤去して欲しいと要請した意図も、深く考える必要がある。 安倍総理の要請が本気であれば、首脳会議に先立ち韓国政府と韓国民の心を開くプレゼントを持参せねばならなかった。 だが、彼は今年一年の間、日本政府が軍隊慰安婦の募集の強制性を認めた「河野談話」をひっくり返そうと努めた張本人だ。 それだけに、自身の要求がとんでもない事はよく分かっていただろう。 それでもあんな「ショーを行ったのは自分の支持基盤を広く固めることができるからだ。 韓国メディアは日本大使館の前の慰安婦少女像が日本の首に吊るした「トゲ」と感じるが、安倍のような右翼勢力には「알박기のように흥감한(嬉々として騒ぐといったような意味か?)こと。 自国の大使館の前に設置された「嫌悪・敵対」物(?)は普通の日本人まで嫌韓に転じさせる(?)という話だ。

ここにマキャベリが君主にした幾つかの忠告を代入してみよう。 マキャベリは君主が民から「愛」されるのが最善だがそれは実現するのが難しい願望(?に過ぎない)という。 そこで示した次善の策が、国民に君主を「恐れ」させることだ。 それと共に君主が必ず避けなければならない最悪(の選択肢)は、国民が君主を「軽蔑」させる事態だと言った。 日本大使館の前の慰安婦少女像は日本人たちに、韓国を軽蔑させる。 慰安婦問題の真実と関係なく、日本人は韓国を「自分勝手」と考えるだろう。 日本人たちに、韓国を恐れさせるには、大使館の前の慰安婦少女像を撤去する代わりに、全国の町ごとに一つずつの慰安婦少女像を建てることだ。 おそらく式恐れ(?)するだろう。 だが、イ・スンマン以来の親日派が勢力を伸ばしてきた韓国では不可能だ。 葛藤は民族主義の動員を可能にする資産だ。 現在の韓日政府には少女像が必要なのだ

2011年12月14日に建てられた日本大使館前の平和の少女像(慰安婦少女像)は大きな仕事をした。 この銅像があったので慰安婦問題解決のための水曜集会がはずみをつけたし、海外まで銅像の設置が続いた。 だが適当な契機でこの銅像は他の場所に移さなければならない。 こう言えば私もこれから親日派になるのだろうか?健全(?)な社会なら、より多様な意見を受け入れるべきだ。

パク・ユハの『帝国の慰安婦』(2013)は、今年2月裁判所から34ヶ所を削除するようにという判決を受け、伏字処理された削除版を6月に出版した。 ところで初めに著者を告訴した慰安婦の関連団体は「伏せ字処理」が自分たちをもてあそんだことで、出版中止を要求した。 日帝強占期間に伏せ字処理された本が誘って出たが、日帝警察もそれまでケチをつけることはなかった。 ところで今回は検察が出版物による名誉毀損で著者を起訴した。『帝国の慰安婦』が民族・国家・男性が独占してきた公式の歴史と異なる声を出して見たら、慰安婦に対する固定された常識と衝突する部分がある。 意見の相違がなければ考える必要もなく、思想は生じえない。

小説家

韓国日報 2015.22.17 [2] [原文]

2015/12/03

慰安婦に拘るのは若者の為(韓国元首相のエクスキューズ)

「日本!!お前なんか大嫌いだ!」

大統領が慰安婦問題にこだわっているのではない、大統領は若者の気持ちを代弁しているだけ、慰安婦問題の解決(韓国政府の要求)は、「若い層の要求と理解してほしい」、と韓昇洙元首相

日本時代を知る年寄りよりも、若者の方が反日だと言われる韓国。原因は反日教育であろうに、韓国政府はそれを改めるどころか、殊に慰安婦問題に関しては強化する方向にある。そうして自らが作り上げた反日の申し子達。そんな彼ら若者たちのせいにするとは・・・。

「韓国の若い層の要求と理解してほしい」

韓国の韓昇洙元首相は12日、従軍慰安婦問題で朴槿恵政権が日本に早期解決を求めていることについて、「韓国の若い層の要求と理解してほしい」と述べ、日本側に前向きな対応を促した。ソウルでの時事通信など日中韓3カ国報道機関の共同取材で語った。

日本政府は慰安婦問題に関し、1965年の日韓請求権協定で「解決済み」との立場を取っている。韓氏は「日本では朴大統領が(慰安婦問題に)こだわっていると思われているかもしれないが、そうではない。大統領は国民、特に若者の考えを代表している」と話した。(以下略)

時事(一部) 2015.11.12[2]

2015/11/29

TV朝鮮が在特会を取材、慰安婦を洋公主になぞらえたと憤懣?

在特会を取材するイ・テヒョン記者

テレビ朝鮮が在特会を取材した[2]在特会の幹部らが、日本軍慰安婦をこともあろうに売春婦、すなわち洋公主(駐留米軍用の慰安婦)になぞらえた上に、強制徴用(強制連行)についても、証拠を出せと言い逃れした、ということなのだが・・・。

もしかしたら、在特会は出鱈目な事も言っていたのかもしれない。歴史的事実を否定したり、日韓関係について嘘をついたり。その部分をテレビ朝鮮が隠しているのかもしれない。・・・なんの為に??

報道から見える限り、在特会の幹部らはまともな事しか言っていないのである。慰安婦騒動が始まるまで、韓国の新聞も米軍相手の娼婦を위안부(慰安婦)と呼んでいた。そして彼女たちは、「せめて医療費の心配だけでもなしに治療を受け」られる事を望んでいるオーマイ・ニュース。위안부(慰安婦)については、朝鮮日報の先輩記者に訊けば分かることである。「強制徴用」がなかったということも。

在特会の問題といえばヘイトスピーチだろうが、他国の国旗を毀損するような行為を是とする日本人は少ない。ましてや、日本政府がこうした振る舞いに共感しているなどという事は考えにく。しかし、韓国旗を踏みつけるデモ隊の映像の後に差し込まれる前田朗教授のコメント。「(日本の)政権政党自体が同じ思想を持っている」。編集されているとはいえ、彼なら言いかねないか。こういう日本人と、こういう韓国メディア。困ったものである。

日本の嫌韓「在特会に慰安婦について尋ねると「君たちの洋公主問題解決が先」

日本の「嫌韓」を助長する勢力の中心に「在特会」という団体がある。 在特会とは「在日特権、日本国内の外国人の特権を許さない市民の会」の事を(?)言い、彼らは「飢えて死ぬ日本人も多いのに、なぜ在日韓国人を保護するか」という論理を展開する。 彼らは「慰安婦は洋公主だ」と言い。日本軍慰安婦を売春女性になぞらえ、慰安婦の強制徴用に対しても「証拠を出してみろ」と言い逃れする。 産経新聞など日本の極右メディアも、日本国内嫌韓の雰囲気を煽っている。

以下はテレビ報道の原文

[アンカー]

このように日本の嫌韓を助長する勢力の中心に在特会、すなわち「在日特権、日本国内の外国人の特権を許さない市民の会」があります。 飢えて死ぬ日本人も多い中、なぜ在日韓国人を保護するのかとの主張(論理)を展開します。 「慰安婦は洋公主」と話す在特会の幹部とTV朝鮮が会いました。

イ・テヒョン記者です。


[リポート]

東京、秋葉原のみすぼらしい宿舎(マンション?)。日本の代表的な嫌韓団体、在特会の総本部です。 在特会の幹部は「竹島(独島)は日本の領土」と書かれた杭を入ったまま、嫌韓感情はもう日本人の一般的な感情(情緒)だと主張しました。

「(韓国に?)好感を持てますかっていうデータで、かなり厳しいデータが出た」
聞き取り、引用者

堀切笹美/在特会東京支部長

「日本人が韓国人に好感を持っているかの質問を見れば(?)、非常に低い結果が出るでしょう」

日本軍慰安婦を売春女性になぞらえ

「そんなこと言うんでしたら、お国の洋公主の問題を
どうにかする方が先なんじゃないんですか?」

川井誠二郎/在特会神奈川支部長

「慰安婦問題を言う前に、貴方の国の洋公主問題を解決することが先ではないのですか?」

慰安婦の強制徴用についても言い逃れます。

「軍刀を構えた警官が強制的にトラックに乗せて云々ていうのが
逆にあったんだったら証拠出して下さいよって話ですよ」

川井誠二郎/在特会神奈川支部長

「憲兵が強制的に女性たちを軍用トラックに追い詰めたというのなら(?)証拠を出してみなさい・・・」

フォースの韓国面に落ちた日本人

自民公明と同じ思想(前田朗教授)

嫌韓勢力を背中に負った安倍政権は、現在の国会に係留中の嫌韓デモ規制法案に나몰라라しています。

「政権政党自体が同じ思想を持っているので」

前田朗/東京造形大学教授

「今の日本の政権(?)与党はこのような極右団体のような思想を持っているので・・・」

23日靖国神社テロが発生し、産経新聞は「これまで(代々)韓国人や中国人がこのような犯行を犯してきた」と報道するなど極右メディアも嫌韓부추기에に再始動しています。

朝鮮日報 2015.11.28 [2]


参考: 産経 2015.11.24 「後絶たぬ靖国神社への放火・サイバー攻撃 『反日』外国人のターゲット

靖国神社は近年、放火やサイバー攻撃などの事件に巻き込まれてきた。大半は首相の参拝に反対する韓国籍や中国籍などの外国人による犯行で、「反日の象徴」として狙われた側面が強い。

慰安婦の孫を自称する中国人放火魔を政治犯として韓国政府が日本側への引渡しを拒否した、というような事も過去に起こっているというのも事実。

追記: 【靖国爆発】 韓国籍の男関与か ホテル捜索も事件直後に出国 (産経 2015.12.3)


日 혐한 '재특회'에 위안부 물으니 "당신네 양공주 문제 해결이 먼저"

일본 내 ‘혐한(嫌韓)’을 조장하는 세력의 중심에는 ‘재특회’란 단체가 있다. 재특회는 ‘재일 특권, 일본 내 외국인들의 특권을 용납하지 않는 시민모임’을 말하는 것으로, 이들은 “굶어 죽는 일본인도 많은데 왜 재일한국인을 보호하느냐”는 논리를 펼친다. 이들은 “위안부는 양공주”라고 말하며 일본군 위안부를 성매매 여성에 빗대고, 위안부 강제징용에 대해서도 “증거를 대보라”며 발뺌한다. 산케이신문 등 일본 극우 언론들도 일본 내 혐한 분위기를 부추기고 있다.

다음은 TV조선 보도 원문.

[앵커]
이렇게 일본내 혐한을 조장하는 세력의 중심에는 재특회, 즉 ‘재일 특권, 일본내 외국인들의 특권을 용납하지 않는 시민모임’이 있습니다. 굶어 죽는 일본인도 많은데 왜 재일한국인을 보호하느냐는 논리를 펼칩니다. “위안부는 양공주”라고 말하는 재특회 핵심간부들을 TV조선이 만났습니다.

이태형 기자입니다.

[리포트]
도쿄 아키하바라의 허름한 숙소. 일본의 대표 혐한단체, 재특회 총본부입니다. 재특회 핵심간부들은 ‘독도는 일본의 영토’ 라고 적힌 말뚝을 든 채, 혐한감정은 이제 일본인의 일반정서라고 주장했습니다.

호리키리 사사미 / 재특회 도쿄 지부장
“일본인이 한국인에 호감 있냐는 설문을 보면 매우 낮은 결과가 나올 겁니다.”

일본군 위안부를 성매매 여성에 빗대고,

가와이 세이지로 / 재특회 가나가와 지부장
“위안부 문제 말하기 전에 당신네 나라에 있는 양공주 문제를 해결하는 것이 먼저 아닐까요?”

위안부 강제징용에 대해서도 발뺌합니다.

가와이 세이지로 / 재특회 가나가와 지부장
“헌병이 강제로 여성들을 군용트럭에 몰아넣었다는데 증거를 대보라…”

혐한 세력을 등에 업은 아베 정권은 현재 국회에 계류중인 혐한시위 규제 법안에 나몰라라합니다.

아키라 마에다 / 도쿄 조형대 교수
“현 일본 집권 여당은 이런 극우 단체와 같은 사상을 갖고 있으므로…”

지난 23일 야스쿠니 신사 테러가 발생하자, 산케이신문은 “대대로 한국인이나 중국인이 이런 범행을 저질렀다”고 보도하는 등 극우 언론도 혐한 부추기에 다시 시동을 걸고 있습니다.

TV조선 이태형입니다.

2015/11/27

猪口議員からの反論本にダデン、スズキ教授ら憤慨 韓国政府も釣られ

外国人向けに文章に一工夫欲しかった

猪口邦子参議院議員が国際社会の誤解を解こうと、産経新聞の『History Wars』と呉善花の『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』の英語版を海外の識者に送っている。本を贈られたモンタナ州立大の山口智美が「歴史修正主義だ」などと先月騒いでいたが、宛名がMr.でもMrs.でもなくM.と書かれていたとかつまらない事ばかりで、史学的にどこが間違っているのかは指摘していないようである。山口同様、本を送られたアレクシス・ダデンテッサ・モーリス・スズキといった#アベニクシーな学者達も心穏やかではいられなかったらしい(三人とも例の187人声明の署名者)。

そしてこの度、韓国外交部のスポークスマンもこの件に関してコメント。日本側のこうした動きに多角的に対応していると、「戦時の女性の人権という普遍的人権の問題であることは、すでに国際社会が明確に判定を下した」、国際社会から今以上の反発を受けるだろうと日本側を牽制。自分たちだって官民で映画を作った本を配ったりしてるくせに。


個人的に言わせてもらうと、呉善花の英訳本のタイトル(Getting Over It)はアカデミックな場に送る本としてはどうかと思うし、『History Wars』は外国人読者向けに文体を工夫するという配慮に欠けていると思った。だが、それはともかく・・・本当のところ、韓国政府は慰安婦問題を人権問題だなどと思っていない。5億円もかけて「日本軍慰安婦および戦争犯罪資料集」の編纂を始めるというのだから。

政府「日本『慰安婦=人権問題』否定すれば米で反発呼ぶ」

「歴史歪曲本」米国配布に「動向注目、多角努力中」

政府は日本の右翼勢力が最近アメリカの専門家に日本軍慰安婦と関連した歴史的事実を否定する冊子を配布したことについて「アメリカをはじめとする国際社会の更に大きな反発に直面するだろう」と警告した。

チョ・ジュンヒョク外交部スポークスマンは24日、定例のブリーフィングで「日本軍慰安婦被害者問題は戦時の女性の人権という普遍的人権の問題であることは、すでに国際社会が明確に判定を下した事案」としながら「これを否定しようとする日本側のどんな動きも、アメリカをはじめとする国際社会の更に大きな反発に直面することになるだろう」と述べた。

チョ スポークスマンは日本の右翼勢力の書籍配布に対して「政府でもそのような動向をよく把握し、注目している」として「このような動きに対し、多方面で努力している」と述べた。

米国ワシントンの外交消息筋によれば、ワシントンD.Cと主な大学で東アジア問題を扱う学者と専門家たちに日本軍慰安婦問題と関連した書籍2冊が送られて来た。

二冊の書籍とは、日本産経新聞社が製作した『歴史戦争(History Wars)』とオ・ソンファ 拓殖大教授の『Getting Over It! なぜ韓国は日本叩きを止めるべきか』で、,慰安婦問題が操作されたなどといった主張を含んでいる。

(以下慰安婦問題と無関係なため省略)

韓国経済 2015.11.25[2] [原文]

学者に読ませるタイトルではないが

騒いでいるのは、アレクシス・ダデンテッサ・モーリス・スズキ。ダデンに至っては、こうした本を配るのはヘイトだと言っているらしい。対日スミア(中傷)キャンペーンに加担しておいて、言えた義理かと。「日本の右翼団体が配布するなら分かるが、政府与党の実力者政治家が出した」・・・スズキが韓国のニュースをチェックしていない事は、分かった。

余談だが、マイケル・ヨンもこの本を読んでいるとか。

「慰安婦否定」歴史歪曲本、米国の学者にばら撒いた日本

[猪口参議院議員が配布]

慰安婦を性的奴隷と呼んだと、米国を「日本の敵」と規定

「日本軍強制動員慰安婦」を全否定する内容の書籍がアメリカなどの一部の教授と専門家グループに広範囲に送りつけられている(配布)ことが、一歩遅れて知らされた。

ワシントンDCの外交消息筋は22日、「ワシントンDCを含めたアメリカ全域と一部のヨーロッパ諸国やオーストラリアなどのアジア専攻教授や学者に、慰安婦問題が操作されたという内容が書かれた書籍二冊が送りつけられている」と語った。

オーストラリア国立大のテッサ・モーリス・スズキ教授は先月末、外交専門紙「ディプロマット」に「日本の歴史戦争は終わっていない」というタイトルの文章を通じて実態を暴露した。 彼女は「日本の自民党の要人が世界各国の学者や言論人、政治家に不要な(?)本を最近送ってきた」として「韓国人慰安婦がお金のために嘘の証言をしたという内容の『History Wars』と日本帝国主義は善良だったという主張が入れられた『Getting Over It!なぜ韓国は日本叩きを止めねばならないか』という本だった」と話した。『History Wars』は代表的な日本の右翼メディア産経新聞社が刊行し、『Getting Over It』という韓国生まれで日本に帰化し、韓国叩きの先頭に立つオ・ソンファ (呉善花)拓殖大教授の本だ。 産経新聞は右翼を代弁したこの本で、日本軍が慰安婦を強制動員したという証拠がないにも関わらず1993年に河野談話が出されたと不満を提起した。この本は特に「性奴隷(sex slaves)」という用語を公式に使うアメリカを「日本の敵(enemy of Japan)」とまで規定した。 オ・ソンファは「西欧の帝国主義は野蛮で搾取的だったが、日本は韓半島を武力で占領することもなく、言論の自由まで保障するなど善良な帝国主義であった」と主張した

モーリス・スズキ教授は「この本を日本の右翼団体が配布するなら分かるが、政府与党の実力政治家が出したということは、レベルが違う(?)」とし、「彼女(猪口)は無名の個人によって日本関連の歴史が歪曲されたが、この本を読んで考えを改めよと強調した」と話した。本を配り書簡を添付した人物は代表的な右翼要人である日本の猪口邦子参議院議員であることが明らかになった。

今年のはじめアメリカをはじめとする全世界の歴史学者が日本の歴史歪曲を批判する声明を発表するのに貢献したコネチカット大のアレックス・ダデン教授は、「日本側から(?)この本を私に8冊も送ってきた」「アメリカやオーストラリア、日本、カナダ、フランス、イギリスなどの同僚の学者たちに続けて送ると聞いている」と話した。 ダデン教授は「公共外交という名の下にこのような形で書籍を配るというのは全世界が憂慮する憎悪(ヘイト?)行為」だと語った。

朝鮮日報 2015.11.24 [2] [原文]

※ アメリカを「日本の敵」とまで規定: うそ。第二章のタイトルが「米国は日本の敵なのか?」。文末に疑問符がついている。

2015/11/25

韓国、外交戦見据え日本軍慰安婦・戦犯資料集作成へ


慰安婦問題は普遍的な女性の人権問題だ!と言いつつ、こういう時は戦争犯罪とセットで扱うわけである。韓国の国史編纂委員会は、教育部の傘下組織ということである。

韓国 旧日本軍慰安婦・戦争犯罪資料集を発刊へ

韓国の国史編さん委員会は25日、太平洋戦争期の旧日本軍の慰安婦と戦争犯罪に関する海外の資料をまとめた「日本軍慰安婦および戦争犯罪資料集」の編さん事業を進めると発表した。

同委員会は、日本がこれまで刊行した資料集の誤りや歪曲(わいきょく)を正し、慰安婦問題などに関する研究の土台を提供するため、48億ウォン(約5億円)を投じ、2025年までに全30巻の資料集を発刊する。

米国、欧州、中国、日本などに分散している旧日本軍慰安婦の記録やB級、C級戦犯の裁判記録旧日本軍の強制動員とその被害状況に関する資料を検索し集める計画だ。

専門家の参加を積極的に誘導し、外交部、女性家族部、政府系の東北アジア歴史財団、ソウル大人権センターなどとの協力体制も構築する方針だ。


追加。日本の「戦争犯罪」の記録を集めるのは、対日外交の一環なのだそうである。


韓国が慰安婦資料集作成へ 予算なんと5億円超 来年から10年かけ30巻

韓国政府の国史編さん委員会は25日、従軍慰安婦問題や第二次大戦中の日本の戦争犯罪について、来年から約10年間で計約30巻にわたる資料集を作成する計画を策定、政府に計48億ウォン(約5億1千万円)を予算要求したと明らかにした。

同委員会関係者は「調査を通じて慰安婦問題での対応の基盤を整え、(日本と)歴史問題で対立した場合の外交力を高める」としている。

日本や中国、欧米などで幅広く資料を収集し、韓国外務省や女性家族省などにも協力を求め、2025年ごろの完成を目指すという。(共同)

産経(一部) 2015.11.25 [2]

25億円訴訟、SF連邦地裁「産経に対する裁判管轄権なし」


例の25億円訴訟のオチ。といっても、今のところ産経新聞に関する部分のみだが。

韓国の元慰安婦の女性2人が日本政府や産経新聞社などの日本企業を相手取って米サンフランシスコの連邦地裁に起こした訴訟で、同連邦地裁は24日(現地時間)、産経新聞社に関する提訴につき原告の訴えを却下すると書面で決定した。担当判事は、同連邦地裁に産経新聞社に対する裁判管轄権は認められないと判示した。

元慰安婦は今年7月、昭和天皇や天皇陛下、岸信介元首相、安倍晋三首相のほか、戦時中に旧日本軍と関係があったとされる日本企業や慰安婦問題について報道している産経新聞社を相手取って慰安婦1人当たり2000万ドル(約24億円)の損害賠償を求めて提訴した。

産経 2015.11.25 [2]

2015/11/22

[メモ] 「解決なくとも日本と協力」 韓国高官米研究者らに


アメリカが求める答えであるのと同時に、韓国内の世論もこれを受け入れる雰囲気に変わりつつあるという事なのだろう。

慰安婦問題で柔軟姿勢=対日改善の「前提ではない」-韓国高官

ワシントンを訪問した韓国の趙兌烈外務第2次官は19日、米国の朝鮮半島問題専門家らと懇談し、日韓関係について「慰安婦問題解決が他の分野の協力進展のための『関門』ではあるが、前提条件ではない。関係改善に向け、努力を続ける」と柔軟な姿勢を示した。韓国外務省が22日、発表した。

慰安婦問題が解決すれば各分野の協力をより加速できるが、解決していなくても日本と協力しないわけではないと韓国の立場を米側に説明した。

 また、対中政策に関しては「強固な韓米同盟を土台に、未来への投資という長期的、戦略的な意味で行っている」と強調。韓国は中国寄りになっていると疑う一部の見方を否定した。 

時事 2015.11.22 http://www.peeep.us/a857bfd8

5カ国の議員、国連本部で慰安婦問題糾弾へ(口実は女性の人権)

記者会見の様子(23日)
左端がイ・ジャスミン

イ・ジャスミン個人に関しては、あまり悪意を感じないが、「特定の国だけの問題ではない」というのは、諸外国も遠慮せずにジャパン・バッシングに加わって下さいという意味。韓国の国会議員が33人も参加するのに、イギリスやニュージーランドの議員もいるのに、日本の国会議員が一人もいないというのが証左か。

「紛争地域や自然災害地域の性奴隷、人身売買被害根絶のため」という口実で、日本軍慰安婦問題を国際化。手の込んだことをする。「女性の人権の被害例」・・・発起人のマイク・ホンダは、アメリカ軍慰安婦は無問題と言い張った男である。ニュージーランドやイギリスの議員は善意を利用されたという事なのだろう。

韓米など5カ国の議員ら 国連で慰安婦問題糾弾へ

韓国など5カ国の国会議員らが23日に米ニューヨークの国連本部旧日本軍の慰安婦強制動員問題などを糾弾する共同声明を発表することが20日、分かった。韓国与党セヌリ党の李ジャスミン議員が明らかにした。

李氏によると、韓国と米国、カナダ、ニュージーランド、英国の5カ国の議員らは23日、国連本部で紛争地域や自然災害地域の性奴隷、人身売買被害根絶のための国際的な議員の集まり「IPCVSS」(International Parliamentary Coalition for Victims of Sexual Slavery)の発足式を行う。共同設立者は李氏や、慰安婦問題で日本の謝罪などを促す2007年の米下院決議を主導したマイク・ホンダ下院議員ら5人。韓国からは20日までに与野党の議員33人が参加している。

IPCVSSは発足式で慰安婦問題の解決など、女性の人権向上を求める声明を発表する。

李氏は声明発表について、「慰安婦問題が特定の国だけの問題ではなく、世界が注目すべき女性の人権の被害例ということを強調するためのもの」と説明。「性奴隷人身売買など、女性人権問題を積極的に国際社会へ伝えたい」と述べた。

聨合ニュース 2015.11.20[2]

記事を追加: こちらの方が分かり易いか。韓国と繋がりのある外国の議員をメンバーに加えることによって韓国色を薄めようとしたわけである。「(日本)軍慰安婦問題を超え、性奴隷・人身売買など女性人権問題を国際社会に積極的に知らせる」と言うが、名を連ねた韓国の国会議員たちにどれだけ、その気があるのか。カモフラージュにしても民族比が偏り過ぎである。Yonah Martin(カナダ)とMelissa Lee(NZ)もソウル生まれらしい。

イ・ジャスミン議員、慰安婦問題解決共同声明発表

韓国、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、英国など5ヶ国の国会議員が、11月23日(現地時間)国連で紛争地域と自然災害地域の性的奴隷・人身売買被害者根絶のための国際会IPCVSSを発足する。発足と同時に初めての声明書で5ヶ国国会議員が共同で日本軍慰安婦被害者問題の解決をはじめとする女性人権向上のための声明を発表する予定だ。

IPCVSSは5人の共同設立者イ・ジャスミン大韓民国国会議員、マイケル・ホンダ(Michael Honda)米国連邦下院議員、Yonah Martinカナダ連邦議会終身上院議員、Melissa Leeニュージーランド国会議員、Fiona Claire Bruce英国下院議員と顧問団(Advisory Council)そして一般会員で構成される。

今回の共同声明は、韓国と縁を結び各国の政界で活発に活動している議員が一緒(発表?)にする事に意味がある。 また、5ヶ国の議員が国連で声明書を発表するのも慰安婦問題が特定国の問題でない、世界が注目すべき女性人権被害の事例という点を強調するためだ。

イ・ジャスミン議員は「各国の議員はこの会議を通じ、軍慰安婦問題を超え、性奴隷・人身売買など女性人権問題を国際社会に積極的に知らせることにした」として「今後女性人権問題にあって国際社会で韓国の地位向上に大きく寄与すると期待される」と明らかにした。

今回の国連(本部)訪問は国会女性家族委員会ユ・スンヒ委員長の積極的な支援があり、20日現在、33人の与野議員が会員に加入し、継続的に加入申込書を受けつけている。

(以下、国会議員名、省略)

大韓ニュース 2015.11.21[2]

이자스민 의원,위안부 문제 해결 공동성명 발표

한국, 미국, 캐나다, 뉴질랜드, 영국 등 5개국의 국회의원은 오는 11월 23일(현지시간) 유엔에서 분쟁지역과 자연재해 지역의 성노예ㆍ인신매매 피해자 근절을 위한 국제모임 IPCVSS를 발족한다. 발족과 함께 첫 성명서로 5개국 국회의원이 공동으로 일본군 위안부 피해자 문제 해결을 비롯한 여성인권 향상을 위한 성명을 발표할 예정이다.

IPCVSS는 5인의 공동설립자 이자스민 대한민국 국회의원, 마이클 혼다(Michael Honda) 미국 연방 하원의원, 연아 마틴(Yonah Martin) 캐나다 연방의회 종신 상원의원, 멜리사 리(Melissa Lee) 뉴질랜드 국회의원, 피오나 클레어 브루스(Fiona Claire Bruce) 영국 하원의원과 고문단(Advisory Council)그리고 일반회원으로 구성된다.

이번 공동성명은 한국과 인연을 맺고 각국 정계에서 활발한 활동을 벌이고 있는 의원들이 함께 한다는데 의미가 있다. 또한 5개국 의원이 유엔에서 성명서를 발표하는 것도 위안부 문제가 특정국의 문제가 아닌 세계가 주목해야 할 여성인권 피해사례란 점을 강조하기 위함이다.

이자스민 의원은 “각국 의원은 이 모임을 통해 군 위안부 문제를 넘어 성노예ㆍ인신매매 등 여성인권 문제를 국제사회에 적극 알리기로 했다.” 며 “앞으로 여성인권 문제에 있어 국제사회에서 한국의 위상 제고에 크게 기여할 것으로 기대된다”고 밝혔다.

이번 UN 방문은 국회여성가족위원회 유승희 위원장의 적극적인 지원이 있었고, 20일 현재 33명의 여야의원들이 회원으로 가입하였으며, 계속 가입신청서를 받고 있다.

강은희 김경협 김성찬 김세연 김영주 김제남 김태원 김희정 민병주 민현주 박대출 박영선 박윤옥 박인숙 서영교 신경림 신상진 신의진 심상정 안효대 원혜영 유승희 윤명희 이에리사 이학재 이한성 인재근임수경 장정은 장하나 전순옥 정병국 홍익표(가나다순)