2015/02/28

米国で慰安婦集団訴訟「日本の破廉恥、全世界に知らせる」

キム・ヒョンジン弁護士

法務法人靖世というのは、ソウルにある法律事務所らしい。キム・ヒョンジンなる弁護士は確かにこの会社に所属している。経歴を見るに、アメリカ生まれではなく大学卒業後にアメリカに渡った人物のようである。「日本政府と企業などの残虐性と破廉恥さを全世界に知らせる重要な契機になる」・・・ソウル大を出て海外でそれなりの経歴を築いても、ヘイトスピーチ。日本では高学歴の人間はあまりこういう事はしないものだが。

2兆円の賠償金とか一(?)万人の慰安婦が原告とか、ある意味、これも楽しみな裁判である。

光復(解放)70周年、日本政府と企業などの法的責任を問う集団訴訟アメリカで始まる

光復(解放)70周年をむかえる今年3月に慰安婦問題に対する日本政府と日本企業らの法的責任を問う集団訴訟がアメリカ、サンフランシスコ連邦裁判所で起こされる。

27日法務法人情勢のアメリカのキム・ヒョンジン弁護士は「今回の訴訟が慰安婦問題に関して日本政府と企業などの残虐性と破廉恥さ全世界に知らせる重要な契機になると考える」とし「慰安婦制度の設置と運営に対する日本の政府および企業などの組織的介入と責任の有無を国際的に判断を受けることを希望する」と明かした。

彼は「今回の訴訟の根拠がアメリカの外国人不法行為法(ATA)および国際法上の人道に反する罪などがなることであり、被告には日本政府はもちろん、三井や三菱のような日本の様々な大企業が含まれる」として「これだけでなく、性奴隷問題に関して天皇をはじめとする日本王室の人物らと政府の人間を被告に追加し、彼らの個人的責任を問うかどうかについて現在検討している」と話した。

現在の日本政府は慰安婦問題についての責任を回避するのはもちろん、むしろ日本の誤った立場を知らせるための広報を強化している一方で、生存している慰安婦被害者の数字はますます減っている。 これに伴い時間が過ぎるほど性奴隷問題についての実体的真実が埋もれてしまうという心配が増している状況だ。

アメリカのキム・ヒョンジュン弁護士は、今回の訴訟を4年間コツコツと準備してきたとし、今回の訴訟がわが国はもちろんアメリカ、中国、オランダなど全世界に生存している性奴隷犯罪犠牲者による集団訴訟の信号弾になると期待した。 彼は今後全世界の慰安婦被害者らと連帯して日本の責任を必ず糾明すると念を押した。

これに伴い、今回訴訟は原告である全世界の性奴隷被害者らと被告人日本政府、企業、個人の数がそれぞれ1(?)万人以上、1(?)千人(?)以上に達し、総請求額も20兆ウォン(?)規模と史上最大になると発表された。

UPKOREA 2015.2.27[2]

追記: 日本でも毎日新聞がこのニュースを報じた。

韓国:元慰安婦、米で提訴へ 「人道に反する罪問う」

旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性らが3月中旬にも、日本政府などを相手取り、米カリフォルニア州のサンフランシスコ連邦地裁に損害賠償訴訟を起こすことを検討していることが28日、分かった。原告側は人権問題に敏感な米国を舞台に救済を訴える考え。元慰安婦の親族や遺族は28日に遺族会を結成米国での訴訟などで連携する方針だ。

 弁護士によると、原告は米国や韓国に住む元慰安婦の韓国人で、今後は中国や台湾、東南アジアなどの元慰安婦にも訴訟への参加を呼びかける。「国際法上の人道に反する罪」を問い、1人当たり200万ドル(約2億4000万円)の賠償を請求する方針。「当時の統帥権者として責任は免れない」として、皇室を訴訟対象に含めることも検討しているという。

 この日発足した遺族会は14人。うち1人は、米国での訴訟に加わる元慰安婦の親族だ。遺族会側は「日本政府の公式謝罪と法的賠償を求めていく」と話している。

 米国では2000年にも、韓国などアジアの元慰安婦らがワシントンの連邦地裁で対日損害賠償訴訟を起こした。同地裁は01年、米国の裁判所に管轄権はないなどとして請求を却下。原告側は再審請求したが、06年に連邦最高裁に却下されている

毎日 2017.2.28


광복70주년, 일본 정부와 기업들의 법적 책임을 묻는 집단소송 미국에서 시작

광복 70주년을 맞는 올해 3월에 위안부 문제에 대한 일본 정부와 일본 기업들의 법적 책임을 묻는 집단 소송이 미국 샌프란시스코 연방법원에서 제기된다.

27일 법무법인 정세의 김형진 미국변호사는 “이번 소송이 위안부 문제에 있어 일본 정부와 기업들의 잔학성과 파렴치함을 전 세계에 알리는 중요한 계기가 될 것으로 생각한다”면서 “위안부 제도의 설치와 운영에 대한 일본의 정부 및 기업들의 조직적 개입과 책임여부를 국제적으로 판단받기를 희망한다”고 밝혔다.

그는 “이번 소송의 근거가 미국의 외국인 불법행위법(ATA) 및 국제법상 인도에 반한 죄등이 될 것이며, 피고중에는 일본 정부는 물론 미쓰이, 미쓰비시와 같은 일본의 여러 대기업들이 포함될 것”이라면서 “이 뿐만이 아니라 성노예 문제에 관해 일왕을 비롯한 일본 왕실의 인물들과 정부 인사들을 피고에 추가하여 그들의 개인적 책임을 물을 것인지의 여부를 현재 검토하고 있다”고 말했다.

현재 일본 정부는 위안부 문제에 대한 책임을 회피함은 물론 오히려 일본의 잘못된 입장을 알리기 위한 홍보 노력을 강화하고 있는 반면에 생존하고 있는 위안부 피해자들의 숫자는 갈수록 줄고 있다. 이에 따라 시간이 지날수록 성노예 문제에 대한 실체적 진실이 묻혀질 것이라는 우려가 커지고 있는 형편이다.

김형진 미국 변호사는 이번 소송을 지난 4년간 착실히 준비해왔다면서 이 번 소송이 우리 나라는 물론 미국, 중국 네델란드 등 전세계에 생존해있는 성노예 범죄 희생자들에 의한 집단 소송의 신호탄이 될 것으로 기대하였다. 그는 앞으로 전 세계의 위안부 피해자들과 연대하여 일본의 책임을 반드시 규명하겠다고 다짐했다.

이에 따라 이 번 소송은 원고인 전 세계 성노예 피해자들과 피고인 일본 정부, 기업, 개인의 숫자가 각각 만 여명과 천 여명에 달하며 총 청구 금액도 20조원 규모의 사상 최대의 규모가 될 것으로 알려졌다.

2015/02/27

韓国日本案で妥協? 手打ちに泣く人笑う人

日本政府はやる気満々

挺対協に○○タマを握られている韓国政府が、テレビで一旦は(挺対協の顔色をうかがい)蹴ったはずの日本案の受け入れを事実上表明か。そして、これに挺対協がなんの反応も見せていない。以前だったら、大騒ぎしたはずだが・・・。韓国メディアでも最近は妥協ムードが目につく。日本では問題解決の障害と名指しされるようになった挺対協。空気が読めるユン・ミヒャンは、ここは自重する他ないと判断したのではないか。

さてこうなると、日韓両政府は手打ちに動くだろう。既に今月、安倍首相の親書を持ってパク大統領と面会した二階総務局長が「日本の言い分はあるが理屈を並べるだけで問題解決しないのはおかしい」と述べている。河野談話の時の二の舞を心配する声も多いが、今度は国際社会注視の下である。手打ちのタイミングだと両政府は見ているのではないか。もっとも個人的には、こうしたゴネ得を許すべきではないと思っている。文句を言わずに死んで行った大多数の慰安婦が可愛そうだ。

「韓国政府は挺対協に遠慮していた」
野田内閣の首相補佐官長島昭久

下世話な話だが、勝ち負けを考えてみた。最大かつ唯一の勝利者はハルモニ(韓国人慰安婦)。最大の敗者は挺対協=面目丸潰れ。日本国は、どちらかと言えば負け組か。しかし、政府は少々の泥は被るつもりだろう。これまでも日本はそうして来たのだし。

ハルモニ最大の受益者。政治的妥協も、本人たちには知らされない
韓国政府妥協を拒んでいたのは圧力団体
日本政府×△二重取り許す。国際的には屈服のイメージ?
挺対協×20年来の法的解決要求を放棄

野田政権の解決案「念頭に」 慰安婦問題で韓国外相、当時は「拒否」

韓国の尹炳世外相は25日、ニュース専門局YTNに出演し、慰安婦問題で野田佳彦政権(当時)が2012年春に李明博政権(同)に打診し、韓国が拒否した解決案を「念頭に置きながら」打開を図りたいと述べた。

当時の案は、野田首相が李大統領に、日本の駐韓大使が元慰安婦女性に、それぞれおわびを表明し、日本政府の公金を元女性らに何らかの名目で支払うとの内容だったとされる。

元慰安婦の支援団体が日本に要求する、法的責任を認め謝罪、賠償するとの内容を含んでいないため韓国外交当局が韓国世論を説得できないと判断し拒否したと日本政府は分析している。

韓国では最近、外交当局者らが尹氏と同様の言及をしている。もう一度提案があれば検討すると誘いをかけているのではないか、との観測も出ている。

産経 2015.2.25[2]

2015/02/25

慰安婦遺族会発足


遺族会ねぇ。ソウルの慰安婦博物館はともかく、ナヌムの家などは20年もすれば寂れていそうな気がする。そう、2017年には近所に慰安婦人権センターも完成することになっているのだが・・・。

慰安婦被害者の遺族会 28日に発足=韓国

旧日本軍の慰安婦被害者が共同生活を送るソウル近郊の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)は25日、被害者の家族らによる遺族会が28日に発足すると明らかにした。

遺族会は日本の戦争犯罪を告発し、日本政府の公式謝罪や法的賠償を求めるとともに、慰安婦問題に関する被害者の証言活動や追悼事業などを支援する。亡くなった被害者2人の遺族やナヌムの家で生活している10人の家族が参加する。

生存者の平均年齢が90歳ほどの高齢で、健康悪化などにより証言などの活動が徐々に難しくなっているが、日本の妄言や歴史歪曲(わいきょく)の動きが強まっていることを踏まえ、被害者の家族らが慰安婦問題に自主的に取り組むことになった。ナヌムの家の付近に2017年ごろ、「慰安婦被害者人権センター」が設置されるとセンター内に事務所を設け、被害者支援や問題解決に向けた活動に取り組む方針だ。

遺族会発足までの道のりは平たんではなかった。慰安婦被害者の身内だと知られることを嫌がる人もいる。ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は「昨年から家族たちに意見を聞いたところ、快く賛同してもらい、遺族会を立ち上げることになった」と伝えた。

一方、ナヌムの家は28日、独立運動記念日「3・1節」の記念式を兼ね、慰安婦被害者の追悼式を開く。

2015/02/24

慰安婦PTSD調査、お婆さんらの反応が面白い件「あたしゃヒマじゃない!」


ちょっと前のニュースだったのだが、改めて慰安婦とのやり取りを読み直していたら、自然と頬が緩んでしまった。

「慰安婦だった時のことを夢に見るでしょ?当時の事を考えたりするでしょ?」→「考えねぇよ」→「腹が立つからですか?」→「考えないって言ってるだろ!あたしゃそこまでヒマじゃないよ!」→「結論: 当時の事を思い出すのを嫌がる メモメモφ(゚д゚)」

望む答えを引き出そうと前のめりになる調査官と、お年寄りの身も蓋もない返事が目に浮かぶようである。

「こうして人に会うのも嫌ですか?」→「嫌だ!(早く帰ってくれ)」→「結論。興奮しやすくなっている メモメモφ(・ω・`)」

ギャグでやっているとしか思えない(ちょっと脚色しました)。そういえば、慰安婦のPTSDと言えば「従軍慰安婦は・・・被害の程度はアウシュビッツの強制収容所からの帰還者が負ったと同じほどの被害『破局的体験後の持続的人格変化』(PTSDを凌駕する被害です)を負ったと東京高裁が認定したほどです」・・・なんて言っていた人もいました。「PTSD調査は本人が話をしたがらなければ不可能なため、調査対象者は15-20人ほどになると女性家族部は見込んでいる」そうである。20万人の内の0.01%?韓国政府は、このPTSD調査が日本政府との交渉に役立つと考えているらしい。「・・・国際社会に知らせる実証的な資料になるだろう」。お婆さんらは迷惑しているのではないか?勝手なものである。

元慰安婦のストレス障害、韓国政府が初の調査へ

韓国政府が光復(日本による植民地支配からの解放)から70年になるのに合わせ、旧日本軍の元慰安婦に対する心的外傷後ストレス障害(PTSD)の調査を本格的に実施することを決めた。

女性家族部(省に相当)の関係者は10日「これ以上遅くなる前に、被害者のおばあさんたちのPTSDなどの実態を正確に把握するつもりだ。年内に研究陣を集めて対象者を選定し、3年ほどかけて長期的に調査を進める」と明らかにした。これまで、民間レベルで元慰安婦に対するPTSD調査を実施したことはあったが、政府が自ら調査と研究を行うのは今回が初めて

PTSDは衝撃的な事故や体験が心のダメージとなり、繰り返しそのことを思い出したり、夢に見たりして強い恐怖や苦痛を感じるもので、慢性的なうつや不安症状、認知障害などの症状が出ることがある。

韓国女性政策研究院のキム・ドンシク研究委員は「(元慰安婦の)おばあさんたちに会い、70年がたった今も目に見えないPTSDが存在し続けていることを感じた。このことが体の病気にまで影響しているように思えた」と語った。また「もうあまり残っていないおばあさんたち一人一人に合わせた支援をするためにも、体だけでなく精神的な苦痛についても深層的な研究と診断が必要だ」と指摘した。

政府は、元慰安婦のPTSDの深刻性が研究で明らかになれば、日本との協議で重要な証拠になると期待している。女性家族部の関係者は「戦時の性的暴力被害の深刻性を国際社会に知らせる実証的な資料になるだろう」と話している。

2013年に政府が実施した元慰安婦に対するメンタル調査では、71.8%が「過去の慰安婦の体験によりストレスと精神的苦痛を受けた」と答えた。また、昨年に女性政策研究院が健康調査の一項目としてPTSDの調査を行った際、関連項目の回答者12人全員にPTSD関連の症状が見られた。当時のことを思い出すと汗が出たり息苦しくなったりする人が多かったほか、思い出すこと自体を嫌がる傾向もあった。

女性家族部の関係者は「これまでのメンタル調査は簡単なものだったため、PTSDがどれほど深刻なのか、おばあさんたちの生活にどう影響しているのかを把握できなかった。今回は医療者や慰安婦の専門家、心理学者などがおばあさんたちを長期的に見守り、深層的な調査を行うつもりだ」と説明した。例えば、医療者が数年にわたり担当の元慰安婦を頻繁に訪問し、話し相手をしながら調査を行う方法などが考えられる。

韓国政府に登録されている旧日本軍の元慰安婦は238人で、このうち生存者は53人(国内48人、海外5人)となっている。生存者の平均年齢は88.3歳と、ほとんどが高齢だ。PTSD調査は本人が話をしたがらなければ不可能なため、調査対象者は15-20人ほどになると女性家族部は見込んでいる。

同部は併せて、慰安婦に関する記録物を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録することを推進している。これに向け、上半期には慰安婦被害のあったほかの国とユネスコ共同登録を協議し、5月には関連の国際学術シンポジウムも開催する。また、12月には政府の『慰安婦白書』も発刊される。

2015/02/22

慰安婦セールスマン 米大に証言集売り込み中


反日セールスマン?
(モントクレア大)

韓国政府発行の証言集を英訳

韓国広報の専門家ソ・ギョンドク教授の同類か。アメリカで愛(韓)国商売の旨みを嗅ぎつけたらしい企業家のハン・ジス。アメリカで活動する彼は、真珠湾攻撃も慰安婦も同じく事実であり、醜い過去から学ぶことでアメリカと日本は真に友人になれると歯の浮くような無茶を言う。アメリカを巻き込もうとしているのだろうが、日本軍慰安婦とアメリカは無関係である。彼は、ここ数年の新規参入組だろうと思うが、既にネット上でサイバー慰安婦博物館を運営している。そして、慰安婦問題をアメリカに売り込むセールスマン役を買って出た。かねてからの約束通り、韓国政府発行の証言集を英訳して北米大陸に売り込みを始めたのである。

同大の二教授と

従軍慰安婦証言集英文版アメリカ配布中

米東部最大の企画会社メディアジョア(代表ハン)所属「日本軍性暴行サイバー歴史博物館」が配布する従軍慰安婦口述集英文版(Can You Hear Us?)が関心を集めている。

ハン・ジス社長は去る11日モントクレア大を訪れ、証言集の配布の背景を説明し、太平洋戦争時強制的に連行された従軍慰安婦被害ハルモニの恨みが極に達した絶叫は民族の痛みであり、多くの学生たちに知らせること女性の人権の名誉回復であり歴史の歪曲がこれ以上広がらないように学校当局が先に立つことを要請した。

Christopher Salvatore教授とGabriel Rubin教授は証言集の英文版‘Can You Hear Us?’本贈呈は非常に意義深いことであり、シンポジウムと講義に挿入する意向を明らかにした。

また、この大学のロースクールのKevin Dean Wronko教授らは従軍慰安婦映画「描きたいこと」の学内上映を積極的に検討すると強調した。

メディアジョアは1月8日から証言集の配布を行っており、アメリカ国内のアメリカ有名政治家、学者、言論人、大学図書館などに配布中ですでに30冊余りの慰安婦証言集の英文版をカリフォルニア(・・・)の大学図書館、テキサスの大学図書館とアメリカのマイク・ホンダ議員を含む政治家、ニューヨークやニュージャージーのジャーナリストなどに配布した。

特に2月オープンする日本軍性暴行サイバー歴史博物館(メディアジョア運営)フェイスブックおよびインスタグラムで確認することができる。

NEWSKANN 2015.2.16[2]

종군위안부 구술집 영문판 미국 배포 중

미동부 최대 기획사 미디어 조아(대표 한지수) 소속 ‘일본군 성폭력 사이버역사박물관’이 배포하는 종군위안부 구술집 영문판(Can You Hear Us?)이 관심을 모으고 있다.

한지수 사장은 지난 11일 몽클레어 대학를 방문해 구술집 배포 배경을 설명하고 태평양 전쟁시 강제로 끌려간 종군위안부 피해 할머니들의 한 맺힌 절규는 민족의 아픔이며 많은 학생들에게 알리는 일은 여성인권의 명예회복이며 역사를 왜곡하는 일이 더 이상 벌어지지 않도록 학교당국이 앞장서 줄 것을 요청했다.

크리스토퍼 살바토르 교수와 가브리엘 루빈 교수는 구술집 영문판 ‘Can You Hear Us?’ 책증정은 매우 뜻깊은 일이며 심포지엄과 강의에 삽입할 뜻을 밝혔다.

또한 이 대학 법대 캐빈 딘 론코 교수 등은 종군위안부 영화 ‘그리고 싶은 것’ 학교내 상영을 적극 검토하겠다고 강조했다.

미디어 조아는 지난 1월8일부터 구술집을 배포중이며 미국내 미주 유명 정치인, 학자, 언론인, 대학 도서관 등에 배포중이며 이미 30여권의 위안부 구술집 영문판을 캘리포나어아 소재 대학 도서관 , 택사스소재 대학 도서관 및 미이클 혼다 의원 포함 정치인, 뉴욕,뉴저지 언론인등에 배포한 바 있다.

특히 2월 오픈되는 일본군 성폭력 사이버 역사박물관 (미디어 조아 운영) 페이스북 및 인스타 그램에서 확인 할 수 있다.

2015/02/21

[写真で見る水曜デモ27] 警察官にお年玉


警察官がお金を受け取ってよいのか?

デモが禁止されているはずの日本大使館前で堂々と反日デモを行い、慰安婦が警察官にお年玉をやっている。ハルモニたちの後ろにある慰安婦像も地元鍾路区に無許可で建てられた違法設置物。まさにやりたい放題。左で高笑い(?)しているのは、挺対協のユン常任代表。

(旧)正月連休の初日である18日の午後。ソウル市中学洞の日本大使館の前で開かれた「日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモ」に参加したキム・ボクトンお婆さんとキル・ウォンオクお婆さんが鍾路警察署の関係者にお年玉を与えている。

中央日報 2015.2.18[2]

慰安婦少女には正月休みもない(広義の強制?)

明けましておめでとうございます

警察官も平伏(職務放棄)

慰安婦少女像の前「特別な新年の挨拶」…正月連休にも水曜集会

▲アンカー▲

(旧)正月の連休初日の昨日は、水曜日でした。

日本軍慰安婦問題解決のための水曜集会は休日にも休まず行われました。

参加者は新年の挨拶を上げて慰安婦被害ハルモニの健康を祈りました。

イ・ドギョン記者です。

▲リポート▲

ソウル市鍾路の日本大使館前。

「明けましたおめでとうございます。 お元気で」

1,166回目を迎えた水曜集会、

参加した学生たちも、集会警備のために出てきた警察官も慰安婦被害ハルモニの健康を祈る新年の挨拶を差し上げます。

キム・ボクトン、キル・ウォノクお婆さんは自らお年玉を準備して渡します。

慰安婦少女像もきれいな韓服で着飾って正月を待った昨日。

慰安婦問題に対する日本政府の謝罪と賠償を要求する水曜デモは続きました。

「日本政府は、国際法に基づき被害者に賠償せよ」

参加者は最近安倍日本総理がアメリカの公立歴史教科書に記載された日本軍慰安婦関連の内容を修正してもらいたいと要求したことは、慰安婦被害者を欺瞞する行為だと批判しました。

これらは解放70年を迎えたが、今だ解放を迎えずにいる被害ハルモニの痛みを日本政府が本当に理解し、公式謝罪することを促しました。

MBC 2015.2.19[2]


※1
설날연휴 첫날인 18일 오후 서울 중학동 일본대사관 앞에서 열린 ‘일본군 위안부 문제해결을 위한 정기 수요시위’ 에 참석한 김복동 할머니와 길원옥 할머니가 종로경찰서 관계자에게 세뱃돈을 주고 있다.

※2
위안부 소녀상 앞 '특별한 세배'…설 연휴에도 수요집회

◀ 앵커 ▶

설 연휴 첫날인 어제, 수요일이었죠.

일본군 위안부 문제 해결을 위한 수요집회는 휴일에도 건너뛰지 않고 이어졌습니다.

참가자들은 세배를 올리며 위안부 피해 할머니들의 건강을 빌었습니다.

이덕영 기자입니다.

◀ 리포트 ▶

서울 종로의 일본대사관 앞.

"새해 복 많이 받으세요. 건강하세요."

1,166번째를 맞이한 수요집회,

참가한 학생들도, 집회 경비를 위해 나온 경찰관도 위안부 피해 할머니들의 건강을 기원하는 세배를 드립니다.

김복동, 길원옥 할머니는 손수 세뱃돈을 준비해 건네줍니다.

위안부 소녀상도 고운 한복을 차려입고 설을 기다리던 어제.

위안부 문제에 대한 일본 정부의 사과와 배상을 요구하는 수요집회는 계속됐습니다.

"일본 정부는 국제법에 따라 피해자들에게 배상하라."

참가자들은 최근 아베 일본 총리가 미국 공립 역사교과서에 실린 일본군 위안부 관련 내용을 수정해달라고 요구한 것은 위안부 피해자들을 기만하는 행위라고 비판했습니다.

이들은 해방 70년을 맞이했지만 아직도 해방을 맞이하지 못한 피해 할머니들의 아픔을 일본 정부가 진정으로 이해하고 공식 사죄하기를 촉구했습니다.

2015/02/20

韓国では、吉田清治は知られているが知られていない

ツイッターで言葉を交わしたことがある方々なので、断りもなくこうして取り上げるのは少々気が引けるのだが(だったら一言断れよという話だが・・・)、韓国人二人の間でも割れる見解。どちらもポジショントークをするような人ではないので、一見矛盾するようで、どちらも事実なのだろう。・・・韓国では、吉田清治(証言)は知られているが知られていない。

個人的にはこう考える。雲行きが怪しくなると、運動家たちはさりげなく吉田証言や河野談話のインパクトの希薄化を試みる。だから、慰安婦騒動を引き起こすのに大きな役割を果たした吉田証言が、現在は幻のようになっているのだろう。



2015/02/19

シカゴ韓国教会、慰安婦碑に千ドル寄付


シカゴでも地道に活動は行われている。関係者が声明書を持って日本領事館にやって来たこともあった。碑が建つ日も遠くないだろう。1000ドルと言えば、日本円で12万円ほど。

シカゴカトリック教会慰安婦顕彰碑寄付伝達式

16日開かれたシカゴ韓人会の役員会議で韓国殉教者シカゴカトリック教会(主任神父キム・トゥジン・パウロ)の運営長老会関係者らが慰安婦顕彰碑建立委員会(委員長ルーシー・baeg)に1000ドルの寄付を寄託した。

Christianity Dairy 2015.2.17[2]

2015/02/18

帝国の慰安婦削除せねば差し止め



韓国では朝日新聞を助けろとか植村隆を賞賛する声が上がるのに、なぜ日本ではパク・ユハ教授を助けようという声が上がらないのか?日頃言論の自由にうるさい日本の良識派だが、親日派はあまり好きではないと見える。

韓国でバッシングを浴びるパク・ユハ教授

慰安婦巡る本 一部削除しなければ差し止め

いわゆる従軍慰安婦を巡る問題について、韓国社会には誤解が定着しており正しく理解すべきだなどと指摘した本について、ソウルの裁判所は、一部の記述を削除しなければ出版を差し止めるという決定を出しました。

韓国メディアの中には本の内容を支持する声もあり、今後さらなる議論を呼ぶことも予想されます。

セジョン大学のパク・ユハ教授は、おととし出版した「帝国の慰安婦」の中で、朝鮮人慰安婦の被害を生んだのは日本の植民地支配に原因があるなどと日本の責任を強調する一方で、韓国社会には「20万人の少女が日本軍に強制連行された」という間違ったイメージが定着していると指摘しています。

この本について、元慰安婦の女性らが名誉毀損だとして出版の差し止めなどを求めていた仮処分の申し立てに対し、ソウル東部地方裁判所は17日、「強制連行という国家暴力が朝鮮人慰安婦に対して行われたことはない」とか「朝鮮人慰安婦と日本軍は同志的な関係だった」という記述など34か所について削除しなければ出版を差し止めるとする決定を出しました。

決定の理由について裁判所は、「日本軍が慰安婦を効率的に動員し、その輸送過程にも深く介入しており、日本軍の強制動員の事実は否定できない」などとしています。

これについてパク教授は「原告の主張を一方的に受け入れた不当な決定だ」として、不服を申し立てることにしています。

韓国メディアの一部からは、本の内容を支持する声や、言論や出版の自由を制限しようとする申し立て自体を批判する声も上がっており、今後さらなる議論を呼ぶことも予想されます。

NHK 2015.2.18[2]

2015/02/15

訪米する安倍の演説妨害開始(KACE)我々は小泉の演説も阻止した

キム・ドンソク常任理事

アメリカの韓国系市民団体KACEとそのリーダーであるキム・ドンソクについては、何度か取り上げているので、説明はリンクにて。彼はアメリカ人であり、仲間たちに「アメリカの国益に忠実なアメリカ市民たれ」とアドバイスしながら、「祖国」韓国の利益を追求する。その為の踏み台が日本であり、「アメリカの主流社会に日本の隠された実体を赤裸々に暴露する」ことが韓国の利益になる訴える人物。全米最強のユダヤロビーを手本に、KACEをアメリカで影響力のある政治団体に育てようと画策している。

昨年の草の根会議(KAGC)の様子
慰安婦問題を己の政治力伸長の為に利用している

歴史の事実を否定することは出来ないと
演説する人物は政治家らしい
E・ロイスではないかと教えて頂いた)

KACEは、この春訪米する安倍首相のアメリカ議会での演説を妨害する請願運動を展開する。演説を阻止するとまでは言っていないが、2007年の下院決議を受け入れることは日本政府としては出来るはずもなく、キム・ドンソク常任代表は2006年の小泉のアメリカでの演説を阻止したと誇っている。

「21世紀、アメリカの韓国人が祖国生かさねば」
アトランタを訪問した市民参加連帯(KACE)キム・ドンソク常任理事

本年度の草の根カンファレンス アトランタ30人出席目標

アメリカの韓国人は、まずアメリカ市民なって力量育ててこそ

日本安倍総理議会演説阻止請願運動至急

「我々韓国人(系?)は少数だが、結集し一つとなって参加すれば我々の声を出すことができる。主流社会を動かすことができます」

アメリカの代表的な韓国人有権者団体である市民参加センター(KACE)のキム・ドンソク常任理事が13日アトランタを訪れ、韓国人社会の人々との会談後、記者懇談会を持った。

7月にワシントンDCで開かれる「第2回コリア系アメリカ人草の根カンファレンス」(KAGC)の準備とアトランタ韓国人会館開館式参加のためにアトランタを訪れたキム常任理事は、アメリカ韓国人社会の権益伸長のための草の根(grassroot)運動の牽引役を担っている。

2007年連邦下院において日本軍慰安婦決議案を通過させた経験を持つキム常任理事は、7月に開く「第2回コリア系アメリカ人草の根カンファレンス」に大いに期待している。この会議を楽しみ、ユダヤ人ロビー団体であるAIPAC(アメリカ-イスラエル公共政策協議会)のレベルまで育てる夢を持っている。

「昨年の7月、全国の韓国人300人余りがワシントンに集まり、韓国人社会問題を連邦議員に直接伝えました。 各地方区で連邦議員に出席を要請し、上下院議員11人を議事堂の外の韓国人の集会に参加させました。 これを今年の夏にも開催する予定で、アトランタ地域の場合、昨年は1人でしたが今年は30人以上を参加するようにすることが目標です。 1月から全国大都市の韓国人社会を歩き回り、ワシントン大会に参加する韓国人を大挙組織しています」

キム常任理事はこのために1月にニューヨークで全国韓国人社会の要人50人余りが参加した中でこの間の市民参加運動の経験をシェアする時間を持ち、この席にはアトランタ韓国人会のパク・チョルヒョ、イ・チュワン(이초원 )副会長などが参加した。

在米同胞の地位と役割に対しキム常任理事は、アメリカの韓国人は韓国とアメリカの「関係の地」で生きているとし、在米韓国人はまずアメリカの国益に忠実なアメリカ市民にならなければならないと強調した。

「在米韓国人の力を育てるには、まず地域の草の根政治に参加し有権者登録をして、選挙に行き、地域の有力政治家募金イベントにも参加して影響力を拡大しなければなりません。 21世紀には、アメリカ韓国人が私たちの祖国韓国を生かすことができる力を育てなければなりません。”

アメリカで強力な力を持つ少数民族グループがユダヤ人、キューバ人、台湾人だと説明するキム常任理事は韓国人も力を育てるには米国社会での政治、経済力の伸長に焦点を合わせなければなければならないと考えている。「多くの韓国人社会リーダーが韓国の現実に関与し、要人のアメリカ訪問時(?)の結束ために努める姿は切ない(?)。 リーダーが米国社会の作動原理を理解し、アメリカを学び主流の政治家たちと連帯と交流することを優先してこそ、韓国人の力も拡大し二世三世の主流社会への進出も容易になります」

一方キム常任理事は、今度の4~5月に米国訪問招請を受けた日本の安倍総理の連邦上下院合同会議演説に備えた韓国人の請願運動の展開を緊急懸案に選んだ。 「2006年にも当時の小泉日本国総理の演説を阻止させた経験があります。 安倍の演説が成立するには「侵略の過去の謝罪、2007年の慰安婦決議案の履行、神社参拝中断」などが先行するよう連邦議員に促さなければなりません。「請願運動は市民参加センターのウェブサイト(英語uskace.org、韓国語kavc.org)を通じて行うことができる。請願すれば居住地の連邦議員に手紙が送られる。




"21세기는 미주한인이 조국 살려야"
애틀랜타 방문한 시민참여연대 김동석 상임이사

올 풀뿌리 컨퍼런스 애틀랜타 30명 참석 목표
미주 한인들 우선 미국시민 돼서 역량 키워야
일본 아베 총리 의회연설 저지 청원운동 시급

“우리 한인은 소수이지만 결집하고 뭉치고 참여하면 우리의 목소리를 낼 수 있고 주류사회를 움직일 수 있습니다.”
미국 내 대표적 한인유권자단체인 시민참여센터(KACE)의 김동석 상임이사가 13일 애틀랜타를 찾아 한인사회 인사들을 만난 후 기자간담회를 가졌다.
오는 7월 워싱턴 DC에서 열리는 ‘제2회 미주한인 풀뿌리 컨퍼런스’(KAGC) 준비와 애틀랜타 한인회관 개관식 참석차 애틀랜타에 온 김 상임이사는 미주 한인사회의 권익신장을 위한 풀뿌리(grassroot) 운동의 견인차 역할을 하고 있다.

2007년 연방하원에서 일본군 위안부결의안을 통과시킨 경험을 갖고 있는 김 상임이사는 오는 7월에 열릴 ‘제2회 미주한인 풀뿌리 컨퍼런스’에 큰 기대를 갖고 있다. 이 모임을 재미 유대인 로비단체인 AIPAC(미국-이스라엘 공공정책협의회) 수준으로 키우려는 꿈을 갖고 있다.
“지난해 7월 전국의 한인 300여 명이 워싱턴에 모여서 한인사회 이슈를 연방의원들에게 직접 전달했습니다. 각 지역구에서 연방의원에게 참석을 요청해 상하원의원 11명을 의사당 밖의 한인들 모임에 참석시켰구요. 이 일을 금년 여름에도 개최할 예정인데 애틀랜타 지역의 경우 작년 1명에서 금년 30명 이상을 참석하게 하는 것이 목표입니다. 1월부터 전국 대도시 한인사회를 돌아다니면서 워싱턴대회에 참가할 한인들을 대거 조직하고 있습니다.”
김 상임이사는 이를 위해 지난 1월 뉴욕에서 전국 한인사회 인사 50여 명이 참가한 가운데 그 동안의 시민참여운동 경험을 나누는 시간을 가졌고, 이 자리에는 애틀랜타한인회 박철효, 이초원 부회장 등이 참여했다.

재미동포의 위상과 역할에 대해 김 상임이사는 미국의 한인들은 한국과 미국의 ‘관계의 땅’에서 살고 있다며 재미 한인들은 우선 미국의 국익에 충실한 미국의 시민이 돼야 한다고 강조했다.
“재미 한인들의 힘을 키우려면 우선 지역의 풀뿌리 정치에 참여해 유권자 등록을 하고, 선거도 하고, 지역 유력 정치인 모금행사에도 참여해 영향력을 확대해야 합니다. 21세기에는 미주한인이 우리의 조국 한국을 살릴 수 있는 힘을 길러야 합니다.”
미국 내에서 강력한 힘을 가진 소수민족 그룹이 유태인, 쿠바인, 대만인이라고 설명하는 김 상임이사는 한인들도 힘을 키우려면 미국 사회 내에서의 정치.경제력 신장에 초점을 맞춰야 한다고 생각하고 있다.
“많은 한인사회 리더들이 한국 현실에 관여하고 유력 인사 미국 방문 시 유대를 위해 애쓰는 모습은 안타까워요. 리더들이 미국사회의 작동방식을 이해하고 미국을 공부해 주류 정치인들과 연대 및 교류하는 일에 우선을 둬야 한인의 힘도 커지고 2~3세들의 주류사회 진출도 용이해집니다."

한편 김 상임이사는 오는 4~5월 미국방문 초청을 받은 일본의 아베 총리의 연방상하원 합동회의 연설에 대비한 한인들의 청원운동 전개를 긴급현안으로 꼽았다. “지난 2006년에도 고이즈미 당시 일본 총리의 연설을 저지시킨 경험이 있어요. 아베의 연설이 성립되려면 ‘침략 과거 사과, 2007년의 위안부 결의안 이행, 신사참배 중단’ 등이 선행돼야 함을 연방의원들에게 촉구해야 합니다.” 청원운동은 시민참여센터 웹사이트(영어 uskace.org, 한국어 kavc.org)를 통해 할 수 있으며, 청원하면 거주지역 연방의원에게 서신이 발송된다.  조셉 박 기자


2015/02/13

アルファ、トロント第二の教育委員会も押さえる(カナダで慰安婦教育の実現へ)

MOU締結を祝して記念撮影するアルファのメンバー

トロント・アルファと言えば中国系の団体だと思っていたが、いつの間にか韓国系が乗っ取ってしまったのか?彼らは、2013年、カナダ最大の教育委員会であるトロント教育委員会にも慰安婦問題を売り込むことに成功している。トロントには英語の教育委員会は二つしかないという話なので、彼らはカナダ最大の都市の公教育を押さえたということになるのだろうか?政治家のマインドコントロールが上から反日の浸透化なら、教育現場を丸め込むのが下からの反日の浸透策と言えようか?

「ヨーロッパ中心から抜け出し、アジアの歴史も十分に反映する教育を施行することが可能になるよう・・・」。とどのつまり、韓国や中国の「常識」を国際標準にする企みだろう。これがカナダでは着実に進行中。ここまで10年がかりだったという。「平和と和解を追求するという教育指針を前面に出すALPHA」と評したカトリック教育委員会の関係者。挺対協やアルファが「平和」や「和解」を看板に掲げていても、彼らの本質はヘイト集団である。

教育長(?)のAngela Gauthier
反日キャンペーンに利用されているとは思ってないだろう

「カナダのトロントの高校カリキュラムに軍慰安婦の歴史含める」

韓国人主軸(中心の?)人権団体、トロント・カトリック教育委員会と歴史教育MOU

韓国人中心のカナダの人権団体トロント・アルファ(ALPHA)が現地のカトリック教育委員会と第2次世界大戦のアジアの歴史を学生たちに教育するよう高等学校のカリキュラムに含めることにした。

ALPHAは'Association for Learning and Preserving the History of World WarⅡin Asia'の頭文字を取ったことで、第2次大戦のうちアジアの歴史を学び保存しようという目的で結成された団体。

二つの機関は去る9日(現地時間)トロントカトリック教育庁で第2次大戦のうちアジアで起きた日本軍慰安婦など日帝の残忍かつ悪辣な行為を学生たちが習えるようにしようという内容の了解覚書(MOU)を締結した。

ALPHAの関係者は11日、「今回の了解覚書(MOU)は、2013年にトロント教育委員会と締結したのに続き二番目であり、10年間余り着実に教育委員会などと大小の行事を行ってきた結果」と説明した。

ALPHAは今後トロント・カトリック教育委員会と定期的な会議を開いてヨーロッパ中心から抜け出し、アジアの歴史も十分に反映する教育を施行することが可能になるようプログラムを用意し、持続的にプロジェクトを拡大させる計画だ。

Angela Gauthierトロントカトリック教育長は「歴史の真実と根元を通じ、平和と和解を追求するという教育指針を前面に出すALPHAと協力して高校生にもう少し包括的な人格教育を提供するということに意義がある」として「今まで間歇的に開かれた学会や夏プログラムなどに学生たちの参加機会が増えることになったのをうれしいと思う」と明らかにした。

MOU締結式には教育庁関係者とALPHAの役員が参加した。

二つの機関は来月の10日と31日にそれぞれトロント教育委員会とトロントカトリック教育委員会所属の300~400人の高校生を対象に会議を開く予定だ。

ALPHAは1997年韓国人を中心ににカナダのボランティアメンバーを中心に組織された。 歪曲され忘れられた第2次大戦の歴史、その中でアジアで起きたことに集中的に光を当てグローバル市民として真実・定義・人類愛・平和・和解という価値を保存するために努力している。 2013年挺身隊対策協議会と「慰安婦問題解決のための世界1億人署名運動」に参加した。

聨合ニュース 2015.2.11[2]

"加 토론토 고교 교과과정에 군위안부 역사 넣는다"

한인 주축 인권단체, 토론토 가톨릭교육청과 역사교육 MOU 

(서울=연합뉴스) 왕길환 기자 = 한인이 주축이 된 캐나다 인권단체 토론토 알파(ALPHA)가 현지 가톨릭교육청과 함께 제2차 세계대전의 아시아 역사를 학생들에게 교육하도록 고등학교 교과과정에 포함하기로 했다.

ALPHA는 'Association for Learning and Preserving the History of World War Ⅱ in Asia'의 머리글자를 딴 것으로, 2차대전 중 아시아의 역사를 배우고 보존하자는 목적으로 결성된 단체.

두 기관은 지난 9일(현지시간) 토론토 가톨릭교육청에서 2차대전 중 아시아에서 일어났던 일본군 위안부 등 일제의 잔악한 행위를 학생들이 배울 수 있도록 하자는 내용의 양해각서(MOU)를 체결했다.

ALPHA 관계자는 11일 "이번 MOU는 2013년 토론토 교육청과 체결한 데 이어 두 번째이며, 10여 년간 꾸준히 교육청들과 크고 작은 행사를 열어온 결과"라고 설명했다.

ALPHA는 앞으로 토론토 가톨릭교육청과 정기적인 회의를 열어 유럽 중심에서 벗어나 아시아의 역사도 충분히 반영하는 교육을 시행할 수 있도록 프로그램을 마련하고 지속적으로 프로젝트를 펼칠 계획이다.

안젤라 가우티에 토론토 가톨릭교육청장은 "역사의 진실과 뿌리를 통해 평화와 화해를 추구한다는 교육 지침을 내세우는 ALPHA와 협력해 고등학생들에게 좀 더 포괄적인 인성교육을 제공한다는 데 의미가 있다"며 "지금까지 간헐적으로 열렸던 학회나 여름 프로그램 등에 학생들의 참여 기회가 늘어나게 된 것을 기쁘게 생각한다"고 밝혔다.

MOU 체결식에는 교육청 관계자와 ALPHA의 임원들이 참석했다.

두 기관은 다음 달 10일과 31일 각각 토론토 교육청과 토론토 가톨릭교육청 소속 300∼400명의 고등학생을 대상으로 콘퍼런스를 개최할 예정이다.

ALPHA는 1997년 한인을 주축으로 캐나다 내 자원봉사자들을 중심으로 조직됐다. 왜곡되고 잊힌 2차대전의 역사, 그 가운데 아시아에서 일어났던 일을 집중적으로 조명해 글로벌 시민으로서 진실·정의·인류애·평화·화해라는 가치를 보존하기 위해 노력하고 있다. 2013년 정신대대책협의회와 '위안부 문제 해결을 위한 세계 1억 인(人) 서명운동'에 동참했다.

2015/02/10

北朝鮮、米国で対日訴訟 米弁護士平壌に招聘


当然、これは北朝鮮が国家として進めている訴訟、というより政治的なプロジェクトだろう。それに協力するアメリカの人権派弁護士。本当に人権の為にやっているのかどうか・・・。オーストリア政府に日本の戦争犯罪清算のための資料提供を要請と。オーストリア軍人もドイツ兵として第二次大戦を戦ったはずだが、彼らはドイツに対して謝罪とか賠償とか言っているのだろうか?

アメリカで訴訟を起こすというのに、アメリカ軍の問題については持ち出さない不思議。これは韓国系にも言えることだが。

北朝鮮、日帝強制徴用者・慰安婦賠償訴訟推進

北朝鮮が最近アメリカの著名な人権派弁護士ハリー・フィッシャー氏を招請し、日帝当時の強制徴用と従軍慰安婦被害者のための賠償訴訟を推進しており、成り行きが注目されています。 詳しい話をイ・ソンギュ記者が伝えます。

29日、アメリカのロサンゼルスなどで徴用慰安婦被害者の集団訴訟を起した弁護団によれば(?)ハリー弁護士は28日、北朝鮮当局の招請で平壌に到着し、イ・ソンホ朝鮮民主法律家協会副委員長の出迎えを受けたいうことです。 最近、韓国中国、フィリピン、台湾などの慰安婦被害者15人に代わりアメリカのワシントンの地方裁判所に日本政府相手に集団損害賠償を請求した弁護団のフィッシャー弁護士はアメリカ国内の集団訴訟に北朝鮮の被害者が参加する問題などを本格的に協議中であることが分かり(?)ました。

フィッシャー弁護士と北朝鮮の関係者はこの間北京などで数回会い、被害を受けた外国人がアメリカの裁判所に直接損害賠償を提起できるようにした外国人不法行為賠償請求法に基づき、北朝鮮の被害者の訴訟の可能性を打診してきたとのことです。 一方このような動きは北朝鮮が対日国交正常化交渉の過程で植民地支配など過去の清算の一環として国家間の賠償を強く要求するのと同時に個人賠償請求も念頭に置いていることを示唆するものだと韓国の連合ニュースが報じました。

韓国の場合、1965年の韓日基本条約で対日請求権問題が法的にひとまず清算された状態なので個人補償の問題は論議の余地があっても、北朝鮮の場合は、これと関連した何の条約や協定も締結していない為にアメリカの法律家はアメリカで訴訟を展開するのに法的制約から自由だと見ているとのことです。 ただしこの場合、北朝鮮とアメリカの間では、まだ正式な国交正常化がなされていない為に、北朝鮮の被害者がアメリカの国内法に基づいた訴訟に原告として参加することが可能かが最大の鍵であると伝えられられました。 北朝鮮はこの9月末、アメリカ駐在日本大使館が従軍慰安婦賠償問題はすでに完了したと主張したことに対し、生涯精神と肉体的な苦痛に苦しめられている従軍慰安婦には受け入れられない(?)冒涜であるとし、日本は過去の罪悪に対し深く反省し、謝罪と賠償を行わなければならないと報じたことがあります。

今回の訴訟を主導しているハリー・フィッシャー弁護士は国際人権弁護士協会(?)の首席副会長(?)を務めており、過去ナチスドイツの戦争犯罪に関する国際訴訟でも勝利し、この方面で実力を認められています。 フィッシャー弁護士はオーストリア政府に日本の戦争犯罪行為の清算のために資料提供などの協力を要請して平壌駐在のオーストリア大使館はフィッシャー弁護士の今回の北朝鮮訪問と関連し、すべての便宜を提供することが分かりました。

Radio Free Asia 2015.2.7[2]


북한, 일제 강제 징용자 위안부 배상 소송 추진 - 이성규 기자

북한이 최근 미국의 저명한 인권 변호사 배리 피셔씨를 초청해 일제당시의 강제징용과 종군 위안부 피해자들을 위한 배상 소송을 추진하고 있어 귀추가 주목되고 있습니다. 자세한 소식을 이성규 기자가 전합니다. 29일 미국 로스엔젤레스 등지에서 징용 위안부 피해자 집단 소송을 제기한 변호인단에 따르 면 배리 변호사는 28일 북한당국의 초청으로 평양에 도착해 이 성호 조선 민주 법률가 협회 부 위원장의 영접을 받았다는 것입니다. 최근 한국과 중국 필리핀 대만등의 위안부 피해자 15명을 대신해 미국 워싱턴 지방법원에 일본 정부를 상대로 집단 손해 배상을 청구한 변호인단의 피셔 변호사는 미국내 집단소송에 북한의 피해자들이 참여하는 문제등을 본격적으로 협의하는 중인 것으로 알져졌습니다. 피셔 변호사와 북한 관계자들은 그동안 베이징 등지에서 수차례 만나 피해를 본 외국인이 미 법원에 직접 손해 배상을 제기할수 있도록 한 외국인 불법행위 배상 청구법을 토대로 북 한 피해자의 소송 가능성을 타진해 왔다는 것입니다. 한편 이같은 움직임은 북한이 대일 수교 협상 과정에서 식민지 지배등 과거 청산의 일환으 로 국가간의 배상을 강력이 요구하는 것과 동시에 개인 배상요구도 염두에 두고 있음을 시 사하는 것이라고 남한의 연합 뉴스는 보도 했습니다. 남한의 경우 1965년 한일 기본 조약으로 대일 청구권 문제가 법적으로 일단 청산된 상태이 므로 개인적인 보상문제는 논란의 여지가 있지만 북한의 경우 이와 관련한 아무런 조약이나 협정도 체결한 적이 없기 때문에 미국 법률가들은 미국에서 소송을 전개하는데 법적제약으 로부터 자유로운 것으로 보고 있다는 것입니다. 다만 이 경우 북한과 미국간에 아직 정식국가 수교가 이뤄지지 않았기 때문에 북한의 피해 자들이 미국의 국내법에 의거한 소송에 원고로 참여할수 있을지가 최대 관건인 것으로 알려 졌습니다. 북한은 지난 9월말 미국주재 일본 대사관이 종군 위안부 배상문제는 이미 끝난 일이라고 주 장한데 대해 한평생 정신과 육체적인 고통에 시달리는 종군 위안부에 대해 참을 수 없는 모 독이라면서 일본은 과거의 죄악에 대해 심각하게 반성하고 배상 사죄해야 한다고 보도한바 있습니다. 이번 소송을 주도하고 있는 배리 피셔 변호사는 국제 인권 변호사 협회의 수석 부회장을 맡 고 있으며 과거 나치 독일의 전쟁 범죄에 관한 국제 소송에서도 승리해 이 방면에서 실력을 인정 받고 있습니다. 피셔 변호사는 오스트리아 정부에 일본의 전범 행위 청산을 위해 자료제공등 협조를 요청했 으며 평양 주재 오스트리아 대사관은 피셔 변호사의 이번 방북과 관련해 모든 편의를 제공 하기로 한 것으로 알려졌습니다. 지금까지 RFA 이 성규 였습니다.

2015/02/08

韓国軍はアカを慰安婦にした。それも日帝のせい(キム・キオック)


韓国軍慰安婦の存在に光を当てたことで知られるキム・キオック(金貴玉)教授。ネットを検索した彼女は、日本の右翼が自分の主張の一部だけを恣意的に引用していると不満を漏らしておられる。しかし、金貴玉で検索するとこのブログ(2012.5.7)もヒットするが、少なくとも自分は「『日帝が諸悪の根源』というのが彼女の結論らしい」と、彼女の主張のキモを紹介したはずである。

韓国軍慰安婦問題を親日派問題、親日派問題を清算せよという彼女の「反(親)日」は強固なものがある。韓国軍が慰安所システムを採用したのは親日派のせいで、韓国軍慰安婦の問題が社会問題化しなかったのも親日派のせいだと言う。

しかし、彼女の説明を読むと、どうも韓国軍のシステムは劣化コピーではないかという印象を受ける。つまり、日本軍では意に反して慰安婦にすることはご法度であり、防止の手段がこうじられた。「アカ」であることを理由に慰安婦にしてしまうなど日本では考えられなかったろう。日本軍の場合でも戦地ではスキャンダルが発生したが、国内でこのような不法が行われていたというのは、朝鮮戦争が内戦であったが故の悲劇だったのか?もっとも、キム教授の解説だけでは不安がある。韓国軍の慰安所システムについては情報が少なすぎる。韓国軍でも本人や親の同意が必要とされていた可能性もゼロではない(疑わしいが)。

キム教授は、日本が悪い種を蒔いたと言うが、それは、親父が妾を囲っていたから自分も浮気をしたと言うようなものである。しかも、親父はちゃんと女性関係を清算したが、お前はどうなのかという話である。

我々の間違った過去を自ら正すことで、むしろ日本に恥をかかせる(?)ことが出来ると思います。私たちが日本に対し「貴方たちが蒔いた種のために間違って育てられた花である軍慰安婦問題を、私たちが自ら解決するのだ」としながら。 こうなれば、逆に(?)日本に日本軍慰安婦に対する責任をはっきりと糾明しろと堂々と促すことができます。

「日本のネットを調べると私の名前がかなり多く出て来ます。
・・日本の右翼が引用したものでした

キム教授によれば、彼女の勤務先に韓国軍慰安婦の研究を止めさせるよう国防部から圧力があったという。軍事編纂研究所から資料が消えたとのこと。また、彼女のニュースがマスコミのサイトから次々と取り下げられているのは政府の圧力ではないかと疑っているが、日本政府が関連文書を公開していないなどと言うような人だから、要確認といったところか。河野談話は「日本軍慰安婦動員の強制性を認めた」もので、国家賠償は当然という考えであるようだ。

プレシアン: 教授は、2002年「朝鮮戦争と女性:軍隊慰安婦と軍慰安所を中心に」という論文を通じて韓国軍慰安婦の問題を提起しました。当時、論文で陸軍本部が1956年に出した「後方戦史(要人便?)>に記載された「軍慰安隊」の記録に基づき実際の被害女性の証言も聞き取りました。論文に対する説明をお願いします。

キム・キオック: 当時論文では「後方戦史」をはじめ、朝鮮戦争時の国軍、米軍、北朝鮮派遣工作員、民間人、被害女性、予備役将軍の回顧録や証言などに基づいて韓国軍慰安婦の存在を立証し、それにともなう争点、課題を提示するのに力を注ぎました。

特に論文に記述したように韓国軍慰安婦を企画した人々が日本軍の関東軍出身であったという点に注目しました。1948年大韓民国の軍を創設した人脈の主流は関東軍の出身者などであり、日本軍での経験をそのまま韓国に持ち込みました。

実際の1948年大韓民国政府樹立以降、親日派は国家および軍部形成に深い影響を及ぼしました。特に合同参謀議長は初代がイ・ヒョングンで14代のノ・ジェヒョンまで、陸軍参謀総長は初代イ・ウンジュンから第21代の李世鎬(?)に至るまで日帝軍の経歴者などが軍部の中心でした。これらの事実から推測すると、韓国軍慰安婦問題とは清算されることが出来なかった親日派問題と直結しているということが分かります。

基本的に韓国軍慰安婦問題は日本の帝国主義の問題です。 韓国軍が慰安婦を作ることができたのは、単純に制度として日本軍慰安婦を模倣したのではなく、日本の植民地経験があったので可能だったと思う。 すなわち日帝が我が国に持ち込んだ植民主義の遺産が、制度だけでなく個々人の世界観、認識、人間性を形成する重要な要素として作用し、これが韓国軍慰安婦誕生に重要な影響を及ぼしたということです。そしてこれは朝鮮戦争当時韓国軍の主軸を形成した人々によって韓国軍慰安婦という形でよみがえりました。

プレシアン: 解放後、韓国軍の中心が光復軍でなく満州軍や関東軍で構成された理由は何ですか?

キム・キオック: 当時の状況にともなうアメリカの選択が主だったと思う。アメリカが見るのに当時光復軍は数も少なかったし、まともに訓練されていなかった。軍事的に粗末な部分があったと評価したのでしょう。

また、光復軍を主導した臨時政府は祖国の独立のために数十年間苦労し、民族自尊を強く意識した(?)集団だった。 このような組織が別の「外部勢力」であるアメリカの話をたやすく聞くはずはありませんでした。それでアメリカは光復軍の代わりに日本軍、満州国軍または、関東軍出身者を利用しました。

このような基本的な人的構成に加え、朝鮮戦争の状況も韓国軍慰安婦を作ることになった要因でした。朝鮮戦争当時、韓国軍の将軍や隊長、司令官は概して20台後半で30代そこそこが多かった。十分な指揮能力を備えないまま戦場の責任者の立場に置かれました。

ところで、1951年を前後で戦争状況が以前とは違った様相を帯びることになります。それまでは前線が南北に上下し激しい戦闘が繰り広げられていましたが、51年の7月頃停戦協定のための会談が開始され、戦闘は38度線を中心に展開し、小康局面を迎えましたた。無論一日の主な仕事は相変らず戦闘でしたが、以前と比べ激しい戦闘ではなくなりました。

こうなると将軍の統率力が落ち始めました。 前線が洛東江から鴨緑江に移される戦闘の中では生き残るために必死に戦った兵士たちが小康状態になると緊張が解け始めた。 これは将軍(一般兵士?)や佐官級、尉官級の将校も例外ではなく、彼ら指揮部は北から連れてきた女性たちを含め10台後半で20代始めの若い女性たちを取り(?)始めた。 部下の立場からこういった有様が良く見えるはずはありませんでした。

こんな状況で軍の指揮部は「このような場合、慰安婦を入れた方が良い」という考えたようです。兵士たちを共犯にしてしまうのです。過去日本軍にいた人々は、慰安婦を通じて概してこのような経験を共有したので、自然と慰安婦を作らなければならないと考えたのだと思います。

プレシアン: 最初の論文が発表されて12年が経った今、再びこのテーマで論文を書かれました。以前と異なり今回の論文では「東亜日報」と「京郷新聞」の報道を追加資料として提示した。特に「京郷新聞」の1953年11月16日の「将兵慰安所増設」という記事を通じ韓国軍慰安婦が拡充されたという見解を明らかにしましたが?

キム・キオック: 韓国軍慰安婦の記録が残っている後方戦史を見ると、当時は慰安所と위락 または、慰問施設を区分していました。記事(後方戦史?)では慰安所に対して韓国軍慰安婦の女性たちを韓国軍男性に(?)性を提供する慰安所だと明確にしていませんが、用語から見れば慰安所は日帝強制占領期間、朝鮮戦争当時慰安所と同一線上にあると分かります。軍を慰問するための公演を主にする군예대(軍-yedae)とは異なり性を提供する慰安所が実体的にも用語的にも別に存在しました

一方1953年は停戦になった時です。 停戦になっても突然軍隊を縮小することは出来ませんでした。以前と同じように最前方には軍人がいなければなりませんでした。 それで慰安所を作ることになり、当時最前線の軍人が休暇にソウルに立ち寄ったので慰安所がさらに必要だったと推論することが可能です。 このような情況での(?)記事がで言及した慰安所は韓国軍慰安婦の延長線上にある、すなわち軍人にセックスを施す(?)慰安婦がいる場所だと考えることができます。

プレシアン: ところで韓国軍慰安婦の存在を立証することが日本軍慰安婦問題を正当化させる口実を与えるという指摘もあります。実際、日本の右翼の中には「韓国にも慰安婦があった、日本軍慰安婦の何が問題なのか」という話を公然とする人もいます。

キム・キオック: 日本のインターネットサイトを調べると私の名前がかなり多く出て来ます。相当数は、日本の右翼が引用したものでした。私の論文の全体像(?)を紹介するものではなく、「朝鮮戦争当時、韓国軍によって創設された韓国軍慰安婦があった」という事実を明らかにした部分だけ引用しているのです。

それと共に日本の右翼は「韓国軍にも慰安婦があった。太平洋戦争の慰安婦がなぜ問題なのか」と、慰安婦を作った歴史的事実を歪曲したり糊塗しようとする態度です。

それでこの問題について正確につかなければならないと思いました。日帝によって作られた日本軍慰安婦問題と韓国軍慰安婦問題がどのように関連しているのか明らかにするのが私の問題意識であったのに、これが歪曲されているので、もう少し具体的に論証するという考えで論文を新しく発表することになりました。

ところで日本右翼が韓国軍慰安婦問題を事実と認定する限り、自らを縛る結果をもたらす他ないと思います。 韓国軍慰安婦は前に(?)調べたように日本軍慰安婦の経験がなければ生じなかったからです。つまり、韓国軍慰安婦は日帝の植民主義または、軍国主義を内在化した満州国軍や日本軍出身の韓国軍幹部がなかったとすれば生じなかったでしょう。したがって日本の右翼勢力が韓国軍慰安婦を認めるなら、日本軍慰安婦も認めるほかはない状況に陥ることになります。

また、韓国軍慰安婦問題は韓国軍の歴史において수치だが、現在の立場では、我々の間違った過去を自ら正すことで、むしろ日本に恥をかかせる(?)ことができると思います。私たちが日本に対し、「貴方たちが蒔いた種のために間違って育てられた花である軍慰安婦問題を、私たちが自ら解決するのだ」として。 このようになれば逆に(?)日本に日本軍慰安婦に対する責任をはっきりと糾明しろと堂々と促すことができます。

棺に入る時まで、口を閉ざすという韓国軍慰安婦被害者

プレシアン: 2002年教授の論文で韓国軍慰安婦問題が世の中に出ることになりましたが、今までこの問題が社会的に公論化されなかったことが不思議です。韓国社会内で親日勢力がそれだけ強く席を占めているためなのでしょうか?

キム・クィオク: 政府レベルでストップがかけられたようです。2002年初めて日本でこの内容を発表した時、日本の日刊紙「朝日新聞」がこれを報道しました。その後KBSの 「9時のニュース」、主要な日刊紙など国内でも多くの報道があった。ところが、今これらの記事を見つけることはできません。当時の記事が残っている所はオーマイニュースだけです。このようにいっせいに記事が全て無くなったのは、政府が介入したからとしか説明しようがないでしょう。

また、当時慶南大学の客員教授でしたが、国防部から学校に連絡が来ました。韓国軍慰安婦に関連した研究活動を自制させろということでした。その上、韓国軍慰安婦存在を立証する決定的な記録である「後方戦史」が軍事編纂研究所から消えたりしました。こうした状況を見ると(?)、当時の韓国政府がこの問題を非常に不都合に思い、直接的に制止しようとしたと思われます。国家レベルで死んだ声を(?)作ってしまったのです。

ところでオーマイニュースに記事が残っているので、朝鮮戦争の季節になると放送局からいつも連絡がきました。放送で要求されるのは、韓国軍慰安婦被害女性の証言でした。私は「後方戦史」という文書があるので、先にこれを放送して公論化させれば被害女性たちが声を上げることができると話しました。

韓国軍慰安婦の問題が公論化され、これが当時の政府が間違った行為というものが明らかになれば、この過程で自身の被害事実を明らかにしようとする被害者が出てくる可能性があるという考えでした。研究者の声だけでこの問題の解決を語ることには限界があるためです。

プレシアン: 日本軍慰安婦の場合、1991年キム・ハクスンさんの証言以降、社会的な関心事になりました。韓国軍慰安婦の場合も、問題解決のためにはやはり公けの証言が必要だと思いますが、被害者が証言しない理由は何でしょうか?

キム・キオック: 原因を確かめるためには誰を韓国軍慰安婦に連れて行ったのかを調べなければなりません。慰安婦として連れて行かれた女性は軍人によって性暴行にあった女性でした。これには南北の区別ありませんでした。当時には全国的にレイプが起きました。

戦時に起きる性暴行は偶発的なものと性格が違います。敵方を制圧するということが戦時性暴行の最も重要な要因です。敵方を制圧して恐怖化させること、屈服させるということが含まれた性暴行です。性的欲望のためにだけ起きるのではない。

また他の部類は思想的なレベルの問題が結びついたパターンです。自分の体験を棺に入るまでは話せないと語った被害者は北側で女性同盟(北朝鮮民主女性同盟)に所属していた人でした。人民軍に賦役した人だったということです。 このような女性たちを慰安婦として連れて行ったのは、遠からず潜在的な敵や敵になる可能性があるとか、時の家族を慰安婦として連れて行った(?)ことを意味します。

慰安所に連れて行かれはしなかったが、危うく慰安婦になるところだった女性の証言でもこのような側面が明らかになっている。 朝鮮戦争勃発当時、医大生だったこの女性は避難する事できず、そのためソウルを占領した人民軍に従軍することになった。 韓国の立場から見れば典型的な「赤」だが、この女性の立場では生きる為の止むを得ない選択だった。 ところが、人民軍が後退してからやって来た韓国軍によって慰安婦として連れて行かれる運命に。この女性は結局慰安婦になることはなかったが、戦場に連れて行かれると、女子中学生くらいに見える子供たちが数十人いたと証言した。

このように性暴行にあったという自身の辛い過去に加え理念的な問題も絡み、韓国軍慰安婦被害者は自分の被害事実について一貫して沈黙していました。 この話を公言した瞬間、自分の全人生が壊れてしまうという状況なのですから、国家が過ちを認めない限り自分の被害事実を語ることは非常に難しくないでしょうか。

また、日本軍慰安婦被害者はこの問題を解決する為に日本と戦いますが、韓国軍慰安婦被害者は自分の国と戦わなければならないという点も韓国軍慰安婦被害者が自分の話を持ち出し難くさせています。必然的に、国と争い反体制者と烙印を押されればどうなるかという心配が存在します。 被害者が背負っているこのような重荷を減らすためにも韓国軍慰安婦の誕生背景を研究することは重要です。

プレシアン: おっしゃるように日本軍慰安婦と韓国軍慰安婦は性格が多少違うようです。ところで日本軍慰安婦問題に人々が関心を持って見られる(?)理由が女性の人権よりは日本に対する韓国国民の反感に傾斜していると見れば、韓国軍慰安婦問題の責任を問うことは一層難しいのではないですか?

キム・クィオク: 容易なことではありません。それでも試みなければなりません。すでに数年の準備を経て米軍慰安婦被害者が訴訟を起こさなかったですか?米軍慰安婦は直接的には米軍が作ったと言っていませんが、米軍と韓国軍と事業主が三拍子のようにして共同で作ったのです。 米軍慰安婦まで生じたのは、結局韓国軍慰安婦を清算できなかったためであり、これは日帝植民清算を正しく行うことが出来ないことにまで繋がり(?)ます。韓国軍慰安婦と日帝残滓を清算できないことに対する戦いが広がっているのです。

現政権が日本軍慰安婦問題を解決するために韓日局長級協議を行っています。被害者が納得できるレベルの解決を示すには、韓日の過去の歴史を清算し非可逆的な平和の方式として持っていくべきなのに、実際には日本軍慰安婦問題だけ解決されれば成立するのではありませんか(注: 日本軍慰安婦問題だけ解決して終わりにしてしまう、という意味か)?

日本軍慰安婦問題は日本の植民支配の中で最も弱い人々が国家が犯した暴力によって人権を蹂躙された事件です。このような暴力的な事態を解決し、未来に真の和解が成立する基礎を作ることが日本軍慰安婦問題解決の要諦ならば、日本軍慰安婦制度によって作られた韓国軍慰安婦問題やはり必ず解決しなければなりません。 韓国政府が韓国軍慰安婦について顧みずに日本に日本軍慰安婦問題だけ解決しようとすれば自己矛盾に陥るほかありません。

一部の韓国軍慰安婦被害者が人民軍に加担したり、当時北朝鮮と関連があった人もいたというような理念的基準を突きつける可能性もあります。ところで、いわゆる「赤」だから不法に性暴行を受けても構わないということでしょうか?これは理念とは違うレベルの問題です。

その上、証言をした方は、人民軍がソウルを占領してやむを得ず賦役行為をした人々だ。これらを「赤」と追い詰めることが国家の役割なのでしょうか?国家はこれらが「赤」になる時までいったい何をしていたのでしょうか?

国家が国民の責任を負わないまま烙印を捺すだけ追い込むなら、国民は国家に対して忠誠をつくすことが難しくなります。さらに国家が女性人権を蹂躪し、それ以後も被害者に息詰まる社会の中で生きさせたとすれば、一体国家の役割は何なのかと疑問を抱かざるをえません。

棺に入る時まで自分の話を公にしないと話した被害者の苦痛を考えれば、国が一度は過去の過ちを払いのけるべきではないでしょうか?再び戦争のない、そして戦争のために被害を受ける国民がいない国を作るという確約が日本軍慰安婦問題を解決していくための政府の基本的な立場なら、より一層問題解決に乗り出すべきだと思います。

日本軍慰安婦、謝罪だけ要求するのでなく

プレシアン: 昨年日本軍慰安婦に関する局長級協議が何度も開かれました(引用者注: 慰安婦問題限定の協議ではない)。今年も両国間の協議は予定されていますが、現実的にこの問題を解決するのが難しいのではないかという観測もあります。慰安婦を研究する学者として、この問題の解決のために韓国政府がどのように接近するべきだと思いますか?

キム・キオック: まず日本軍慰安婦の真相を糾明することが最も重要です。日本はまだ歴史的真実を表わさないでいます。民間レベルや訴訟過程で関連資料が出てくる程度です。一方で日本が国家レベルで行った謝罪は、私たちも謝罪と認める必要があると思います。 謝罪したにも関わらず安倍晋三総理がひっくり返すことに対して問題提起しなければなりません。日本軍慰安婦動員の強制性を認めた1993年の河野談話や1995年の村山談話はとても重要な事実を指摘しています。 2010年間管直人総理は「韓日併合100年に際した総理談話」を発表した。中途半端な部分はありましたが、これも過去の歴史全般について重要な内容を含んでいます。私たちは今後の日本の政権にこういった談話内容を継続して守って行くよう要求しなければなりません。そしてこれと共に日本の侵略を立証する歴史的な文書と資料を出せと促さなければなりません。

日本と戦いを多角的、戦略的に解きほぐす必要があります。 日本の河野談話などを既定事実に受け入れた後これを証拠資料を通じてはっきりと証明をやり遂げろと要求しなければなりません。 私たちがずっと謝罪しなさいとだけ言えば日本は「謝ったのに、まだ何をしろといっているのか」と言い、これがずっと繰り返される可能性が高い。 もう日本の言葉だけの謝罪に対して確実な責任を負えるようにする知恵と戦略が必要です。

プレシアン: 一部では慰安婦被害者に対する日本国家レベルの賠償が事実上不可能ではないかという指摘も出ています。

キム・キオック: そんなことはありません。正確な真相究明が行われれば、国家賠償は当然ついてくるしかありません。日本は当時強制労働をしないと言う。ですが、日本軍慰安婦だけでなく強制徴用を通じ不法的に労働力を搾取した。これに対する責任所在を明確に選別しなければなりません。

また、慰安婦を含め強制徴用された人々が労働の代価をまともに受けることができなかった。解放後故国に帰れなかった人も多く、たとえ帰還しても無一文で戻った人が多かった。このような状況に対する真相が糾明されれば、当然日本という国家から当然返してもらわなければならないということも出てくることになります。

結局、国家賠償問題は日本軍慰安婦をはじめとして強制徴用の実体を正確に明らかにすれば自然と出る問題です。研究者や特定の政治集団が解釈して判断する問題ではありません。参考として、ドイツは戦後賠償を払いましたし、ウイリー・ブラント総理が謝るとすぐに強制徴用を敢行した企業らがその費用をみな返すこともしました。決して不可能だったり難しいことでなく、当然の手順です。

Pressian 2015.1.8[2] (原文

※ 昨年12月30日、漢城大学で行われたインタビュー部のみ。翻訳は不正確かもしれない。

2015/02/07

[写真で見る水曜デモ26] 日韓進む反日の低年齢化と高齢化


水曜デモに参加した日本平和委員会のメンバー。韓国の平和団体が在特会のデモに参加するようなもの?水曜デモには沢山の韓国の青少年が参加する。偏向教育の産物と言えようが、日本では高齢者が「戦後教育」の影響を受けた。よって、韓国では反日の低年齢化、日本では高齢化という逆の現象が見られる。

「軍慰安婦解決」日本人が参加

日本軍慰安婦問題の解決を促す水曜集会が開かれた4日ソウル、鍾路区、中学洞の日本大使館の前で日本平和委員会の会員たちが日本政府の謝罪と法的賠償を促す横断幕を掲げている。 この日の水曜集会は、先月31日死亡した慰安婦被害者パク・ウィナムお婆さんを追慕する黙祷から始まった。 パクお婆さんの死亡で、政府に登録された慰安婦被害者238人の中で生存者は53人に減った。

ソウル新聞 1015.2.4[2]

“軍위안부 해결” 일본인 동참

일본군 위안부 문제 해결을 촉구하는 수요집회가 열린 4일 서울 종로구 중학동 일본대사관 앞에서 일본평화위원회 회원들이 일본 정부의 사죄와 법적 배상을 촉구하는 현수막을 들고 있다. 이날 수요집회는 지난달 31일 별세한 위안부 피해자 박위남 할머니를 추모하는 묵념으로 시작했다. 박 할머니의 별세로 정부에 등록된 위안부 피해자 238명 가운데 생존자는 53명으로 줄었다.

2015/02/05

ソ・ギョンドク教授が日本で調査のバカバカしさ

日本で調査中のソ・ギョンドク
調査というよりパフォーマンスだろう

胡散臭いことばかりやっている韓国広報の専門家」ソ・ギョンドクの新たなパフォーマンス。日本の教科書から削除されたなどと嘘は言わないように。・・・それにしても、「この問題については多く語りたくない(フォーカスアジア)」という答えが30%もあったというのは興味深い。ハッキリ言うと韓国人である貴方を傷つけるから、と日本の学生たちが気を遣ってくれたのではないのか?学生たちは彼の正体を知らないから。

ソ・ギョンドクは、昨年も来日して日本人学生に慰安婦問題を講義したと、などとやっていた


慰安婦問題 韓日大学生の認識に大きな隔たり

日本の大学生の多くが、旧日本軍の元慰安婦や強制徴用された被害者に自国政府が十分に賠償したと考えていることが、韓国の大学教授が実施したアンケートで分かった。

韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授の研究チームは、韓日国交正常化から50年になるのに合わせ、先月13日から10日間、両国の大学生それぞれ250人を対象にソウルと東京でアンケート調査を行なった。

調査では両国の大学生に元慰安婦と強制徴用被害者への賠償問題について、どう考えているかを尋ねた。日本の大学生は「日本政府は既に十分賠償した」(37.6%)、「この問題について言及したくない」(30.0%)と答えた。

一方、韓国の大学生の94.4%は「日本政府の公式謝罪と賠償が必要だ」と答えた。日本政府の公式謝罪と賠償が必要だと答えた日本の大学生は全体の32.4%で、韓日学生の認識の差が鮮明になった。

徐教授は、「韓国では日本政府の責任回避や歴史歪曲(わいきょく)に対する批判の声が根強いが、日本では慰安婦問題に関する教科書での記述が削除され、事実を否定しようとする動きが見られることが両国の認識の差に反映されたようだ」と分析した。

教科書の改訂や慰安婦の強制性を否定するような動きなど、安倍晋三首相の歴史観に基づいた韓国に対する外交政策を問う項目では、日本の大学生(50.4%)と韓国の大学生(64.8%)の半数以上が「韓国と関係改善のため調整が必要だ」と答えた。

また、日本の大学生は「問題はあるが日本の発展のため避けられない」「正しい方向性であり支持する」(それぞれ18.0%)として、安倍首相の外交姿勢を支持する意見もあった。だが、13.6%は「国際社会でのイメージが悪化したため政策は失敗だ」と答えた。

相手国のイメージについて、韓国の大学生は「普通」(40.8%)、「悪い」(37.6%)、「良い」(11.6%)の順だった。日本の大学生は「普通」(36.4%)、「良い」(32.4%)、「悪い」(14.0%)の順。

両国の関係発展における最大の障害は何かという質問に対し、韓国の大学生は「独島、慰安婦など歴史認識の違い」(78.4%)を挙げ、日本の大学生は同じく歴史認識を挙げた人の割合が46.4%となったほか、「安倍政権の政治イデオロギー」(19.2%)、「国民間の感情」(18.8%)、「各分野の競争構図」(15.6%)という結果になった。

両国関係改善に何が必要かとの問いには、「歴史共同研究」(韓国58.4%、日本32.0%)、「首脳会談の推進」(同20.0%、25.6%)、「民間交流拡大」(同13.2%、22.8%)、「文化コンテンツ交流」(同4.4%、10.8%)、「経済協力」(同4.0%、8.8%)を挙げた。



※ ソースをフォーカスアジアから聨合ニュースへ差し替えた。

2015/02/04

93歳、死の半年前に慰安婦登録の不透明感


90歳を超える女性が死の半年前に元日本軍慰安婦として登録された。本人は「慰安婦の『慰』の字を口にするだけでも驚」くような有様であったのに、妹たちを通じて経歴を確認し認定された、と。果たしてメダタシメデタシと言ってよいものか。

ちょっとメモが見つからないのだが、韓国では最近になって親族による申請も可となった(要確認)。本人が何も言っていなくとも、親族が勝手に(?)申請してしまうのもアリなのだ。そして親族を介しての聞き取り調査で認定、という流れ。なんか引っ掛からないだろうか?

TV朝鮮の中で参考映像として出た写真
慰安婦と何か関係あるのだろうか?

2013年の話になるが、韓国政府では「被害者237人中149人の強制動員当時の年齢も把握できずにおり、被害者10人の出身地域を間違えているだけでなく、日本軍慰安婦被害者の年度別受付・処理件数も一部整理されていない」といった状況で、20万人(!)の被害者のうち243人しか確認されていない、被害者を積極的に探せ国会議員にせっつかれていた。問題は、現在の韓国の異常な雰囲気の中で慰安婦の登録申請を政府が棄却することが果たして可能なのだろうか、ということである。なお、例によって韓国メディアは「日本政府の謝罪を受けられないまま息を引き取った」などといい加減なことを言っている(中央日報TV朝鮮)。

「パクさんは婦人科疾患に悩まされ、死にもつながった」・・・93歳なら寿命だろう。

訃報:パク・ウィナムさん93歳=元慰安婦

ファン・ソンスンさんの死から5日、生存者は53人に

旧日本軍の元慰安婦だったファン・ソンスンさんが死去してからわずか5日後、また1人の元慰安婦がこの世を去った。今年に入ってから2人が亡くなったことになる。これにより、韓国政府に登録されている旧日本軍の元慰安婦238人のうち、生存者は53人にまで減った。

韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)は2日、韓国政府に登録されている元慰安婦のパク・ウィナムさん(93)が先月31日に持病のため亡くなったと発表した。女性家族部(省に相当)と挺対協によると、パクさんは16歳だった1938年「満州(中国東北部)の軍需工場に行けば金を稼げる」という近所の人の話にだまされ、慰安婦として連れていかれ、7年にわたって辛酸をなめた。光復(日本の植民地支配からの解放)とともに帰国したが、慰安婦として働いたことによる身体的・精神的な後遺症のため苦しい生活を強いられた。女性家族部によると、パクさんは婦人科疾患に悩まされ、死にもつながったという。生活保護を受給していたため病院の費用は免除されたが、まともな収入がないまま江原道や慶尚北道などでたびたび引っ越しを繰り返し、子どもを産むこともできず、妹の息子を養子にした。

亡くなる6カ月前の昨年8月、ようやく政府に旧日本軍の元慰安婦として登録された。遺族は「故人の過去の記憶を呼び覚ますのはとてもつらかったため、登録が遅れた」と話した。パクさんの元慰安婦としての登録を支援した女性家族部の関係者は「慰安婦の『慰』の字を口にするだけでも驚かれたため、調査も容易ではなかった。妹たちを通じて過去の経歴について聞き、ようやく登録できた」と話した。

パクさんの遺族は葬儀を身内だけで行い、遺骨は忠清南道天安市の「望郷の丘」に安置した。「望郷の丘」は1976年、祖国への埋葬を願う海外在住の韓国人100万人のために開設された国立墓地だ。

挺対協はこの日、パクさんの死去について公表し「1日も早く慰安婦問題が解決し、残された時間があまりない被害者たちが真の意味で解放されるようにしてほしい」と訴えた。

2015/02/03

慰安婦像倍増計画(久保田るり子) ??

城南市の慰安婦像建立は市長が推進

韓国では慰安婦像がブームである。いろいろニュースが出ているが、このブログでも取り上げきれない状況である。久保田るり子の書き方だと、現在の慰安婦像建立運動は統一された意思の下で「倍増計画(久保田)」が進められているような印象だが、実際は各地の有志が自主的にやっているようである。参与連帯がブームの仕掛け人というわけでもなさそうである。パク・ウォンスン市長が除夜の鐘つきに慰安婦を招くというような事をやっているのは事実だが。

■韓国国内で慰安婦像の建立がとまらない

在ソウル日本大使館前の元慰安婦らによる「水曜デモ」一千回を記念して、約3年前に建てられた慰安婦像は現在、韓国6カ所(ソウル、高陽、水原、華城、城南、巨済)にある。この倍増計画が左派市民団体で本格化している。今夏の「光復節」までに像の建立を目指し、世宗、大田、蔚山、光州、富川、昌原)の地方都市6カ所での建立運動だ。

韓国紙などによると、中心になっているのは韓国中部の世宗市の市民団体で、今年年初に「世宗平和の少女像建立市民推進委員会」を組織すると発表。3月に慰安婦問題解決と朝鮮半島統一を祈念する文化祭を開き、8月に慰安婦像の除幕式を予定しているという。ほかの都市も同様で、大田市はすでに寄付金が集まっており、同市も支援を決定したため「3・1節」(日本からの独立運動記念日)に他市に先駆け像の除幕式を開催の見込みだ。

建立運動の中心を担っているのが韓国の左派市民団体の代表格「参与連帯」だ。世宗市では、「世宗参与自治市民連帯」が約20の市民団体を率いている。

参与連帯」は盧武鉉氏を当選に導き盧政権を支えた支持団体「ノサモ」(盧武鉉を愛する会)の母体で親北反米の運動体として知られる。李明博政権下で起きた北朝鮮による韓国哨戒艦「天安」撃沈事件(2010年3月)では、北朝鮮の犯行を報告した政府調査報告書を「疑惑だらけ」として国連安保理に「北朝鮮制裁はおかしい」と公開書簡を送りつけ、韓国内では大問題になったものだ。

■慰安婦運動で左派親北勢力の動きが活発化

「参与連帯」の創設者で元代表は、現ソウル市長の朴元淳氏である。

この団体は1994年、「参与民主社会と人権のための市民連合」として発足して99年「参与連帯」となったが、朴氏は弁護士でもあり、日本での元慰安婦による訴訟運動にも関与していたことで慰安婦問題には精通している。

朴氏は96年から「参与連帯」の代表を務めて盧武鉉時代に組織を固めた。朴氏は一方で左派弁護士の団体「市民社会のための弁護士の集まり」も率いており、2011年、左派勢力を結集してソウル市長に当選した。そして現在はポスト朴槿恵氏の左派系の最有力大統領候補とされている。

朴槿恵氏の求心力が弱まっている現在、慰安婦問題は今年も朴政権の対日攻勢の主テーマとなる。こうした慰安婦像建立運動は対日韓国世論をさらに攻撃的にする可能性がある。また、建立運動の推進団体が次期大統領候補の団体となれば、日韓関係の中長期にわたる懸念材料がまたひとつ増えることになる。(以下略)

ZakZak 2015.2.2 (一部)

2015/02/01

「朝日こそ歴史修正主義者である(マイケル・ヨン)」・・・しかし誤解も

マイケル・ヨン
真の歴史修正主義者である朝日新聞は,彼らを逆に「歴史修正主義者」と呼ぶ

日本が反論すればするほどこの問題に脚光が当り、逆効果だと言う人もいるが、必ずしもそうだとは思わない。注目度が上がれば、マイケル・ヨンのような人が現れるのも必然であった。欧米の実績のあるジャーナリストとして、恐らく初めて慰安婦問題の「国際常識」に異を唱えたマイケル・ヨン。やっと理解者が現れたという思いに、胸を撫で下ろしている日本人も多いだろう。一方で、彼をdisるネチズンも現れている。disっている人々の狙いがなんであるかは知らないが、日本語の文献を自分で精査出来ないヨンは完璧ではないし、彼に過度に期待してもいけない。・・・とは自分も思う。

早速彼をdisる動きも blogos

ヨンは、千田夏光が性奴隷に関する嘘の本を書いたと考えているようだが、千田がルポにした慰安婦像は多様であった。千田が、朝鮮人慰安婦を日本政府によって戦時動員されたもの(=強制連行)と誤解した点は決定的なミスだったが、彼の本自体は真面目なものである。その他、朝日新聞が吉田清治を紙面に取り上げたのが吉田の嘘が暴かれた後だというのも正しくないだろう。済州新聞が吉田証言に疑問を投げかけたのは1989年。秦郁彦が済州島を調査しこの事を日本の雑誌に発表したのも、吉田が週刊新潮のインタビューに「事実を書いても利益はない」と開き直ったのも1992年である。いろいろと間違えていそうなヨンだが、慰安婦問題は軍隊と売買春の問題であり性奴隷制度などといったものではないという彼の認識は基本的に正しい。

1) 70年以上前,戦時中,日本軍は「慰安婦」所を各地に展開していた.その時期とそれ以前にも米国人が同じ事をやっていた.これはいろいろな資料に記録されている.別に日本やアメリカをせめるつもりはない.ほぼ全ての慰安婦は志願によって集められた.ブローカーによってだまされたケースも散見される.滅多に無かったことだがインドネシアやフィリピンでは日本人も関わっていた.戦後,これらの日本人兵は処刑された.もう一度言う.これは非難しているわけでもなんでもないし,実際の歴史学者に非難されている点でも無い.

2) 1945年に戦争が終わった.計画的なセックス奴隷が存在したとの主張は一切無かった.慰安婦制度は別に非難されていなかったのだ.ほぼ全員が売春婦であった.これは疑う余地が無い.これまで韓国には売春婦宿が沢山あった.戦後数十年にわたって韓国は米軍に売春婦を提供するポン引きであった.(122人のかつての売春婦が,米軍に対する売春サービスのポン引きをした件で韓国政府を訴えている)

3) 1965年,日本と韓国間における全ての戦後賠償が確定した.これは日本からの8億ドルの補償を含む.韓国の朴大統領は,戦時中日本軍の将校であったが,この補償によって韓国を代表して和解した.

4) 1973年,ある日本人(注:千田夏光の事と思われる)が戦時中のセックス奴隷についての本を出版した.すぐに本の嘘がばれ忘れ去られた.

5) 1978年,日本の左翼主義者によって,済州島で考え出したストーリーに由来する似たような主張の本が出版された.すぐに韓国と日本の学者たちによって内容が嘘であることを指摘され,著者(日本の共産党員)も,セックス奴隷にするために200人の韓国人女性を誘拐し,戦争犯罪に関わったという話を作り上げたと,明白に認めた

6) 1980年代初頭,朝日新聞が,1978年の本のストーリーをあたかも本当であるかのように流布し始めた.既に嘘が暴かれていたにもかかわらず.

7) 80年代,90年代,2000年代と,朝日新聞とそれに荷担する者たちはその嘘を塗り固めた.かれらは歴史を変えようと試み続けている.その嘘を糺そうとする者を彼らは逆に「歴史修正主義者」と呼ぶ.

8) 2007年,アメリカは非拘束アメリカ合衆国下院121号決議を可決する.これは,すでに嘘が暴かれていたセックス奴隷の件について日本に謝罪を求めるものだ.しかしながらこの下院決議と,あの嘘つき本を部分的に基にしている国連の報告が世界中で証拠として使われ始めたのだ.どちらも壮大な作り話にもかかわらず.

ゆえに次のことは明らかである — セックス奴隷の話を世界中に広めているとみられる歴史修正主義者が,その証拠を求める者に「歴史修正主義者」とのレッテルを貼っている.多くの本,ドキュメンタリー,映画が作られ,慰安婦像が各地に建てられている.それに反対する全ての日本人は真の歴史修正主義者に,それが朝日新聞だが,「歴史修正主義者」と呼ばれる

9) 今週,朝日新聞に対して大規模な訴訟がなされた.48時間ほど前,原告の数は8,700人であった.今日,10,000人を超えたと伝えられている.

訴訟に参加した者は「歴史修正主義者」と呼ばれるだろう.真の歴史修正主義者は朝日新聞とそれに荷担する者であるにもかかわらず.

まとめ:
— 1945年,戦争が終わった.
— 70年代,80年代から,朝日新聞とそれに荷担する者たちが歴史を修正し始めた
— 朝日新聞とそれに荷担する者たちに対して人々は歴史の訂正を求めた.真の歴史修正主義者である朝日新聞は,彼らを逆に「歴史修正主義者」と呼ぶ.
— 2015年,今週,真理を求める者たち(歴史修正主義者と呼ばれているが)が,真の歴史修正主義者である朝日新聞を訴えた.

Michael Yon JP 2015.1.29[2]