2015/07/30

申し訳ありませんが言えない河野洋平 自民党特命委員会に反発

「強制連行はあった」
先月9日の記者会見でも


「私は記者会見で、総じて本人の意思に反し、断れない状況も強制連行だと説明した」

うんうん、そうだろう。そうだろうと思った。

自民党の特命委員会に批判され、河野洋平が名古屋市内で河野談話発表時(93年)の自分の発言(質問に、強制連行はあったと回答)につい弁解した。

・・・しかしそれでは、1993年当時、宮沢政権(官房長官:河野洋平)が探し回った挙句「強制連行」を裏付ける資料は見つからなかったと結論づけたのは何だったのかということである。外務省の交渉担当者たちが、韓国政府に対して朝鮮人慰安婦の「強制連行」を確認出来なかったと懸命の説得をしていたのは何だったのか。

自民党の特命委員会の主張も、何だかなぁという感じだが

「強制連行(徴用)」と言ってしまったのは、自分の言葉足らずだった。誤解を招いたことを詫びた上で、意に反して慰安婦として働いていた女性はいたと言えば良かったのである。「なぜ『申し訳ありませんでした』とできないのか」と河野。その言葉は自分に向かって言うべき。

河野氏「強制連行あった」 自民の慰安婦提言を批判

河野洋平元官房長官は29日、外国の報道や教科書に慰安婦に関する事実誤認があるとして、自民党が日本政府に訂正の働きかけを求める提言をまとめたことについて、「なぜ『申し訳ありませんでした』とできないのか。そこから新しい日本の行くべき行動をとるのは当たり前ではないか」と苦言を呈した。名古屋市内での講演で述べた。

提言では、河野氏が「河野談話」を発表した際の記者会見で強制連行を認めたことが「事実に反する認識を広めた大きな原因になった」と指摘した。

河野氏はこれについて「私は記者会見で、総じて本人の意思に反し、断れない状況も強制連行だと説明した」と反論。その上で「オランダ政府が正式に、インドネシアにいた女性が強制的に日本軍に連れて行かれたと発言している」と指摘。「強制連行があったことは、否定することのできない事実だ」と語った。

朝日 2015.7.30

さて、河野が29日の講演で正確に何と言ったかは分らない。SBSニュースは、先月9日の記者会見での河野の発言を紹介している。SBSのニュース動画は途中がカットされているので断言は出来ないが、河野は、よくある「強制的な連行」を「強制連行(徴用)」とすり替える手法を用いている。もしも河野の言う通りなら、なぜあの時、河野談話に「強制連行はあった」と明記しなかったのかという話である。

軍が行って強制的に、もうそれは明らかに強制的に、えー連れ出してですね。そして慰安婦として働かせた。(中略)強制連行ということも、あった」 (2015.6.9?)

なでしこアクションら、国連女子差別撤廃委員会で性奴隷を否定


まずは主張することが大切。後は訴え方だが、これは場数を踏むに従い上手くなっていくはず。実際かなり改善されているのではないか?

「慰安婦は性奴隷ではない」 国連の委員会で日本の民間団体などが訴え

国連女子差別撤廃委員会の第63回準備会合が27日、ジュネーブで開かれ、日本の複数の市民団体が慰安婦問題を含むさまざまな女性差別に関する見解を発表した。会合には「慰安婦は性奴隷ではない」と訴える団体が初めて参加し発言した。慰安婦は日本の「犯罪」による被害者だと指摘されてきた国連の場での議論の行方に注目が集まっている。

杉田水(み)脈(お)前衆院議員(次世代の党)は、慰安婦について「軍や官憲による組織的な強制連行が行われていた」と長年報道してきた朝日新聞が誤報を認めたのを機に、日本では「慰安婦の強制連行はなかった」との認識が定着していると紹介。「国外ではまだ、日本の慰安婦問題はナチス・ドイツのホロコーストに匹敵すると宣伝されているが、事実無根だ」と訴えた。

さらに、民間団体「なでしこアクション」の山本優美子代表は、米国に加え、カナダやオーストラリアなどでも慰安婦像設置の動きがあることに懸念を示した上で、「慰安婦問題は女性の人権擁護という目的を逸し、外国での反日政治キャンペーンに利用されている」と指摘した。

産経 2015.7.28

zakzakの記事。クロスチェックしておきたいところだが・・・。

委員長は「慰安婦問題でこのような異なった意見があることを初めて知った」と驚き、「片方だけの意見を採用するのではなく、双方の意見を精査したい」と発言した。 (zakzak 2015.07.31)


関連ニュース: 日本の市民団体が慰安婦セミナー、ジュネーブで開催 (産経 2015.7.29)

2015/07/29

韓国政府&VANK「女性人権大使」200人選抜 「70億の人類に慰安婦知らせよ」


韓国政府とサイバー外交使節団VANKが、日本軍慰安婦の正体を70億の世界の人々に知らせるべく、200人の「女性人権大使」選抜、教育を施し、野に放つ。

フラッシュモブやら消費者生成メディア(CGM)やら、韓国はこういうのが多い。若者の集団がヨーロッパを旅をして、踊りながら慰安婦問題を宣伝する「希望の蝶 告げ口ツアー」もその一つだが、女性の人権を掲げて明るく華麗にヘイト・スピーチをやってれば世話はない。VANKが慰安婦問題をホロコーストに絡めるのは以前から。留学生を使って全世界のホロコーストミュージアムに慰安婦問題を売り込むプロジェクトを展開していたこともある(2013)。

M.ホンダの事務所を訪れたパク・ギテ団長(2012)

地球村(?)に二度と慰安婦問題という「戦争犯罪」が起こらないよう、世界の歴史を変える偉大な挑戦なのだそうである。

日本軍慰安婦問題知らせる「女性人権大使」が誕生する

VANK・女性家族部、200人選び教育して任務付与

日本軍慰安婦問題を世界中の国際機構、政府機関、教育機関、外国人に正しく知らせる「グローバル女性人権大使」がまもなく誕生する。

サイバー外交使節団VANKと女性家族部は光復(解放)70周年、国連創設70周年を迎え日本軍慰安婦問題を広報する青少年と大学生200人を選抜した。

この者たちは、24日国立中央博物館で開かれる発隊式と教育に参加し、出て1ヶ月の間活動に入る。

人権大使は日本軍慰安婦問題を知らせるフラッシュモブなどキャンペーンを企画して展開して、世界の人々の理解を助けて協力を促すコンテンツ(UCCなど)等を製作し拡散する任務を遂行する。

また、日本軍慰安婦問題に対して無関心な周辺の人々の参加を積極的に引き出すための小グループ講演に出て(行い?)、各国の政府機関に手紙を送る活動を行う。

パク・ギテVANK団長は21日電話で「1991年キム・ハクスン・ハルモニの公式記者会見を皮切りに(?)日本軍慰安婦問題が世の中に広がり始め、これまで数十年間、韓国政府と民間団体、学者や在外同胞などが立ち上がり、継続的に全世界に知らせてきた」「しかし、日本政府は慰安婦問題に対する真の謝罪と責任を負う行動を拒否しており、私たちの努力を組織的に妨害している」と指摘した。

彼は続けて、「さらに日本の国家指導者と政治家は慰安婦問題に対する最小限の責任を入れた河野談話」を否定し、教科書でも故意に事実を抜かしたり隠したりして日本青少年の目と耳を塞いでいる」と解説した。

VANKは第2次世界大戦中ユダヤ人が体験した「ホロコースト」問題に注目する。 現在全世界の青少年が読む世界の主要な歴史教科書に漏れなくホロコースト問題が登場し、アメリカのワシントンやニューヨークなどの主要都市にホロコースト博物館が建てられ、多くの市民が追慕し、ハリウッドの有名監督と俳優が先を争ってホロコーストをテーマに映画を作るのは偶然の歴史ではないだろう。

人類歴史に再びホロコーストのような戦争犯罪が発生しないようユダヤ人青年たちが積極的に広報し、これを世界の人々が支持して協力したので可能だったと判断している。

パク団長は「日本軍慰安婦問題は全世界の人が必ず守らなければならない人類普遍の価値である戦時女性人権問題と直結した」として「これを知らせるのは、韓国と日本の間の外交的葛藤の解消を超え地球村の歴史に再びこのような戦争犯罪が発生しないように世界の歴史を変えようとする韓国人の挑戦だ」と強調した。

聨合ニュース 2015.7.21[2]

VANKの呼びかけ。

世の中を変える歴史の主人公! グローバル女性人権大使を求めています!


1991年に日本軍「慰安婦」ハルモニであるキム・ハクスンさんの公式記者会見を皮切りに(?)世界の国際機構、政府機関、議会、大学、展示会を対象に日本軍の「慰安婦」問題を知らせるために韓国政府と民間団体、学者、そして青年たちが数十年間たゆまぬ努力してきました。

70歳を超える高齢にもかかわらず、日本軍「慰安婦」ハルモニはアメリカ議会で、国連で、世界のあちこちで日本軍「慰安婦」問題を世界中の人々に知らせており、全世界の海外同胞は日本軍「慰安婦」少女像と顕彰碑を建てています。

ですが、日本政府は日本軍「慰安婦」問題に対する真の謝罪と責任ある履行を拒否しており、国際社会に日本軍「慰安婦」問題を正しく知らせようとする韓国人が努力を組織的に妨害しています。

さらに日本の国家指導者と政治家は日本軍「慰安婦」問題に対する日本政府の最小限の責任を入れた「河野談話」を否定し、教科書に日本軍「慰安婦」問題を故意に欠落させたり隠したりして日本の青少年の目と耳を塞いでいます。

阻止しなければなりません!第2次世界大戦対ユダヤ人が体験したホロコースト問題が今日全世界の青少年が目にする世界の主要の歴史教科書に漏れなく登場し、アメリカのワシントンやニューヨークなど世界の主要都市にホロコースト博物館が建てられ、数多くの世界市民の追慕と記憶の行列が絶えず、ハリウッドの有名監督や俳優が先を争ってホロコーストをテーマに映画を製作するのは、自然にそうなったわけ(歴史)ではありません。

人類歴史に再びホロコーストのような戦争犯罪が起こらない為に、ユダヤ青年たちの絶え間ない努力と実践の末に全世界の人の支持と協力があってこそ可能だったのです。

すなわち、世の中を変えようとするユダヤの青年たちの夢とこの夢を(?)共にした世界の人々の夢が加わり、再び人類歴史にホロコーストのような戦争犯罪が発生しなくなるのです。

しかし、日本軍「慰安婦」問題はまだ世界の人々に正しく知らせられることもなく、日本政府の責任ある謝罪と反省もまた実現(?)していません。

日本軍「慰安婦」問題は韓国と日本の間の外交的紛争問題で終わるものではありません。日本軍「慰安婦」問題は全世界の人々が絶対に守らなければならない人類普遍の価値である戦時女性人権問題と直結した問題です。

もし21世紀に韓国人が日本軍「慰安婦」問題をまともに解決出来ないなら、この瞬間にも全世界のあちこちで発生している紛争地域の女性性暴行問題をも傍観することになり、日本軍「慰安婦」のような戦争犯罪が再び人類歴史に復活することに沈黙するものです。

したがって、韓国人が全世界70億の人々を対象に日本軍「慰安婦」問題を知らせることは
韓国と日本の間に外交的葛藤の解消を超え、地球村の歴史に再びこのような戦争犯罪が起こらないために世界の歴史を変えようとする韓国人の偉大な挑戦の序幕を知らせることなのです。

これに伴い、サイバー外交使節団VANKは光復(解放)70年、国連創設70年を迎え、日本軍「慰安婦」問題を創造的なアイディア革新的な実践方法で全世界国際機構、政府機関、教育機関、外国人に正しく知らせていく<グローバル女性人権大使>を求めています。

グローバル女性人権大使は日本軍「慰安婦」問題の解決のために小さな一歩を踏み出そうとする韓国の青少年なら、誰でも参加出来ます。

グローバル女性人権大使になれば、VANKが推進する発隊式教育を通じてきた-オフラインで世界の人々に韓国を知らせ、日本軍慰安婦問題を知らせて行く多様な活動を能動的に企画し実行することになります。

日本軍「慰安婦」ハルモニの痛みを癒し、進んで21世紀人類歴史に再び日本軍「慰安婦」のような戦争犯罪が発生しないように全世界次世代に向かった偉大な夢を見る青少年と大学生なら、今すぐ参加してください

韓国とアジア、進んで地球村の歴史を変えていく韓国青少年、大学生の沢山の参加jを期待しています。

<グローバル女性人権大使募集>



일본군 위안부 문제 알릴 '여성 인권대사' 탄생한다

반크·여성가족부, 200명 뽑아 교육하고 임무 부여

왕길환 기자 = 일본군 위안부 문제를 전 세계 국제기구, 정부기관, 교육기관, 외국인들에게 제대로 알릴 '글로벌 여성 인권대사'가 곧 탄생한다.

사이버 외교 사절단 반크와 여성가족부는 광복 70주년, 유엔 창설 70주년을 맞아 일본군 위안부 문제를 홍보할 청소년과 대학생 200명을 선발했다.

이들은 오는 24일 국립중앙박물관에서 열리는 발대식과 교육에 참가하고 나서 한 달 동안 활동에 들어간다.

인권대사들은 일본군 위안부 문제를 알릴 플래시 몹 등 캠페인을 기획해 전개하고, 세계인들의 이해를 돕고 협력을 촉구하는 콘텐츠(UCC 등) 등을 제작해 퍼뜨리는 임무를 수행한다.

또 일본군 위안부 문제에 대해 무관심한 주변인들의 참여를 적극적으로 끌어내기 위한 소그룹 강연에 나서고, 각국 정부기관에 편지를 보내는 활동을 한다.

박기태 반크 단장은 21일 통화에서 "1991년 김학순 할머니의 공식 기자회견을 시작으로 일본군 위안부 문제가 세상에 퍼지기 시작했고, 지금까지 수십 년 동안 한국 정부와 민간단체, 학자, 재외동포 등이 나서서 끊임없이 전 세계에 알려왔다"며 "그러나 일본 정부는 위안부 문제에 대한 진정성 있는 사과와 책임지는 행동을 거부하고 있으며, 우리의 노력을 조직적으로 방해하고 있다"고 지적했다. 

그는 이어 "심지어 일본의 국가지도자와 정치인은 위안부 문제에 대한 최소한의 책임을 담은 '고노 담화'를 부정하고, 교과서에서도 고의적으로 사실을 빠뜨리거나 은폐하면서 일본 청소년들의 눈과 귀를 막고 있다"고 설명했다. 

반크는 제2차 세계대전 당시 유대인이 겪었던 '홀로코스트' 문제에 주목한다. 현재 전 세계 청소년들이 보는 세계 주요 역사 교과서에 빠짐없이 홀로코스트 문제가 등장하고, 미국의 워싱턴, 뉴욕 등 주요 도시에 홀로코스트 박물관이 세워져 많은 시민이 추모하며, 할리우드 유명 감독과 배우들이 앞다퉈 홀로코스트를 주제로 영화를 만드는 것은 우연히 이뤄진 역사가 아니라는 것이다. 

박 단장은 "일본군 위안부 문제는 전 세계인들이 반드시 지켜야 할 인류 보편적 가치인 전시(戰時) 여성 인권문제와 직결됐다"며 "이를 알리는 것은 한국과 일본 사이에 외교적 갈등 해소를 넘어 지구촌 역사에 다시는 이러한 전쟁 범죄가 발생하지 않도록 세계 역사를 바꾸려는 한국인들의 도전"이라고 강조했다.

2015/07/26

[写真で見る水曜デモ28] アジア・アフリカ20ヶ国のNGO 「謝る事は恥ではない」


ヨルダンの女性

「日本よ。謝ることは恥ではないぞ」

梨花グローバルエンパワーメント・プログラム(?)に関連してアジア・アフリカ20カ国から集まったNGO活動家を水曜デモに動員したらしい。で、肝心の日本大使館は、現在建替え工事の為、無人。誰もいない建物に向けて叫んでいたらしい。[ソース SEGYE] [ソース]。この日の水曜デモには数百人が参加したという[産経]

2015/07/25

橋下徹「サンフランシスコ市に、しっかりメッセージを出して行きたい」

もう、米国にはハッキリ言うべきでは?(23日)

橋下は、遠慮して「戦場における女性の性の問題」としか言わないが、ハッキリと米軍も慰安婦を利用していたと言わない限り、アメリカは目が覚めない。ハッキリ言わないから、国務省がこの件に関してはぐらかしても、誰も問題にしない。橋下がサンフランシスコ市に説明しようとして一年が経つが、姉妹都市サンフランシスコはまったく変わらない。もう一歩踏み込むべきではないか?


(11:15~
産経新聞の記事で、慰安婦像の話ありましたけどね。サンフランシスコの。産経新聞の記事を前提になんですけども。ちょっとこれから色々な事実確認をして、サンフランシスコの議会や市の方に、きちっと、ちょっとオカシイじゃないかというような文書を出して行きたいと思います。姉妹都市を結んでいるんでね。そういう関係を踏まえて、しっかりやって欲しいというような事を。あっ抗議というよりもね、ちょっとしっかりやって欲しいという事は伝えて行きたいと思ってます。

あの、もうずっと繰り返し言ってますけども、戦場における女性の性の問題、これは世界各国でみんながこれは二度とやってはいけないというその反省とですね、二度とやってはいけないという決意、これを表明して行くのは今の、現代における価値観ではこれは当然のことであって、だけど、あそこで、どうも誤解があるのはね。当時。第二次世界大戦のその当時の、日本だけが何か特殊なことをやったということで、日本だけを特別に非難するようなことを。またそれが像としてね、設置されるというようなことは、僕はこれはあってはならないと思ってます。

で、細かな所の事実についてはきちっと検証してもらってるのかどうなのか。20万人という数だったりとか、性奴隷という表現だったりとか、そういう所についても、日本として反省すべき所は反省して、二度とそういう所は、そういう事は二度とやってはいけない、当然女性の人権を守らなければいけない、これは当然のこととしながら、旧日本軍が20万人を性奴隷にしたっているそれを像に刻み込むっていうのは、僕は違うと思ってるんで。全世界が女性の人権をしっかり守って行こうと、その戦争、第二次世界大戦において女性の人権が蹂躙されて来たというのは、これは厳然とした事実ですから、そういう事は絶対にしないでおこうという、そういう決意の像であれば、僕は大賛成です

ただ、そこに旧日本軍が20万人の性奴隷ということを刻み込むのは違うと。や姉妹都市大阪で、姉妹都市を結んでいる大阪という、そういう所も踏まえた上でしっかり対応してもらいたいとは、サンフランシスコの市議会やサンフランシスコ市の方には、この産経新聞の報道を前提としてというような前提、そういう前提で、しっかりこちら側のメッセージは出して行きたいと、思っております。

定例会見 2015.7.23(11:15~)

追記: 橋下氏「旧日本軍だけ取り上げるならアンフェア」 姉妹市・サンフランシスコ市議会の慰安婦像設置決議案に見解ただす文書 (産経

追記: 橋下市長意向、サンフランシスコ市議会へ書簡発送 (産経 2015.8.11 9.3)

2015/07/23

韓国政府らが選んだベスト映画シナリオ 「日本の政党トップの妻が元慰安婦」など

やってる事は北朝鮮のプロパガンダと同じ

韓国政府(女性家族省)による国際広報戦略か。漫画の次は映画というわけで、慰安婦像と並んで最近慰安婦映画の話題も多い(もっと紹介しておきたかった)。国を挙げて悪ノリするものだから、史実から離れて慰安婦のイメージがどんどん荒唐無稽になって行く。

「日本の右翼政党トップの妻マツコがかつて強制動員された慰安婦だったというストーリー」が、「慰安婦に対し妄言を発する人々の祖母が慰安婦だったかもしれないという発想が高得点につながった」というから、評価の基準は史実とは全然関係ないらしい。韓国では、「親日歴史清算」を主張する国会議員が実は日帝の警察官だったとスッパ抜かれてニュースになったりするが、そういった現実が頭にあるのかもしれない。

「慰安婦として拉致されたが脱出したものの、その間に妹が連れて行かれたと聞いて腕の立つ狙撃手の弟子となり、日本軍に立ち向かうというアクション活劇」というどうしようもないB級臭だが、こういうのが「高く評価された」のだそうである。

慰安婦映画、シナリオ公募に298作品

日本の右翼の祖母が元慰安婦というストーリーも
元慰安婦が主人公の映画製作へ
CJ・女性部、候補作4作品選定

元従軍慰安婦を主人公にした映画が作られることになった。

CJグループが設立した財団法人CJ文化財団と女性家族部(省に相当)は昨年4月から従軍慰安婦をテーマにしたシナリオを公開募集し、応募があった298作品のうち4作品を製作候補シナリオに選定したことを22日、明らかにした。今年9月に韓国の主な制作会社・投資会社が4作品のうち少なくとも1作品を選び、映画化することになる。

「マツコの戦争」(ウォン・ヨンジン作)という作品は、日本の右翼政党トップの妻マツコ(韓国名:ミジャ)がかつて強制動員された慰安婦だったというストーリーだ。マツコの孫が政界に進出、選挙戦略で「慰安婦はねつ造された歴史だ」と主張したところ、祖母のマツコが自身の過去を告白するという内容。審査員のハン・ヘイン研究員は「日本はかつて自国民も従軍慰安婦として送り込んだ歴史を持つが、政府も被害者もこれをなかったことのように口を閉ざしている。慰安婦に対し妄言を発する人々の祖母が慰安婦だったかもしれないという発想が高得点につながった」と説明した。

また、審査員の映画監督オ・ギファン氏は「当時の慰安婦の(心の)痛みや傷は癒えておらす、さらに深くなっていくという状況を描いた作品が多数出品された。複数の行政機関に所構わず苦情を言う『苦情の女王』の高齢女性を登場させ、堂々と加害者に謝罪を要求する様子を描いた『I can speak』(カン・ジヨン作)がその代表的な例だ」と述べた。

厚顔な加害者と生涯自分を恥じて生きなければならない被害者の姿を描いた「国民俳優ムン・ホンニョ」(チョン・ギハク作)、慰安婦として拉致されたが脱出したものの、その間に妹が連れて行かれたと聞いて腕の立つ狙撃手の弟子となり、日本軍に立ち向かうというアクション活劇「ソニ」(チョン・ジャヨン作)も高く評価された。

[報道] 韓国人慰安婦48人「2015今年の人権賞」共同受賞


次は、ノーベル賞かな

慰安婦被害女性48人「2015今年の人権賞」共同受賞

  旧日本軍慰安婦被害女性48人が「2015今年の人権賞」を共同受賞した。

  21日、アジア人権議員連盟と国会人権フォーラムが主催した授賞式に慰安婦被害者を代表して5人が出席し、「2015今年の人権賞」を共同受賞した。現在、韓国政府に登録された慰安婦被害者238人のうち生存者は48人。

  アジア人権議員連盟会長は授賞式で「遅くなる前に一刻も早く被害女性たちの苦痛を和らげて余生をゆっくり過ごせるよう、慰安婦問題の解決に向けて一層大きな関心と行動が必要だ」と伝えた。

  アジア人権議員連盟と国会人権フォーラムは2005年から毎年人権保護と増進に寄与した活動家を選んで「今年の人権賞」を授けている。



25億円訴訟弁護士の言い分「天皇の戦犯認定で全て解決」

安倍首相が慰安婦を売女と呼んだ?

例の25億円訴訟の仕掛け人。詐欺師か目立ちたがり屋(いわゆる「愛国商売」)と思ったが、けっこう本気なのかもしれない。今回の訴訟はホロコーストアート(en.wikipedia)の返還訴訟がヒントになったらしい。引き受けてくれるアメリカの法律事務所は一軒も無かったとも言ってる。彼の説明には突っ込み所が満載。ナヌムの家側もとりあえず一人だけ原告として元慰安婦を協力させはしたが、半信半疑の様子。もっとも、嘘から出た実という言葉もある。

<インタビュー>米国内の慰安婦訴訟を主導するキム・ヒョンジン弁護士

  韓日間の真の和解を阻んでいる最大の懸案、慰安婦問題。この難題は国交正常化50周年を迎えても、解決するどころかますます悪化している。こうした状況で慰安婦の強制動員を否定する安倍政権を米国裁判所に立てて最後まで責任を問うという被害女性の歴史的な法廷争いが始まった。13日(現地時間)、元慰安婦2人が安倍晋三首相を相手取り、それぞれ200万ドルの損害賠償金を求める集団訴訟を米サンフランシスコ連邦裁判所に提起したのだ。訴訟の産婆は法務法人ジョンセに所属するキム・ヒョンジン米国弁護士(53)。この裁判のために人知れず4年間準備したというキム弁護士に15日に会い、これまでの秘話や裁判戦略を聞いた。

  --訴訟を主導することになった契機は。

  「美術法など知的財産権問題が私の専門分野だ。このため第2次世界大戦中にナチスに奪われたユダヤ人の美術品、いわゆるホロコーストアートの返還訴訟に関心があった。こうした裁判を見ていると、例外なくユダヤ人が勝訴している。ここから慰安婦訴訟のヒントを得た。ホロコースト関連訴訟は時効に関係なくいつも勝訴するが、我々も勝てないことはないと考えるに至った」

  --韓国や日本で裁判してはいけないのか。

  「国内で勝っても日本側が応じなければ事実上、執行力がない。してもしなくても同じということだ。日本で訴訟しても100%勝てない。慰安婦被害者が亡くなっていく現状況で、実際に効力がある裁判とするには米国のような外国でしなければいけないという信念が生じた」

  --ドイツ-イスラエルと韓日間の関係は違うのでは。我々は植民地支配に対する賠償問題ではないのか。

  「最近、英国では旧植民地のケニアであった残酷行為に対し、謝罪と賠償をするべきだという判例が出ている。植民地支配の問題としても日本も十分に謝罪と賠償をしなければいけない」

  --裁判はどう準備したのか。

  「4年前から米国に行くことがあれば現地のロースクール図書館を回って資料を集めた。主に国際法関連資料と判例だったが、調査を続けてみると、ある日『こういう論理を展開すれば勝てる』という考えが浮かんだ

  --訴訟に参加した慰安婦被害者はどう探したか。

  「裁判を起こすには適当な原告が必要だった。幸い、曹渓宗(チョゲチョン)関連業務を支援したのが縁になった。できれば慰安婦被害者に会わせてほしいと曹渓宗総務院側に依頼したところ、京畿道広州(クァンジュ)の『ナヌムの家』の紹介を受けた。2年前だったが、とにかく電話をかけて訪問した。熱心に訴訟について説明したところ、ナヌムの家側が慰安婦被害者を紹介してくれた

  --被告には誰が含まれているのか。

  「個人では現明仁天皇と父の裕仁前天皇安倍首相、そして安倍首相の祖父の岸信介元首相らが含まれている。このほか、トヨタ・三菱など20余りの日本大企業も入っている。慰安婦被害者は強制的に捕まった後、船や列車に乗って連れて行かれたため、これを作った企業も幇助罪に該当する。ユダヤ人虐殺事件に関する判例でフォルクスワーゲンやバイエルのようなドイツ企業が巨額を賠償したのもこうした理由からだ」

  --今回の訴訟の特徴は。

  「国内または日本で提起された慰安婦訴訟と違う点といえば、日本政府と現首相だけでなく裕仁天皇まで被告にしたという点だ。日本は村山談話や河野談話などを通じて謝罪したが、新しい内閣になればすぐに言葉を変える姿を繰り返してきた。このため国際法廷で裕仁天皇が戦犯と認定されれば、これ以上の議論はないだろう。今回の訴訟で勝てば強制徴用など日帝時代の被害補償に関連するすべての問題が一斉に解決することになる」

  --勝訴すると思うか。

  「米国人から見て最もあきれる事件が慰安婦事件だ。安倍政権は慰安婦が強制動員されたのではなく、合意によって体を売った売春婦だと主張する。しかしこうした論理には決定的な瑕疵がある。たとえ合意があったとしても18歳以下の未成年者との性関係は米国の法では強姦だ。強制性に関係なく、当時日本軍と10代の少女の組織的な性関係が存在したのは明らかだ。日本人が合意によるものだと主張しても、米国の法廷では受け入れられない」

  --米国で未成年者との合意が認められず処罰された事例はあるのか。

  「ある。(ボクシング)ヘビー級チャンピオンだったマイク・タイソンがまさにそのようなケースだ。マイク・タイソンは1992年、18歳の少女とホテルで関係を持った容疑で懲役6年を言い渡された。タイソンはその少女が世界チャンピオンである自分が好きで、合意のもとで関係を持ったと主張した。ある程度は事実だったが、それでも米国の裁判所では受け入れられなかった。相手が未成年者なら同意の有無に関係なく処罰を受ける」

  --訴訟を起こした女性も未成年者だったのか。

  「一人の女性は連れて行かれた当時16歳だった。この方の出生証明書は日本政府が発行したもので、誰も否定できない。もう一人の女性は未成年者と成人の境界の18歳だった」

  --日本は米国に裁判管轄権がないと主張するはずだが。

  「イスラエルは終戦から15年過ぎた60年、アルゼンチンに隠れていたユダヤ人虐殺責任者アドルフ・アイヒマンを捕まえて自国の法廷に立たせた後、処刑した。人道主義に反する反倫理犯罪は時効もなく管轄権もないという論理で敢行したのだ。このような論理は第2次世界大戦の戦犯を審判したニュルンベルク裁判でも米国によって採択された。ユダヤ人虐殺は欧州であったが、反倫理犯罪であるため第三者の米国が入り込むことができた。これ以外にも管轄権問題を解決する腹案がある」

  --どんな案か。

  「今回の裁判は集団訴訟で今は原告が2人だが、後に米国で暮らす慰安婦被害者が加われば管轄権問題が解決する。例えばグアムやサイパン、あるいは当時米国の植民地だったフィリピンに連れて行かれた女性が現れて参加すればよい」

  --そのような人が現れなければ。

  「慰安婦問題は過去形ではなく現在進行形であるため、管轄権をめぐる是非はないはずだ。安倍首相と日本の極右派は被害女性を自発的売春婦と主張している。しかし米国法では売春婦を売春婦だと呼ぶこと自体が深刻な名誉毀損だ」

  --名誉毀損の当事者が特定されないのでは。

  「現在、生存慰安婦被害者は48人にすぎない。したがって特定されると見るべきだ。さらに売春婦ではないが売春婦だと主張するのはより大きな罪であり、虚偽事実による名誉毀損が成立する。日本の右翼は大都市集会で公然と被害女性を売春婦と主張している。罵倒の記録は無数にある。一方、女性たちが自発的売春婦であることを証明する記録はどこにあるのか」

  --日本国内で主張したことも米国で問題になるのか。

  「被害女性に精神的な衝撃を与えた日本極右団体の言動はすべて記事を通じて米国にも広まっている。日本の新聞の相当数が米国でも発行されている。したがって管轄権を否認できない。さらに安倍首相は慰安婦強制動員の主張は虚偽だという広告を日本の新聞に掲載し、サインまでした。参考に96年の米アトランタオリンピック(五輪)当時に公園で爆弾テロがあったが、米連邦捜査局(FBI)がリチャード・ジョウェルという警備員を容疑者として逮捕した。米メディアはジョウェルについて細かく調べて報道した。ところが調査を進めてみると無罪だった。ジョウェルは後ほどニューヨークタイムズやワシントンポストなどのメディアを相手に損害賠償訴訟を起こし、巨額を受けた。メディアが確実な証拠なく特定人を売春婦のような法律違反者にするのは深刻な名誉毀損だという米連邦裁判所の判例がある」

  --過去に慰安婦訴訟はなかったか。

  「90年代に韓国・中国・フィリピン出身の慰安婦被害者が米国の小さな法律事務所を通じて訴訟を起こしたことがある。しかし米政府が『この懸案は外交問題であるため米国内で扱わないでほしい』という意見書を提出して終わった。しかし今回は個人が名誉毀損にあっている状況と関連する訴訟だ。さらに90年代以降、ルワンダ、ユーゴ内戦などで反倫理犯罪に対する判例が国際法廷で積み上げられた。いくら米国政府でも簡単に踏みつぶすことはできないだろう」

  --韓日協定で植民地支配関連の損害賠償は終わったと日本は主張するはずだが。協定締結時に「さまざまな事案を含む」と合意したのではないのか。

  「締結当時に存在さえ分かっていなかった反倫理犯罪に対し、両国政府が合意したからといってなかったことにすることはできない。60年代には慰安婦問題は出てくることもなかった」

  --訴訟でない他の方法で問題を解決することはできないのか。

  「米国の有名黒人運動家マーティン・ルーサー・キング牧師も引用して有名になった言葉がある。人種問題に関連し、穏健な白人が『もう少し耐えればすぐに解決される』で述べると、キング牧師はこのように語った。『遅く成された正義は正義とは言わない』と。70年待てば十分だ。何をもっと待てというのか」

  --裁判はどう進行されるのか。

  「過去4年間、数百回も手直しして書いた66ページの訴状をサンフランシスコ裁判所に提出した。規定に基づきこの訴状は3カ月以内に被告側に伝えられるはずで、この書類を受ければ向こう側が1カ月以内に答弁書を出さなければいけない。本格的な裁判が始まれば数年かかるかもしれない。米国に行って裁判を引き受ける法律会社を探したが、すべてしないと言った。日本を刺激して何がよいのかという雰囲気だった。結局、私が直接することにし、サンフランシスコに弁護士登録も終えた。今後は2、3月間に一度は米国に行かなければいけないようだ」

  --裁判の準備のために使った費用も少なくないはずだが。

  「4年間、米国を行き来して調査するのに数千万ウォン(数百万円)は使ったようだ」

  --訴訟の進行に最も重要なことは何か。

  「韓国の国民が関心を持つことだ。ドイツのウイリー・ブラント元首相は無名勇士碑の前でひざまづいて祈った。なぜ天皇はそうできないのか。そうなる時まで戦わなければいけない。不可能だと考えること自体が自ら限界を置くことだ」

  ◆キム・ヒョンジン弁護士=ソウル大経営大を卒業後、米UCLA経営大学院、イリノイ工科大(IIT)ロースクールを終えた米国弁護士。通貨危機当時の1998年に帰国し、外交通商部通商専門家として対米交渉と貿易紛争処理を担当した。現在、法務法人ジョンセで文化産業関連の事件を担当し、KAIST(韓国科学技術院)と延世大経営大兼任教授として活動中。

  ◆<インタビューを終えて>硬いイメージの訴訟をウィットで解く

  兄はコメディアンのキム・ヒョンゴンさん。米国内慰安婦集団訴訟を主導中のキム・ヒョンジン弁護士はコメディアン故キム・ヒョンゴンさんの弟だ。硬い訴訟の話を分かりやすく面白く説明するウィットと穏やかな笑みの中に兄の姿がちらつくが、説明の途中に輝かせる目は志士の決起を感じさせる。彼の話は聞けば聞くほど、ナチスの芸術品略奪を扱った映画『ウーマン・イン・ゴールド』を思い出す。現在、好評上映中のこの映画は、ある中年女性がナチスに奪われたクリムトの名画をオーストリア政府との8年間の訴訟の末に取り戻した実話に基づく。第2次世界大戦中に大きい被害を受けた個人が、日本とオーストリアという外国政府と法廷争いをするという点で似ている。また、信念を持つ一人の弁護士が訴訟を始めたという点も似ている。クリムト名画返還訴訟は原告の勝利で終わったが、今回の訴訟はどう流れるか注目される。

中央日報日本語版 2015.7.22 


2015/07/22

「サンフランシスコ市議会、慰安婦像を支持?」産経で知った中央日報


サンフランシスコ市議会慰安婦像を支持というニュースは、日本の新聞の報道を引用する形で韓国で報じられた。ということは、慰安婦キャンペーンを繰り広げている韓国系の団体とは接点が無かったということなのだろう。たぶん。・・・中国系による独自の日本軍性奴隷キャンペーンは、これから本格化して行くのだろうか?

サンフランシスコとは、橋下大阪市長発言の時にもイザコザがあった。州立大学で抗日連合会暗躍するなど、かなりの高汚染地区となっている印象。日本人による反対運動も始まっているが、日系(日本)人の一部が推進派についたという話も出ている。これは、グレンデールと同じパターン。

※ まだ多少の紆余曲折はありそう(「『慰安婦像』決議案、賛成・反対両派が陳述 米サンフランシスコ市議会、採決は見送り委員会審議に」産経 2015.7.22)。


サンフランシスコ市議会、慰安婦の像の支持決議を採決…中国系が主導

米国サンフランシスコ市議会が旧日本軍慰安婦像の設置を支持する決議案を推進していることが分かった。

  産経新聞は19日、サンフランシスコ市議会が21日に慰安婦の碑または像の設置を支持する決議案を採決すると報じた。

  報道によると、決議案は「(先の大戦で)日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された20万人のアジアの女性や少女」を賛えるための碑石または像の設置を支持する内容を含んでいる。決議案は市議員11人のうち8人が共同提案し、エリック・マ議員が14日に市議会会議に代表で提出した。

  サンフランシスコを拠点とする中国系団体は、昨年8月、慰安婦像の設置のための準備委員会を設立したことに続き、ことし3月にはサンフランシスコ中華街に慰安婦像の設置のための署名活動を始めたと同紙は伝えた。

  これまで米国では慰安婦の碑や像は韓国系団体の主導で設置されたが、今回サンフランシスコに設置されることになれば中国系による初めての事例になると同紙は付け加えた



米サンフランシスコ市議会、「慰安婦碑(像)設置支持」の決議案を21日に採択の公算 反日団体の活動を後押しか

米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が今月21日、慰安婦の碑または像の設置を支持する決議案を採決することが分かった。同市では中国系の反日団体が公共の場に慰安婦像の設置を推進する署名活動を展開しており、決議案はこの動きを後押しする意味合いがある。終戦70年を機に、日本政府に圧力をかける狙いもありそうだ。

決議案は、市議11人のうち8人が共同提案し、14日の市議会でエリック・マ市議が提示した。慰安婦を「(先の大戦で)日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された20万人のアジアの女性や少女」などと説明し、同市に慰安婦碑(像)を設置することを支持している。

決議案の採択は全会一致が原則だが、再審議となった場合は過半数(6人)の「賛成」で採択されるといい、決議案が採択される公算は大きくなっている

決議の採択を受けて直ちに碑や像が設置されるわけではない。ただ、サンフランシスコ近郊を拠点とする中国系反日団体などは昨年8月、慰安婦像設置のための準備委員会を設立し、今年3月には米国最大とされるサンフランシスコ中華街に像を設置しようと署名活動を始めており、こうした動きが一層活発化する恐れがある。

米国では韓国系による慰安婦像や碑が設置されてきたが、実現すれば中国系としては初めてとなる。

同中華街では中国国外で初の「抗日戦争記念館」が8月15日に開館することが発表されている。

産経 2015.7.19[2]

2015/07/20

米議会・国務省も「韓国疲れ」、下院決議の功労者ソ・オクチャ明かす

エバンスとソ・オクチャ

アメリカの「韓国疲れ」については、産経の古森記者も報じていたが、こういう話は素直に信じて良いか迷う。ところへ、ワシントン挺対委の顧問であるソ・オクチャ(徐玉子)が、アメリカの政界のKorea Fatigue(韓国疲れ)について語っていたので、これはいよいよ本当らしい。

レイ・エバンス下院議員が90年代の終わりに提起して、慰安婦問題はアメリカ議会に飛び火した。てっきりソ・オクチャが彼に吹き込んだのだと思っていたが、ソの話によるとインタビュー全文参照)、同僚議員の中国系のスタッフが吹き込んだらしい。

慰安婦決議の為に奔走したソ・オクチャ(2007)

ソ・オクチャは2007年の下院決議の時は大いに働いたが、最近はなぜか大人しい。安倍首相の訪米時にワシントン挺対委は議会前で騒いでいたが、彼女の姿はなかった。

ワシントン挺対委が慰安婦の証言集を配ろうとしたら、ノーサンキュウと言われたとソ・オクチャは言っている。あの時は、挺対委の他にも韓国系の団体が安倍首相の中傷ビラを配って回ったりしていたから、反感を抱いた議員もいたかもしれない。議会も国務省も雰囲気が変わって来たと、こうしたアメリカの空気の変化に対応しなければならないと彼女は忠告している。レイ・エバンスは昨年死亡。オクチャはこのほど本を出版し、韓国のナヌムの家で記者会見を開いた。

― 今年安倍総理のワシントンでの議会演説以降、米日関係が蜜月期に入ったという話が多いですが、アメリカ議会での最近の慰安婦問題に対する関心はどうですか?

「そうでなくても(?)、21日セヌリ党のキル・ジョンウ議員招請で「韓日歴史問題に対するアメリカ政界の認識と争点」をテーマに講義をするのに、アメリカが変わっています。 ワシントン挺対委で慰安婦ハルモニの証言集「聞こえますか(Can You Hear Me)」の英語版を議会の各事務室に配ったところ、アメリカの議員たちが意外に受け取らないことに驚きました」。

― 本を寄贈したのに断わられたという事ですか?

「そうです。 挺対委の役員が渡そうとしたところ「ノーサンクス(No Thanks)」と言われました。 5月か6月の初めのことです。 アメリカ議会の人々の心理に変化が大きいようです。バラク・オバマ大統領が安倍総理と手を取り合って一緒に歩もうという時に、我々が慰安婦に集中する必要があるかという空気(?)が出来たかのようでした。 私たちは、そんなアメリカの新しい流れに合わせて新しい対応策を見つけなければなりません。 中国は自らの利害関係のために新しい試みを、日本はアメリカの大学に多くの基金をばら撒くというやり方で影響力を拡大しようとするのに私たちは対外広報や外国大学支援の面で大きく劣っています。

― オバマ政権側はどうなのですか?

国務省の空気も変化しているようです。 ウェンディー・シャーマン国務省政務次官の日本に編向した過去の発言が自然に(?)出てきたのではない。 自分一人(の考え?)で軽く話せることでは絶対にありません。長く国務省の実務に携わっている人に会って(?)、よく知っている人々でも最近は韓国疲労症(Korea Fatigue)について(?)話していました。 彼らがそう話すので(?)私も驚きました」。

文化日報(一部) 2015.7.17 [全文]
―올해 아베 총리의 워싱턴 의회 연설 이후 미·일관계가 밀월기로 접어들었다는 얘기가 많은데, 요즘 미 의회에서 위안부 문제에 대한 관심은 어떠한가.

“그렇지 않아도 21일 길정우 새누리당 의원 초청으로 ‘한일 역사이슈에 대한 미국 정계의 인식과 쟁점’을 주제로 강의를 하는데 미국이 바뀌고 있다. 워싱턴 정신대 대책위에서 위안부 할머니들의 구술기록집인 ‘들리나요(Can You Hear Me)’ 영문판을 의회 각 사무실에 돌렸더니 미 의원들이 의외로 받지 않겠다고 해 깜짝 놀랐다.”

―책을 기증하는 것인데도 거절했다는 얘기인가.

“그렇다. 정신대 대책위 임원들이 전달하려 했더니 ‘노 생스(No Thanks)’라고 하더라. 지난 5∼6월 초의 일이다. 미국 의회 인사들의 심리에 변화가 많은 것 같다. 버락 오바마 대통령이 아베 총리와 손잡고 함께 나가는 마당에 우리가 위안부에 집중할 필요가 있느냐 하는 기류가 생기는 것 같다. 우리가 그런 미국의 새로운 트렌드에 맞춰 새로운 대응법을 찾아야 한다. 중국은 중국 자체의 이해관계 때문에 새로운 시도를 하고 일본은 미국의 각 대학에 많은 기금을 뿌리는 방식으로 영향력을 넓히려 하는데 우리는 대외홍보나 외국 대학 지원면에서 많이 부족하다.

―오바마 행정부 쪽은 어떤가.

“국무부의 기류도 변화하는 것 같다. 웬디 셔먼 국무부 정무차관의 일본편향 과거사 발언이 그냥 나온 게 아니다. 자기 혼자 가볍게 말할 수 있는 게 절대 아니다. 오랫동안 국무부 실무자들을 만나와서 잘 아는데 이들도 요즘에는 한국피로증(Korea Fatigue)을 얘기하더라. 그들이 그렇게 얘기할 때 나도 놀랐다.”

2015/07/18

欧州平和ツアー2015、若者達の「告げ口外交」19泊20日(希望の蝶)

希望?平和?
それとも「告げ口外交」?

今回は日本から「関西ネットワーク」のメンバーが合流 (ミュンヘン 2015.7)

挺対協のユン・ミヒャン代表が慰安婦を伴ってアメリカツアーに出掛けたほぼ同じ頃。ヨーロッパへ向けて別のグループが飛び立った。「希望の蝶平和ツアー2015」のメンバーである。昨年に続き、今年もヨーロッパで若者たちによるスミア(中傷)キャンペーンが行われた。

踊り(フラッシュモブ)で観光客の注意を引き付ける
(2014 独)

ツアー中は、キャンプ場で寝泊り
青春謳歌中(2015)

若者たちはテントに寝泊りし、自炊しながらヨーロッパを旅して回る。19泊20日。昨年と同じなら4500キロの道のり。目的は、「日本軍慰安婦問題」をヨーロッパに拡散すること。喜びと悲しみを仲間と分け合う彼らの紀行文は青春そのもの。そんな彼らに「告げ口外交」の片棒を担いでいるという自覚はないのだろうか?彼らは本気でこれが平和に繋がると思っているのだろうか?

「日本は戦争したがっている。我々(日本人)はファシストだ」
右は安倍首相らしい(独 2014)

日本政府に対し、「公式謝罪して法的に賠償しろ!」と叫ぶ若者たち。アメリカでは、90になるハルモニが、国務省に「法的責任」を訴えた。法的責任が何を意味するかなど、老婆に分ろうはずはない。ドイツ人の聴衆に「公式謝罪」や「法的賠償」を訴える韓国の若者たちだって分ってやしないだろう。日本政府に法的賠償を呑ませる事が困難になってきた挺対協が、老人や子供を利用して状況を変えようとしているのだという事を。これから毎年これをやるのだろう。希望の蝶のメンバーにとっては、青春のひとコマなのだろうが、やってる事はヘイトスピーチである。今回は、日本の政治団体のメンバーが現地で合流した。関西ネットワークの奥田和弘がフランスやドイツで希望の蝶メンバーに混じり、日本政府が慰安婦問題の歪曲を日常的に行っていると演説。しかし、関西ネットワークの奥田の写真は見事に「日韓進む反日の低年齢化と高齢化」である。


「慰安婦問題の謝罪」豪雨も防げなかったミュンヘンの水曜デモ

[希望蝶々2015ヨーロッパ平和ツアー]第5シーン

ドイツ、ミュンヘンの新市庁舎前のマリエン広場。 周辺に露天カフェが並び、あちこちで無名芸術家の即興公演が広がる広場はいつも人々で混み合います。 毎時定刻になると音楽が鳴り人形が踊る時計塔も観光客の足を止めさせる名所です。

ベネルクス3国を経てドイツに向かった希望の蝶ヨーロッパ平和紀行団は8日、ここで日本軍「慰安婦」問題の解決を促す水曜デモを開きました。 今回の旅程の中での初めての水曜デモを開催したパリは「慰安婦」被害ハルモニが三回水曜デモを行ったた経験があるが、ミュンヘンは今回が初めてなので準備段階から困難が多かったです。 まずドイツは集会申告の手続きがとても難しいのです。 ミュンヘンに住所を持っている居住者が集会申告を出さなければならず、集会の最後まで席を守らなければなりません。 噂をたよりに捜したあげく「セウォル号を記憶するミュンヘンの行動」で活動する海外同胞が助けてくれ、現場に来た警察官との協議もうまく調整してくれました。

デモの前日私たちはキャンプ場の主人に許可を得てキャンプ場の入口の空地でフラッシュモプ(flash mob)とキャンペーンの準備で一日半を過ごしました。 現地の人や観光客と共に平和を念願する絵と文句を描き入れていく(?)大型の垂れ幕の絵の準備チームはペットボトル(?)を切って絵の具入れを用意し蝶をかたどった布、木工用ボンド(?)などを几帳面に整えました。 現場で朗読する声明書と発言内容の翻訳を担当した団員はほとんど眠らずに(?)夜が明けました。 フランスでは摂氏40度を上下する猛暑に苦しめられたが、今度は雨소식が心配でした。 夕方頃激しい風が吹き始めると明け方から激しい雨が降りました。 轟く雷鳴と稲妻とテントを容赦なく叩く豪雨のせいでデモが出来なくならないだろうか心配して全員寝られませんでした。

幸いにも電車に乗ってマリエン広場に移動する時には止んだ雨が。デモを申告した午前10時になるとまた降って来ました。 右往左往している希望の蝶(のメンバー)に向かってキム・ヒョンジュン平和ツアー団長が叫びました。 「雨が降っています。 雨がどれくらい降るのか、ひょっとして終わるのか私たちは誰も分からないです。 私たちがすることができる最善を尽くしましょう。 自分たちを、お互いを信じてファイトです」

警察官は空を指差して「本当にやるのか」と尋ねました。 私たちはニッコリ笑って答えて、力強く平和キャンペーンを始めました。 時計塔の人形のダンスを見るために集まった人々が一人二人と私たちの方に近寄って来て、日本軍「慰安婦」問題についての説明を聞いては喜んで署名したり大垂れ幕に絵を描き入れる(?)作業に参加しました。

午前11時。私たちは水曜デモを開く歌「岩のように」を呼んでミュンヘンの真ん中で初めての水曜デモを始めました。 撮影を担当した友達は、雨も意に介さず楽しくしっかりと律動をする団員の姿があたかも一つの岩のように見えたといいます。

遠く日本から飛んできてパリの水曜デモに参加した「日本軍慰安婦問題解決のための関西ネットワーク」の奥田和弘共同代表が今回のデモにも参加しました。マイクを持った奥田代表は力説しました。 「今の日本政府は過去日本が犯した戦争犯罪を認めるどころか否定しようとする流れが強くなっています。 安倍政権は極右勢力の顔色を伺い狡猾に平和憲法の内容を自分たちの口に合うように修正しようとして、影響力の大きなメディアを対象にロビー活動をしながら日本軍『慰安婦』問題に対する歪曲を日常的に行っています」。

団員たちは手に持っていた被害ハルモニの写真を濡らす雨を絶えずぬぐい胸がジーンとしました。 拭っても拭っても再び降りしきる雨があたかもハルモニが一生流した血の涙のように感じられたためです。 水曜デモが開かれる二日前、また、一人の被害ハルモニが胸中の恨みをはらせないまま目をとじました。 今年だけすでに七人のハルモニが亡くなりました。 もう48人だけになった生存被害ハルモニを思い私たちはもっと大きく叫びました。 「日本政府は日本軍『慰安婦』被害者に公式謝罪して法的に賠償しろ!

悪天候のせいで体は大変でしたが、私たちの心は一層強固になりました。 あの雨の中でも私たちの主張に耳を傾け、快くペンを取って(?)世界1億人署名運動に参加した人々に会う間、感動の瞬間が続きました。 ある年配の方は「すでに固まっているヨーロッパ社会でこのような人権と正義の叫びを聞かせてくれてありがとう。 皆さんの活動が人類の未来だ」と話しました。 ある中国系カナダ人は「中国や他のアジア地域にも日本軍慰安婦問題があるのに、このように活動するのは韓国学生たちだけしか見ない」としながら「本当に勇気ある若者たち」だと褒め称えました。 「このような活動が、中国にもたくさん知られるようにして欲しい」という風にも伝えました。 自分の祖父が第2次大戦時日本軍海軍将校だったという一人は、私たちに「申し訳ない」としてお金を渡したりもしました。 彼はお金を遠慮して代わりに差し出した署名用紙に名前をギュウギュウ押して少なかったし周辺に一杯知らせて欲しいという私たちの要請に頷きました。

同じ年頃の若者たちの呼応も続きました。 平和キャンペーンを見守ったドイツの大学生は「感動した」と言いながら、続けて進めた水曜デモに参加して最前列を守りました。 旅行中という韓国人大学生はチョコレートと飲み物を買って抱かれて応援しました。 他の韓国人観光客も自身のジャンパーを脱いでデモ現場を撮影中であるカメラを覆ったり団員に傘を差しかけました。溢れる豪雨の中で本当に多くのことを感じ、考え、学ぶことができました。 この日の経験が残された平和紀行をさらに堂々と継続する力になるでしょう。

希望の蝶ヨーロッパ平和ツアー団

Korea Times 2015.7.10 [原文]

2015/07/17

日本の新聞記者、団体でナヌムの家訪問

聞けるのは「被害女性」の公的発言だけだが

そろそろ慰安婦問題を巡る日韓交渉も正念場という意識か?地方紙と通信紙の記者が集団でナヌムの家のハルモニを取材。地方紙の記者というと、危険な香りもしてくるが・・・。

元慰安婦の偽らざる気持ちを取材するのは今となっては難しい。中国や東南アジアの僻地に独りで暮らす女性を訪ねたならあるいは正直な話を聞けるかもしれないが、特に韓国では至難。ナヌムの家は、事実上の政治宣伝機関。ここにも日本批判に組しないペ・チュンヒのような元慰安婦もいたが、彼女たちの声は「公式」とはされない。

ただ、「被害女性」の公的発言を聞くことは日韓交渉を考える上では大事。彼女たちを何とかしない限り、日韓関係は正常に戻らないのだから。もっとも、挺対協に聞いても聞かされる答えは一緒。

※ 記事を追加

日本のメディア17人 元慰安婦の施設を訪問

日本のメディア関係者が16日、かつて旧日本軍の慰安婦にされた韓国の女性たちが共同生活を送る韓国の施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪れた。

日本からの訪問団は共同通信のほか、北海道新聞や岩手新聞など地方新聞社、計16社の論説委員17人からなる。来月15日に韓国が光復(日本による植民地支配からの解放)70年、日本が第2次世界大戦終戦70年を迎えるのに先立ち、慰安婦問題を客観的に見つめようと訪問した。

落ち着いた雰囲気の中で元慰安婦の女性たちから話を聞くつもりだったが、ナヌムの家では韓国の取材陣が待ち受けており、訪問団は逆に取材対象となったことに当惑する様子だった。結局、慰安婦に関する映像を視聴する姿と、女性たちと話を交わす様子をそれぞれ2~3分公開することになった。

訪問団が女性たちに、どのような生活を送っているか知るために訪ねたと説明すると、女性たちは口々に「つらい歴史が繰り返されないよう、日本政府が正式に謝罪し、被害者に賠償すべきだ」と訴えた。

イ・オクソンさん(94)は「日本政府は私たちが死ぬのを待っている」と非難した。姜日出(カン・インチュル)さん(87)は「強制的に連れて行かれ、口にできないほどの苦痛を味わった。胸から血の涙が流れている」と心情を明かした。

訪問団は真剣な表情で耳を傾け、細かくメモを取っていた。


(日本を代表して)詫びている様にしか見えない?

こういう写真を取られて不快に思った人もいる。ただ、ハルモニの方は悪い気はしなかったようである。YTNは、日本人の記者たちが「日本軍と日本政府が慰安婦強制動員に直接関与したのかなどを取材するためにナヌムの家を訪問した」と解説しているが、それはないだろう。日韓関係の棘となっている元慰安婦たちの言い分を、一応自分の耳で聞いて置こうと思ったのではないか?「強制動員」に関しては、彼らの中でももう結論は出ている。

慰安婦:「ナヌムの家」で頭を下げた日本の記者たち

日本の新聞記者ら17人が来韓
元慰安婦たちの証言を聞き、ノートに書き留める

「話したいことがたくさんあるけど、話ができないね、きょうは…」

87歳を迎える旧日本軍の元慰安婦、ユ・ヒナムさんが、いすに腰掛け、声を震わせながら日本語でこう話した。そして胸元に手を当てたまま、しばらく何も言えなかった。ユさんの前には白髪交じりの中年の日本人記者17人が座っていた。記者たちは大きなノートを取り出し、ユさんの話した内容を一言一言書き取った。

16日午後、共同通信や北海道新聞をはじめとする日本メディアの論説委員17人が、京畿道広州市の「ナヌムの家」を訪れた。元慰安婦たちのつらい記憶について直接話を聞くためだった。「ナヌムの家」では現在、10人の元慰安婦が共同生活を送っている。記者たちはまず、元慰安婦たちの証言を録画した映像を視聴した。画面に登場したイ・オクソンさん(88)が「慰安所というのは何をする所かといえば、人を捕まえて殺す所、と殺場にほかならない」と話すと、その場の空気は一変した。

元慰安婦たちと初めて対面した日本の記者たちは一人ずつ立ち上がり、所属と名前を告げた。皆一様に深々と頭を下げた。共同通信の磐村和哉編集委員は韓国語で「この暑い中、私たちのためにお集まりいただいて、ありがとうございます」と述べた。これに対しユさんは日本語で「よくいらっしゃいました」と答えた。

ユさんは「若いころに習った日本語を、今はすっかり忘れてしまった」としながらも、日本メディアの記者たちが分かりやすいよう、日本語を交えながら話した。若者たちに言い聞かせるような柔らかな口調だったが、むごたらしい記憶を口にするときは声を荒らげた。「あちこちから娘たちを連れてきて、ひどい目に遭わせた。朝鮮人は人間扱いされなかった」と怒鳴り声を上げた。続いて姜日出(カン・イルチュル)さん(87)は「私たちに血の涙を流させた日本だが、慰安婦問題を直接取材し、解決しようとしてくれているのはありがたい」と話した。

かつて4年以上にわたって韓国特派員を務めた磐村氏は「今年8月15日、韓国では光復(日本の植民地支配からの解放)70周年だが、日本では第2次世界大戦の終戦70周年だ。この間の歴史を、取材を通じてひも解くために来た」と話した。訪問団長を務める共同通信の森保裕副論説委員長は「歴史に関する(両国の)和解について苦悩してきた」と語った。一方、ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は「慰安婦は厳然とした戦争犯罪だ。日本の記者たちが紙面を通じ、韓国人たちのつらい歴史についてきちんと伝えてもらえればと思う」と述べた。


日本マスコミ、慰安婦ハルモニに会って証言聴取

日本のマスコミが日本軍慰安婦被害ハルモニに直接会って証言を聞きました。

慰安婦被害ハルモニが暮らしている京畿道広州「ナムヌの家」は今日の午後、論説委員級の日本のマスコミ人17人が訪問し、ハルモニと面会したと公表しました。

日本のマスコミは、日帝強制占領期間当時日本軍慰安婦の実状などについての被害ハルモニの証言を聞きました。

日本言論関係者たちが団体で慰安婦被害ハルモニに会うのは今回が初めてです。

これらは日本軍と日本政府が慰安婦強制動員に直接関与したのかなどを取材するためにナムヌの家を訪問したと伝えられました。

YTN 2015.7.16


※YTN

日 언론인들, 위안부 할머니 만나 증언 청취 / YTN

일본 언론인들이 일본군 위안부 피해 할머니들을 직접 만나 증언을 들었습니다.

위안부 피해 할머니들이 머물고 있는 경기도 광주 '나눔의 집' 측은 오늘 오후 논설위원급 일본 언론인 17명이 찾아와 할머니들을 만났다고 밝혔습니다.



일본 언론인들은 일제 강점기 당시 일본군 위안부의 실상 등에 대한 피해 할머니들의 증언을 들었습니다.

일본 언론 관계자들이 단체로 위안부 피해 할머니들을 만나는 것은 이번이 처음입니다.

이들은 일본군과 정부가 위안부 강제동원에 직접 관여했는지 등을 취재하기 위해 나눔의 집을 방문한 것으로 전해졌습니다.

「性奴隷だったというのが私の研究の中心的命題」(吉見義明)


「慰安婦制度は性奴隷制度だったというのが私の研究の中心的命題」(吉見義明)
「強制連行か否か」「性奴隷か否か」こういった議論には巻き込まれないこと。論争を挑まれても相手にしないこと。時間の無駄。結婚は人生の墓場か否かを論じるようなもの。「お前の中ではな」で終了。

慰安婦問題を研究する吉見義明・中央大教授が「記者会見で自著の内容を捏造(ねつぞう)と言われ、名誉を傷つけられた」として、桜内文城・元衆院議員に対して1200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の第8回口頭弁論が13日、東京地裁であった。

この日は吉見氏に対する原告本人尋問と、被告の桜内氏側が申請した現代史家の秦郁彦氏に対する証人尋問があり、慰安婦問題を長年研究してきた両氏による論戦が展開された。

旧日本軍の慰安婦は性奴隷かという争点をめぐり、秦氏は「彼女らの働いた生活条件は性奴隷と言われるほど過酷ではなかった。職業として割り切った女性もいる中、軽々しく比喩的に使うべきではない」と否定した。これに対し、吉見氏は「慰安婦は居住、外出、接客拒否、廃業の自由がない無権利状態にあり、慰安婦制度は性奴隷制度だったというのが私の研究の中心的命題」と主張した。

訴状によると、日本維新の会共同代表だった橋下徹大阪市長が2013年5月27日に慰安婦問題をめぐって東京都内で記者会見した際、同席した桜内氏が司会者の発言についてコメントし、「吉見さんという方の本を引用されておりましたけれども、これはすでに捏造であるということが、いろんな証拠によって明らか」などと発言。吉見氏が提訴したのに対し、桜内氏は「『これは』は原告の著書ではなく『性奴隷』を指したもの」と主張して争っている。

朝日 2015.7.13

2015/07/16

フォートリー慰安婦碑、またゴタゴタ

たぶん、これがお蔵入りしている碑
外からの押しつけに地元韓人会が反発

地元が推した慰安婦像案
市議会は日本を刺激すると懸念

ニュージャージー州フォートリーの慰安婦碑建立計画で、また韓国系のゴタゴタ。

ここでは、事実上市は慰安婦モニュメントを容認したと見ていいのだろう。しかし、3年前、よそ者であるニューヨーク周辺で暗躍するKACEが介入したことで、一旦話が流れた。地元の韓人会は、慰安婦像を望んだが、像より碑だとか碑文を「性奴隷」に変えろとKACEが文句をつけ、反対運動を開始。市長の下に押しかけるなどしたものだから、市の方から顔を洗って出直して来いと突き放された

その後、以前の碑は文字通りお蔵入りにして新しく造り直すことでこの春計画が再び動き出した。今度は地元の学生からデザインを公募するなど地域密着をアピールする計画だった。

ところが、ここでまた問題発生。前の碑の所有者(バーゲン郡の韓人会の関係者)が碑を地元の団体(フォートリー韓人会)に寄贈すると言い出した。地元の所有物となれば、よそ者批判はかわせると踏んだらしい。フォートリーの韓人会の会長もこれを了承したという話だったのだが、前回の泥仕合が祟ってか、会員の中からあの碑だけは嫌だなどと反発の声が上がり、またしても揉めている。

前の碑の所有者は、別の場所に建てるしかないと諦めつつある様子。彼によれば、碑は「日本の蛮行を告発するのが目的」なのだそうだ。なお、前回地元が推した慰安婦像案だが、市議会は、像は「日本政府を過度に刺激しかねないと難色を示し」ているという話である。

フォートリー慰安婦碑、結局失敗に終わるか

フォートリ韓人会、「3年間倉庫に放置だれた碑」寄贈の提案拒否

光復(解放)70周年を控え、青信号が灯った「ニュージャージー州フォートリーの慰安婦碑」の建立が再び難航していると見られている。 3年目倉庫に放置<本紙6月5日A1面/>されている慰安婦の碑の使用にフォートリー韓人会が難色を示しているからだ。

論議の発端は3年前ハン・チャンヨン(フォートリーの?)前韓人会長と一緒にフォートリーに建てる(慰安婦の)碑を作ったバーゲン郡の前韓人会会長が、最近フォートリー韓人会側に当の碑を寄贈すると明かしたからだ。

問題の碑は、2012年キム会長とハン前会長が「よそ者」という理由で建立直前になって失敗に終わり、今まで放置された状態のままになっている。このためにキム会長はよそ者でないフォートリー韓人会が直接その碑を建てるなら「よそ者」という障害物が綺麗に解決されると判断、「寄贈」するという決定を下し、手を差しのべたのだ。

特に、最近フォートリー市政府が「今年中に碑を建立出来るようにする」と約束したこともあり、事実上市政府と最も近い関係にあるフォートリー韓人会が無条件で碑を建てると期待したというのがキム会長の説明だ。ここに二世であるポール・ユン、フォートリー韓人会会長まで肯定的な返事をして(?)フォートリーの慰安婦碑の現実化に一歩近付いたようだ(った?)。

しかし、このようなキム会長の提案を伝え聞いたフォートリー韓人会が、最近内部での議論の末にこの提案を事実上断ることに決めたことが明らかになった。

最近本紙と会ったフォートリー韓人会の関係者は、「フォートリーの慰安婦問題はヘドロが深い。簡単に解決される問題でない」と話した。続けて「(その碑は)形状的(?)にも、私たちが追求する方向とも合わない」としながら「碑を建てなければならないという認識には同意するが、その碑は駄目だというのが私たちの考えだ」と強調した。

問題は、直ちに他の代案があるかという点だ。フォトリーの韓人会は3年前に大きな論争があった時、碑ではなく「少女像」を建てるべきだと主張した。このために一部では少女像設置のために努力しなければならないという意見を表明している(?)ことも分った。
だが、フォートリー市議会が「少女像」が日本政府を過度に刺激しかねないと難色を示したことがあり、容易でないという評価だ。

また、今年の初めフォートリー韓人会のソン・クムジュ理事長などが新しい碑を製作すると明らかにしたが、製作費の募金運動などを再び始めなければならない事などを考えると時間の浪費だという指摘が続いている。当時ソン理事長などは、問題の碑に反対する理由として、キム・ジンスク会長とハン・チャンヨン前会長などの名前が刻まれているという点を指摘したが、本誌が確認した結果、これは事実ではないと分った。

フォートリーの慰安婦碑問題に精通したある韓国人は「すぐに建てることができ、全て準備が整っている碑になぜ反対するのか、その大義名分が分からない」としながら「誰が作ったかがなぜ重要なのか。すぐに誰でも建てることに大きな意味がある」と話した。

碑の寄贈の意思を明らかにしたキム・ジンスク会長は、6日本誌との電話で「フォートリーでない他の地域に建てる案で努力してみようと思う」としながら「ただ慰安婦ハルモニを慰め、日本の蛮行を告発するのが目的である慰安婦の碑が冷や飯を免れなくなっていることに心が痛む」と話した。

Korea Times 2015.7.8[2] 


포트리 위안부기림비 결국 무산되나

포트리한인회, ‘3년간 창고방치 기림비’기증제안 거부

광복 70주년을 앞두고 청신호가 켜졌던 ‘뉴저지 포트리 위안부 기림비’ 건립이 또 다시 난항을 겪을 것으로 보인다. 3년째 창고에 방치<본보 6월5일자 A1면>돼 있는 위안부 기림비 재사용에 포트리 한인회가 난색을 표명하고 있기 때문이다.

논란의 발단은 3년 전 한창연 전 한인회장과 함께 포트리에 세울 기림비를 만들었던 버겐한인회 김진숙 회장이 최근 포트리 한인회 측에 해당 기림비를 기증하겠다고 밝히면서다.

문제의 기림비는 2012년 당시 김 회장과 한 전 회장이 ‘외부인’이라는 이유 때문에 건립 직전 무산돼 지금까지 방치된 상태로 남아있다. 이 때문에 김 회장은 외부인이 아닌 포트리 한인회가 직접 해당 기림비를 세운다면 ‘외부인’이라는 걸림돌이 말끔히 해결될 것으로 판단, ‘기증’이라는 결정을 내리면서 손을 내밀었던 것이다.

특히 포트리 시정부가 최근 ‘올해 안에 기림비를 세울 수 있도록 하겠다’는 약속을 한터라, 사실상 시정부와 가장 가까운 관계에 있는 포트리 한인회가 아무런 조건 없이 기림비를 세워줄 것으로 기대했다는 게 김 회장의 설명이다. 여기에 2세인 폴 윤 포트리 한인회장까지 긍정적인 답변을 하면서 포트리 위안부 기림비 현실화에 한 걸음 다가간 듯 했다.

하지만 이 같은 김 회장의 제안을 전해들은 포트리 한인회가 최근 내부 논의 끝에 이 제안을 사실상 거절하기로 결정을 내린 것으로 알려졌다.

최근 본보와 만난 포트리 한인회 관계자는 “포트리 위안부 문제는 앙금이 깊다. 그렇게 간단히 해결될 문제가 아니다”고 말했다. 이어 “(그 기림비는) 모양적으로도 그렇고, 우리가 추구하는 방향과도 맞질 않는다”면서 “기림비를 세워야 한다는 인식에는 동의하지만 그 기림비는 안 된다는 게 우리 생각”이라고 강조했다.

문제는 당장 다른 대안이 있느냐는 것이다. 포트리 한인회는 3년 전 큰 논쟁에 휩싸였을 당시 기림비가 아닌 ‘소녀상’을 세워야 한다고 주장했었다. 이 때문에 일각에선 소녀상 건립을 위해 노력해야 한다는 의견을 피력하는 것으로도 알려졌다.
하지만 포트리 시의회가 ‘소녀상’이 일본 정부를 과도하게 자극할 수 있다며 난색을 표시한바 있어 쉽지 않다는 평가다.

또한 올해 초 포트리 한인회 송금주 이사장 등이 새로운 기림비를 제작하겠다고 밝혔지만, 제작비 모금운동 등을 다시 시작해야 하는 점 등을 감안하면 시간낭비라는 지적이 뒤따르고 있다. 당시 송 이사장 등은 문제의 기림비를 반대하는 이유로 김진숙 회장과 한창연 전 회장 등의 이름이 새겨져 있다는 점을 지적했지만, 본보 확인 결과 이는 사실이 아닌 것으로 밝혀졌다.

포트리 위안부 기림비 문제에 정통한 한 한인은 “당장 세울 수 있고, 모든 게 준비돼 있는 기림비를 왜 반대하는지, 그 명분이 무엇인지를 모르겠다”면서 “누가 만들었는지가 왜 중요한가. 당장 누구라도 세우는 것에 큰 의미가 있다”고 말했다.

기림비 기증 의사를 밝혔던 김진숙 회장은 6일 본보와의 통화에서 “포트리가 아닌 다른 지역에 세우는 방안을 노력해 보려한다”면서 “그저 위안부 할머니들을 위로하고, 일본의 만행을 고발하는 게 목적인 위안부 기림비가 찬밥신세를 면치 못하고 있는데 마음이 아프다”고 전했다. <함지하 기자>

2015/07/14

「日本の知識人まで挺対協を問題視」 日本の同志が韓国で憂慮


挺対協の立場が微妙になって来た。ことに日本での評判は悪い。以前から、彼女たちは日本の慰安婦支援者たちからも顰蹙を買っていた。一方で、「全国行動」やwamのような同志的団体も日本には存在する。しかし、彼女たちにとって深刻なのは、日本の一般社会にまで悪評が広がっていることだろう。それも、進歩的な人々からも問題視されている。他ならぬ、挺対協の友好団体がそう零しているのだから、かなり深刻なのだろう。

ソウルで開催されたNGOの集まり(第6回歴史NGO世界大会)で、挺対協と近い日本のNGOが、「日本の『自由主義派』の間でも挺対協の主張が問題の解決の障害になっているという観念が浸透している」と憂慮したという。憂慮の念を表したのは、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動梁澄子

それにしても、こういった場合「日本では×××という考えが広まっている」とだけ書けばいいのに、「日本では誤った主張が浸透している」などと書くから、ほとんどアジビラ。新聞とは思えない。挺対協はアメリカや韓国の研究者からも非難されているが、決して「根拠もなく非難」されているわけではない。

日本では、最近右派を超えて知識人の間でまで、「慰安婦」と関連して韓国の女性団体の原理・原則的な主張を問題視する誤った主張が徐々に浸透していると指摘されだした。戦後70年を迎え、韓日間の歴史問題の解決に向けた議論で進展を得るためには、韓国政府のより積極的な努力が必要だと専門家たちは口をそろえた。

(中略)

梁澄子(ヤン・ジンジャ)日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代表は、日本で韓国の女性団体の活動への非難がかなり深刻な状態に達したと説明した。彼女は「慰安婦」問題を解決しようとする、いわゆる日本の『自由主義派』の間でも韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の主張が問題の解決の障害になっているという観念が浸透している」と憂慮した。日本政府の事実認定と公式謝罪、賠償が先行しなければならないが、朴槿恵(パク・クネ)政権の頑固な姿勢、韓国社会のナショナリズム拡散に対する批判的視点と相まって、知識人の中でも挺対協が被害者の意思を無視したまま、アジア女性基金を拒否するなど、原則的な姿勢で問題の解決の妨げになっていると、根拠もなく非難する人々が増えているということだ。(以下略)

ハンギョレ日本語版(一部) 2015.7.13

2015/07/13

韓中連帯、豪州慰安婦像計画で戦略決定「市に圧力かけ勝利を勝ち取る」

「STOP戦(平)時性暴力」
よく言うよ・・・

オーストラリア慰安婦像計画が挫折したのは、推進側(韓中連帯)が、あまりにも露骨に反日を表に出したのが原因の一つではないかと思われるが、その点も考慮して市に再アタックをかけている。前の失敗から教訓を得たのか、彼らが掲げる垂れ幕には、「戦時や平時の女性に対する暴力を止めよう」と大書され、慰安婦問題はオマケのように下に小さく書かれているだけ。日本叩きを隠すと同時に、女性団体や反戦団体などの賛同を得やすくしているのだろう。

今月の3日、推進派は戦略会議を持ち活動方針を決定した。彼らは、具体的には、地元のお祭り(スプリング・フェスティバル)にブースを出す他、オーストラリアのABC放送などに企画を持ち込み味方につけようと考えている。

ストラスフィールド市では、8月11日に特別市議会を開きこの問題に決着をつける気でいるようだが(市が特別市議会の開催を決定したのは、推進派が会議を開いた数日後。よって彼らは市の決定を知らない)、火が完全に鎮火するかどうかは分らない。別の自治体を標的に慰安婦像の設置を試みる可能性もある。

AJCN(オーストラリア-ジャパン・コミュニティネットワーク)では、8月11日の特別市議会に参じてくれる人を募っている。詳しくは、ココ

連帯のウェブサイト「過去を忘れる国に未来はない」

慰安婦少女像建立闘争

「韓中連帯戦略会議」持ち

韓中連帯慰安婦少女像建設委員会(ソン・ソクチュン代表)は3日(金曜日)ストラスフィールドの韓国カフェで韓中連帯戦略会議を持った。

この日の会議の内容を見れば「継続的に請願を受けつける(?)。 ストラスフィールド市役所にストラ広場(?)での(?)慰安婦少女像建立キャンペーンの許可を要請する。 慰安婦少女像建立委員会サイトwww.kaca.com.auを利用してインターネット署名を受けつける。 9月3日コンコード(ストラスフィールドに隣接する地区)で韓中連帯解放70周年記念行事を執り行う。 9月6日ストラスフィールド公園で開かれるスプリング・フェスティバルにブースを設け少女像建立キャンペーンを展開し、オーストラリア人から署名を受ける。 10月頃にキャンペーンを終了し、ABC放送をはじめとしたメディアを動員してストラスフィールド市役所に請願を渡してストラスフィールド市役所に少女像建立を決断するように圧力をかける。 全力でもって反省しない安倍日本政府相手に(?)最終的な勝利を勝ち取る」などの内容で、これらを実行することを決定した。

この席でソン会長は「海外同胞らとオーストラリア人の協力に感謝を伝える。 特にオーストラリア人は韓中連帯慰安婦少女像建設委員会のキャンペーンがとても立派だと言った(?)」として、少女像建立を必ず成功させると明かした。


위안부 소녀상건립투쟁

‘한.중연대전략회의’ 가져..

한.중연대 위안부 소녀상건립 위원회(송석준 대표)는 3일(금요일) 스트라스필드 한인 카페에서 한.중연대 전략회의를 가졌다.

이날 회의 내용을 보면 “계속 petition을 받는다. 스트라스필드 시청에 스트라 광장에 위안부소녀상건립 캠페인 허가를 요청한다. 위안부 소녀상건립위원회 사이트 www.kaca.com.au를 이용해 인터넷 서명을 받는다. 9월 3일 콩코드에서 한중연대 해방 70주년 기념행사를 거행한다. 9월 6일 스트라스필드 공원에서 열리는 spring 축제에 부스를 마련해 소녀상건립 캠페인을 전개하며 호주인들로부터 서명을 받는다. 10월경에 캠페인을 완료하며 ABC 방송을 비롯한 언론을 동원해서 스트라스필드 시청에 petition을 전달하며 스트라 시청에 소녀상 건립을 결정하도록 압박을 가한다. 혼신의 힘으로 반성하지 않는 아베 일본 정부에 최후의 승리를 쟁취한다.”는 등의 내용으로 이 일들을 시행하기로 결정했다.

이 자리에서 송 회장은 “교민들과 호주인들의 협조에 감사를 전한다. 특히 호주인들은 한.중연대 위안부 소녀상건립 위원회 캠페인이 아주 훌륭하다고 했다.”며 소녀상 건립을 꼭 성공적으로 마무리 해 나갈 것이라고 밝혔다.

2015/07/12

ソウル市長 「我々は日王を軍慰安婦強制性労働搾取戦犯として起訴した」

受賞式での市長とキム・ボクトン

元慰安婦キム・ボクトンがソウル市女性賞を受賞。その授賞式を終えたソウル市長パク・ウォンスンが、フェイスブックで慰安婦問題に対する自身の思い入れを語った。

この人は、アジア女性戦犯法廷の関係者であった。故松井やよりの発案によるこの民間法廷は昭和天皇を戦犯として裁くことを目的にしていた。パク市長も、自分たちが検事(カンガルー裁判とも言われる女性戦犯法廷の場合、検事役とした方が正確か)として「日王(天皇)を軍隊慰安婦強制性労働搾取戦争犯罪者として起訴した」と誇らしげ? 「韓半島は10万人以上が軍隊慰安婦として動員された最大の被害国」と、彼は今でも信じているのだろうか?あるいは、そう信じている振りをしているのか。

普信閣で除夜の鐘を突く名士の一人にキム・ボクトンを選んだという話。挺対協のユン代表が突いていたのは覚えているが、当時のニュースが間違っているのか、市長の記憶違いなのか。ソウル市では市が慰安婦像を建てる計画も進行中。彼は台湾の馬総統と同じ、マニア。

「天皇、性労働搾取犯として起訴したことがある」パク・ウォンスン「慰安婦ハルモニ『鬼郷』の観客になりたい」

ソウル市長のパク・ウォンスンは11日、自身のフェイスブックを通じて「遅くなりましたが(?)日本軍慰安婦被害者であるキム・ボクトン・ハルモニがソウル女性賞大賞を受賞することになりました」と紹介した。

パク市長は「私が賞を差し上げるということが、恥を忍んで(?)生きてきた歳月に対する小さな慰めになればという気持ちで勇気を出しました」と話した。

パク市長は「ご存知の方もいるように、2000年12月に開かれた女性国際戦犯法廷で私は大韓民国を代表した検事でした」と(自己)紹介した。 続けて「女性国際戦犯法廷は日本軍の戦争犯罪、特に日本軍慰安婦の組織と強制連行、慰安所での強姦・拷問・傷害・虐待・殺人を批判・検証する目的で作られた民間法廷です」と説明した。

パク市長は「개정初日、韓国と北朝鮮の共同調査団は日王を軍隊慰安婦強制性労働搾取戦争犯罪者として起訴しました」と披露(紹介)した。

彼は「検事として参加し『韓半島は10万人以上が軍隊慰安婦で動員された最大被害国であり、植民地支配がその背景だった。 過去を記憶できない者はその過ちを繰り返すほかはない』と言って、日王の処罰と賠償を主張しました」と話した。

続いて「その後のキム・クンジャ・ハルモニのお金を元に美しい財団がスタートし、市長に当選した初めての普信閣の타종(鐘の突き手?)にキム・ボクトン・ハルモニを타종(打鐘?)者に招きました」と明らかにした。

パク市長は「近日中に慰安婦被害ハルモニの名誉が回復することを願っています。 そして、ハルモニの物語(映画)『帰郷』の観客になりたいです」と付け加えた。

国民日報 2015.7.11[2]

“일본왕, 성노동 착취범으로 기소한 바 있다” 박원순 “위안부 할머니 ‘귀향’의 관객이고 싶다”

박원순 서울시장은 11일 자신의 페이스북을 통해 “늦였지만 일본군 위안부 피해자인 김복동 할머니가 서울여성상 대상을 수상하게 되셨습니다”라고 소개했다.

박 시장은 “제가 상을 드린다는 것이 부끄럽지만 살아온 세월에 대한 작은 위안이 되셨으면 하는 마음에서 용기 냈습니다”라고 말했다.

박 시장은 “아는 사람들은 아시겠지만 2000년 12월 열린 여성국제전범법정에서 저는 대한민국을 대표한 기소검사 였습니다”라고 소개했다. 이어 “여성국제전범법정은 일본군의 전쟁범죄 특히 일본군 위안부 조직과 강제연행, 위안부 소내 강간·고문·상해·학대·살인 행위를 비판·검증하는 목적으로 세워진 민간 법정입니다”라고 설명했다.

박 시장은 “개정 첫날 남북한 공동검사단은 일본 왕을 군위안부 강제 성노동 착취 전범으로 기소했습니다”라고 소개했다.

그는 “기소 검사로 참여하여 ‘한반도는 10만명 이상이 군대위안부로 동원된 최대 피해국이었고 식민지 지배가 그 배경이었다. 과거를 기억할 수 없는 사람은 그 잘못을 되풀이할 수밖에 없다’면서 일본 왕의 처벌과 배상을 주장했습니다”라고 말했다.

이어 “그후 김군자 할머니의 씨앗돈으로 아름다운 재단이 시작됐고, 시장에 당선된 첫 보신각 타종에 김복동 할머니를 타종인사로 초대했습니다”라고 밝혔다. 

박 시장은 “빠른 시일내에 위안부 피해 할머니들의 명예가 회복되길 바랍니다. 그리고, 할머니의 이야기 '귀향'의 관객이 되고 싶습니다”라고 덧붙였다.

豪州ストラスフィールド慰安婦像問題、8月11日(火)最終決着へ


AJCN(オーストラリア-ジャパン・コミュニティネットワーク)の江川さんから、コメントを頂いたので、紹介。

ストラスフィールド市慰安婦像問題 8月11日(火)に決着!

豪州の慰安婦像設置計画に反対の方々、この日にストラスフィールド市のタウン・ホールに集合し、行動で反対の意思表示を!6時半前までに現地集合してください。 

住所は65 Homebush Road, Strathfield ストラスフィールド駅から徒歩10分。声を掛け合ってなるべく多くの方々の参加していただきたいと思います。AJCNメンバーも多数参加します。(AJCNマークが目標)
問い合わせはAJCN事務局江川まで。 jcnaus@googlegroups.com

7月7日の市議会にて、8月11日(火) 6:30 PMから、ストラスフィールド市のタウン・ホールで、1年以上棚上げにされてきた慰安婦像設置の議案についての最終討論と議決を取るための特別市議会(Extraordinary Meeting)が開かれることが決まりました。再度、像設置賛成派、反対派双方から複数のスピーカーがスピーチする方式が取られる可能性があります。多数の反対派の応援が必要です。

AJCNは、昨年5月から6月にかけての設置反対署名集め、反対の陳情書提出、豪州連邦政府、州政府への働きかけを続けてきました。もちろん各市議会議員とも、地元のAJCNメンバー、協力者たちが途切れなくコミュニケートしてきました。

最近、ストラスフィールド市では、市民の意見を聴取するため、調査会社Micromexを使い、電話によるアットランダムのサーベイを実施し、現在同社はレポートのまとめに入っています。このサーベイでは、驚くことに、電話を受けた市民に対する慰安婦(Comfort Women )の説明として、20万人から36万人の女性が第2次大戦中に日本軍によって売春を強いられたと伝えていたことがわかりました。(今では世界中の歴史学者もこの数字を使うのをやめています。朝日新聞が謝罪して訂正したように、事実に基づかない数字だからです。)

このストーリーは市のスタッフからサーベイ会社のスタッフに事実として伝えられたとのことです。その上で、「中国人と韓国人コミュニティが慰安婦像を設置したいと望んでいるが、賛成か」、と聞き、反対と答えると、なぜか?と質問されます。早速AJCNから市に対し、この説明はサーベイの結果を設置賛成に誘導するバイアスがかかったもので、差別的であるとのクレームを出しました。事実、学会でも使われなくなった20万人という数字に加え、36万人という、聞きなれない数字まで飛び出したことに、強い差別を感じざるを得ません。

7月7日の市議会では、設置反対派の市議が、既にコミュニティは分断され始めている、無駄に時間を浪費すべきではない、早く決着をつけるべしと言って具体的な期日を指定し、これに6名の市議全員が賛成しました。慰安婦像設置の建議を昨年提出した韓国系市議のSang Ok 氏は、利害関係者とされ、慰安婦像問題の討議、議決の間、退出を命じられました。8月11日は、今回の市議会、昨年の4月1日の公聴会同様、Sang Ok市議を除いた6人の市議の間で決議がなされるはずです。絶対反対の市議は3名。市長を含めた残り3名:自由党2名、無所属1名は判断を明らかにしていません。ちなみに、労働党が反対、自由党が中韓に同情的である事実は注目に値するでしょう。

ストラスフィールド市スタッフの情報ではストラスフィールド市に住んでいる中国人、韓国人、特に若い人たちは像設置に否定的で、民族間の摩擦を引き起こし、コミュニティを分断する外交問題をオーストラリアの1都市に持ち込むことに反対しているとのことです。世界中で問題になっている韓国人売春婦問題に関連し、ストラスフィールド市に注目が集まることは、韓国系移民にとってマイナスに作用するとの判断もあるようです。

ストラスフィールド市議会が、票の脅しに屈し、自らのモニュメントポリシーを破ってまで、中韓反日団体の政治的プロパガンダを受け入れることはして欲しくないし、させてはなりません。(市のモニュメントポリシーは明確に、市に直接関係の無いモニュメントの設置を禁じています)

意見を人前では言わないとみなされている日本人も、ここ一番、行動で反対の意思を示そうではありませんか。そして、平和で融和的なコミュニティを取り戻しましょう!

小林よしのり台湾人慰安婦に同情する

90年代、小林の漫画は運動家らから槍玉に上げられた

TBSの報道特集については774さんが教えて下さった。慰安婦を強欲な嘘つきと思い込んでいる人も多いが、むしろそういう慰安婦は少数だと思われる。というのも、ソウル大のアンビョンジク教授は、大高未貴のインタビュー(週刊文春 2014.4.10号)に、最初に会った韓国人慰安婦の誰も日本を悪く言わなかったと語っている。小林は台湾の元慰安婦は「朝鮮人の元慰安婦のようなとげとげしい反日感情がない」と言っているが、最初は韓国人も同じだったのである。

反日のアイコンに仕立て上げられたハルモニ
彼女らは決して慰安婦全体を代表してはいない

そんな韓国人慰安婦たちを反日運動の闘士に仕立て上げたのは、韓国の慰安婦支援団体と日本の運動家らである。運動家らは「ハルモニ」を加害国vs.被害国、加害者日本兵vs.被害者ハルモニの図式に当てはめようとして、これに成功した。彼らの本を読むと、お婆さんたちが次第に闘士として目覚めて行く様子が満足げに語られている。

小林よしのりは、90年代強制連行を主張する運動家と激しく戦った。しかし、ありのままの慰安婦の姿を知れば、彼だってお婆さんたちの身の上に同情するのである。河野談話もアジア女性基金もそういった同情によって作られた。慰安婦問題を解決不能にしたのは、(一部の?)慰安婦支援者たちだろう。彼女たちのせいで慰安婦たちは、モンスタークレーマーとしても記憶されていくのである。

TBSの「報道特集」で台湾人の元慰安婦のルポをやっていた。
彼女たちは幼い時に両親が死んで、叔父の借金を返すために台湾人の業者に身売りされた。
看護師になるためと騙されて、インドやフィリピンに連れて来られ、現地に着くと実は慰安婦になれと宣告される。
もちろんイヤだと断るのだが、脅されて慰安婦にされてしまったようだ。
19歳当時の写真を見ると、美人だ。
全然スレた感じはない。
毎日20人くらいの日本兵を相手にしなければならなかったらしい。
わしはこれを見て同情してしまった。
朝鮮人の元慰安婦のようなとげとげしい反日感情がなく、ところどころ日本語を交えて話す様子を見て、一刻も早く日本政府が謝罪した方がいいと思ってしまった。 (以下略)


2015/07/11

挺対協が嘘で固めたインタビュー

意に沿わねば慰安婦にも大統領にも容赦しなかった挺対協

慰安婦問題のキーパーソンでありながら、挺対協がテレビや全国紙に(まともに)インタビューされたことはないのではないか?ある意味、韓国の在特会のようなものだから仕方ない。

しかし、ここに来て共同通信が挺対協のユン・ミヒャン代表にインタビュー。アメリカの介入などで、いよいよ日韓交渉が動き出すと見たからかもしれない。で、そのユン・ミヒャン代表のインタビューだが、すぐバレるような嘘ばかり。これでよく他人に真実を明らかにしろとか反省しろなどと言えるものである。

アジア女性基金に反発した挺対協は、基金から金を受け取った慰安婦を弾圧した。しかし、それを問われたユンは、「なぜ攻撃などする必要があるのか」と開き直っている。それこそ、数多くの人が彼女たちの慰安婦イジメを証言しているにも関わらず、である。「韓国側に譲歩を求める人たちが、日本の社会を変えるためにどれくらい努力をしているのかを逆に問いたい」とユン。確かに、挺対協のヘイト・キャンペーンは韓国社会を変えたが(苦笑)。東日本大震災の義援金の話も怪しいし、後日恩知らずとばかりに日本大使館にねじ込んで来た。なに恩に着せてんだか。

民主党の長島議員も挺対協が障害だったと

最大の見所は、「解決のチャンスがあったとすればいつか」という質問に、「日本の民主党政権の時代だ。・・・解決できなかった理由は分からない」とトボケている部分か。当の民主党政権の関係者は、挺対協らが原因で話がまとまらなかったと証言している。よく言う。韓国軍による人権侵害にも取り組んでいるとか、そういったアリバイ工作も。今回もアメリカの国務省にまで出向きながら、米軍慰安婦問題については口をつぐんでいたのだろう?挺対協のこだわる法的責任のせいで日韓交渉は行き詰まっているが、ユンは、これについて言い訳をしたりはぐらかしたりしている。毎度のことなので、それについては過去のエントリーを。

【慰安婦問題は今】事実認定、謝罪、賠償が柱 関係者処分は非現実的とも 尹美香代表との一問一答 

日韓両政府が対立する日本軍の慰安婦問題をめぐり、韓国側はどのような解決の道筋を描いているのか。「韓国 挺身隊 (ていしんたい) 問題対策協議会(挺対協)」など8カ国・地域の元慰安婦支援団体は昨年の東京での連帯会議で(1)加害事実の認定(2)翻すことのできない明確で公式な謝罪(3)その証しとしての賠償―の3点を柱とする提言をまとめ、内閣府に提出した。今年5月のソウルでの連帯会議でも、この提言をあらためて確認した。近年の運動方針に微妙な変化の兆しを指摘する声もある。ソウルで挺対協の 尹美香 (ユン・ミヒャン) 常任代表に真意を聞いた。

=========

―慰安婦問題の解決には何が必要か。

「求めているのは歴史の真実国家責任強制性の否定は正しい歴史認識からの逆行だ。日本の公文書を含む多くの資料や証言が日本軍の関与、強制性を明確に示している。国家の組織的犯罪であることをまず認めてほしい。そのうえで、覆すことのできない形での謝罪と賠償。大きくはこの3点を要求している」

―昨年の「日本軍『慰安婦』問題アジア連帯会議」の提言には、挺対協が7要求として掲げてきた項目のうち「法的賠償」「責任者の処罰」などの言葉がなかった。運動方針に変化はあったのか。

「被害者の生存中に日本政府が解決すべき優先課題を整理したのが提言。元慰安婦たちの最も切実で現実的な要求だ。提言を実行すれば、法的責任を果たすことになる責任者の処罰も、挺対協として要求を取り下げたわけではない。日本が国家として女性を性奴隷にしたことが当時の国内法や国際法に照らしても間違っていたことを認めるのであれば、処罰を伴うべきだ。ただ、資料が失われていたり、責任者が高齢化あるいは既に死去していたりすることを考えると現実的ではなくなっている

―日本で設立された「アジア女性基金」の「償い金」による解決など韓国側に譲歩の余地はなかったか。

「日本の政府が法的責任を果たさず、民間基金で償いをしようとしたのが『アジア女性基金』であり、解決にはなり得なかった。社会に間違いがあれば、変えるための努力が必要だ。韓国側に譲歩を求める人たちが、日本の社会を変えるためにどれくらい努力をしているのかを逆に問いたい」

償い金を受け取った女性を挺対協が攻撃したとの指摘がある。事実か。

「受け取った女性は、いろいろな事情があってのこと。私たちがなぜ攻撃などする必要があるのか。受け取った人にも受け取らなかった人たちと同じように接し、支援を続けている」

―挺対協を単に「反日団体」とみなす声さえ日本にはあるが。

「私たちは日本軍が行った過ちを解決するための活動をしている。被害者の人権を回復し、再び同じような性暴力被害者が出ないようにすることが目的。反日団体でもナショナリズムを鼓舞する団体でもない。東日本大震災の時には日本に支援金を送ったし、韓国政府に対しても、ベトナム戦争中に韓国兵が行った女性への人権侵害問題などで、さまざまな要求を突きつけてきている」

―「 挺身 (ていしん) 隊」と「慰安婦」は異なる。会の名称が誤解を生んでいないか。

「毎年の総会で検討課題には上っているが、現状で変更は考えていない。お金を稼がせるとの誘い文句の中で『挺身隊』という言葉が使われた歴史的事実を残すという意味で変更してこなかった経緯もある。長年の運動で(名称が)浸透しているという面もある」

―過去に問題解決のチャンスがあったとすればいつか

「日本の民主党政権の時代だ。解決の雰囲気が出てきて、入国審査官にいぶかしがられるほど頻繁に日本に行った。(野田政権の) 斎藤勁 (さいとう・つよし) 官房副長官とは秘密裏に会って話もした。当時は、被害者が最も望んでいるのはお金ではなく、日本の市民や国会議員たちが示す心を感じることだとも伝えた。私たちも努力した。解決できなかった理由は分からないが、とても残念に思っている」(ソウル共同=石山永一郎、佐藤大介)

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協) 旧日本軍の従軍慰安婦問題を解決することを目的として1990年に結成された市民団体。ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に日本政府への抗議集会を開催している。慰安婦問題解決のため日本政府に対し(1)慰安婦制度を戦争犯罪と認定(2)真相究明(3)公式謝罪(4)法的賠償(5)責任者の処罰(6)歴史教科書への記録(7)追悼碑と史料館の建設―の7項目を掲げており、韓国政府にも影響力を持っている

アジア女性基金 慰安婦問題で日本政府は1993年に河野談話で旧日本軍の関与を認めて謝罪し、95年に民間の協力を得て「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)を設立、フィリピン、韓国などの元慰安婦に1人200万円の「償い金」を渡した。医療・福祉支援も行った。65年の日韓請求権協定で解決済みとの立場から国家賠償とはしなかった。これに反発、韓国を中心に受け取りを拒否した被害者も多かった。2007年に基金は解散した。

47ニュース 2015.6.29[2]

馬英九総統「慰安婦は性奴隷と呼ばれるべき」教科書に強制性明記へ



国家指導者の個人的な哲学を反映して慰安婦問題が教科書が記述される。慰安婦問題で一番タチが悪いのは、安倍首相でもパク・クネ大統領でもなく、この男だろう。韓国の場合は、社会がああいった教科書記述を支持しているのだろうが、台湾の場合、馬総統が突出しているような印象である。彼は自分を反日ではないと言うが、確かにこれは反日感情とは別のものに根ざしているように思える。政権が変わったら、また修正されるのだろうが・・・。

台湾総統「日本軍『慰安婦』とは『性的奴隷』と呼ぶべき」

馬英九台湾総統は日帝強占期の慰安婦問題の用語規定議論に関連して「軍性奴隷」など他の表現がより適切だと明かした。

9日聯合報など台湾メディアによれば、馬英九総統は前日国立台湾大学である特別講演を通じて「『慰安婦』は日本を美化させた言葉」としてこのように話した。

彼はそれと共に日本軍慰安婦がほとんどの前職売春婦であったか自発的支援者だったとの日本右翼の主張は絶対信じることができないとし「私たちは慰安婦お婆さんの証言を通じて強制動員された事実を知っている」と強調した。


馬総統は引き続き日本軍慰安婦問題は約20年前から関心を持ち始めた事案であり、これは台湾の新しい教科カリキュラムにもそのまま載っていると説明した。

「総統と青年の約束」のタイトルで開かれたこの日講演で、台湾の近現代史と社会問題が核心で扱われた。

一方、台湾では1992年から日本軍慰安婦の人権問題が台頭し始めた。

現在の台湾には日本軍慰安婦被害者で知らされた58人の中で4人が生存している。

※1 聨合ニュース 2015.7.10[2]

台湾、改正教科書に慰安婦強制性明示

台湾の馬英九総統は8日新しく改定される教科書の「慰安婦」という表現の前に「強制的に動員された(被迫)」という表現を付け加えると公表した。

馬総統によれば、来月1日に登場する新しい教科書では(?)慰安婦について「強制的に動員された慰安婦(被迫成為慰安婦)」という表現が使われる。 民進党が政権与党である時作られた以前の教科書には慰安婦は「志願した慰安婦もいた」で書かれていた。

9日台湾連合報などによれば馬総統は前日国立台湾大学で開かれた講演会で強制的に動員されたと明示する理由を「『慰安婦』という話は日本が自分たちを美化させようと作った言葉だからだ」と述べた。

合わせて慰安婦は厳格に不法であり「彼女たちが『志願』したという主張は絶対信じない」と話した。

馬総統はこの日20年前から慰安婦問題に関心があったと述べた。 シャオタオ台湾慰安婦おばあさんに会った当時を思い出し、学校に行かせるという言葉にだまされて慰安婦に引きずられて行った事実を予告(例示)で聞いた。

一方馬総統はこの講演で学生たちと公共政策に対して討論した。 特に近現代史問題に対する質問が多くなされた。

ヤンピン高校に通うリン・イエンチンは「教育部が不透明で民主的でない方法で教科書を改正し、議論になる内容が多い」として総統に現在の修正案を廃止して討論を通じて多元的に歴史を表現することを約束してほしいと話した。

馬総統はこのような批評を承知しており、多くの部分が修正されると話した。

今月の初めには、高校生が来月1日新しく改正された教科書が配布されることに反発し、大規模デモを行った。 改正された教科書の大きな流れは「親中・反日」で中国史と台湾史を「本国史」として統合し、「皇国臣民(?)化」の思想を削除する。

※2 ニュース1 2015.7.9 [2]

※1
대만 총통 "일본군 '위안부'는 '성노예'로 불러야"

노해랑 통신원 = 마잉주(馬英九) 대만 총통은 일제 강점기 위안부 문제의 용어 규정 논란과 관련해 '군 성노예' 등 다른 표현이 더 적절하다고 밝혔다.

9일 연합보(聯合報)등 대만 매체에 따르면 마잉주(馬英九) 총통은 전날 국립 대만대학에서 한 특별강연을 통해 "'위안부'는 일본을 미화시킨 용어"라며 이같이 말했다.

그는 그러면서 일본군 위안부가 대부분 전직 매춘부였거나 자발적 지원자였다는 일본 우익의 주장은 절대 믿을 수 없다며 "우리는 위안부 할머니의 증언을 통해 강제 동원된 사실을 알고 있다"고 강조했다.


마 총통은 이어 일본군 위안부 문제는 약 20년전부터 관심을 갖기 시작한 사안으로, 이는 대만의 새 교과과정에도 그대로 실려 있다고 설명했다.

'총통과 청년의 약속'의 제목으로 열린 이날 강연에서 대만의 근현대사와 사회 문제가 핵심으로 다뤄졌다. 

한편, 대만에서는 1992년부터 일본군 위안부의 인권문제가 대두되기 시작했다.

현재 대만에는 일본군 위안부 피해자로 알려진 58명 가운데 4명이 생존해 있다.

※2
대만, 개정 교과서에 위안부 강제성 명시

마잉주 대만 총통(대통령)은 8일 새로 개정되는 교과서에 '위안부'라는 표현 앞에 '강제로 동원된(被迫)'이라는 표현을 붙인다고 밝혔다.

마 총통에 따르면 다음달 1일 나올 신규 교과서에 위안부에 대해 '강제로 동원된 위안부(被迫成為慰安婦)'라는 표현을 쓴다. 이전 민진당이 집권여당일 때 만들었던 교과서에 위안부는 '자원한 위안부도 있다'고 명시돼있었다.

9일 대만연합보 등에 따르면 마 총통은 전날 국립대만대학교에서 열린 강연회에서 강제로 동원됐다고 명시하는 이유를 "'위안부'라는 말은 일본이 자신들을 미화시키려고 만든 말이기 때문이다"고 밝혔다.

아울러 위안부는 엄연히 불법이며 "그들이 '자원'했다는 주장은 절대 믿지 않는다"고 말했다.

마 총통은 이날 20년 전부터 위안부 문제에 관심이 있었다고 언급했다. 샤오타오 대만 위안부 할머니를 만났던 당시를 회상하며 학교에 보내준다는 말에 속아 위안부로 끌려간 사실을 예시로 들었다.

한편 마 총통은 이 강연에서 학생들과 공공정책에 대해 토론했다. 특히 근현대사 문제에 대한 질문이 쏟아졌다.

얀핑고등학교에 다니는 린옌팅은 "교육부가 불투명하고 민주적이지 않은 방법으로 교과서를 개정했으며 논란이 되는 내용이 많다"며 총통에게 현재의 수정안을 폐지하고 토론을 통해 다원적으로 역사를 표현할 것을 약속해 달라고 말했다.

마 총통은 이러한 비평들에 대해 알고 있고 많은 부분이 수정될 것이라고 말했다.

이달 초에는 고등학생들이 다음달 1일 새로 개정된 교과서가 배포되는 것에 반발해 대규모 시위를 벌이기도 했다. 개정된 교과서의 큰 줄기는 '친중·반일'로 중국사와 대만사를 '본국사'로 통합하며, '황국 신민화' 사상을 삭제한다.

2015/07/10

シカゴに慰安婦像早ければ8月にも 「次世代に本当の歴史を教える為」


アメリカツアー中のキム・ボクトン(写真中央。右隣が挺対協のユン代表)がシカゴを訪れた際、現地では慰安婦像の建立計画が進行中であった。左から二番目の女性が、シカゴ慰安婦被害少女像建設推進委員長のルーシー・ペク(Lucy Baek)。一番右は元ジョージタウン大学教授ボニー・オーではないかと思われる。像の製作は例によってキム・ウンソン・ソギョン夫妻。精度の低い韓国語からの訳ではよく分らないので(すみません)、Korea Timesも参照。

Baek said she is expecting strong opposition from the local Japanese community, but it is “our job to teach the nation’s true history to the next generation.”(ペクは、地元の日系人社会から激しい反対があるのを予想していると言う。しかし、「次の世代に国の本当の歴史を教えるのは私たちの務めなのだ」と言う。(Korea Times

どうやら、この像は、女性の人権の尊さを訴えるものではなく、「正しい歴史」認識を韓国系の子供達の教えるのが目的らしい。であるならば、公共の場所に建てるより民族学校の校庭に建てた方がいいのでは?シカゴでもここ一二年動きがあり、挺対協がそれに接触したということ。

シカゴに米国で3つ目の慰安婦少女像推進

ルーシー・ペク推進委員長「今私たちの仕事が歴史がなるということを知り」
先月から製作開始、早ければ8月建立予定

シカゴにアメリカで三つ目の日本軍慰安婦少女像の建立(計画)が進行している。

シカゴ慰安婦少女像建立推進委員会のルーシー・ペク(78・1965年도미・元小児科医)委員長は5日(現地時間)日本軍慰安婦被害者キム・ボクトン・ハルモニの証言イベントで聯合ニュースと会い「早ければ8月にシカゴに慰安婦少女像が建つ予定だと」と明かした。

この計画案は昨年の7月シカゴ韓人会(Korean-American Association of Chicago)を中心に始まり、現在まで5万2千ドル(約5千900万ウォン)の資金が集まった。

銅像はソウル日本大使館の前に置かれた「平和の少女像」を製作したキム・ウンソン・キム・ソギョン夫妻が製作している。

ペク委員長は「先月製作に入り、到着まで最短で二ヶ月を要すると見られる」と予想している。

設置場所はシカゴ市内の公共の場所が郊外の都市公園二つの案を用意(?)して、多くの人が見ることが出来、安全が保障される最もよい場所を探している。

ペク委員長は「日本社会(日系人社会の意味か?)の反応に、特に注意している」として憂慮の念を示した。

彼女は「当初碑の設置を推進して『生きているハルモニがいるのに碑石を建てるのは適当でない』という助言を受けて、少女像の建立に切り替えた」とし「費用はよりかかるが、少女像の方がより多くの話をもっと簡単に伝えられるようだ」と話した。

ペク委員長は「同意を集め、基金を用意して、設置場所を探すのが容易でない過程」としながら「恥ずかしい過去をなぜ引っ張り出すのか」という一部の反発にあった時が最も大変だった」と打ち明けた。

(しかし?)続けて「私たちが36年間植民地生活をしたことは素直に恥ずかしいことだが、被害者が恥じることなど決してない」として「少女像建立を通じて世界的な性的奴隷反対運動に参加しているという自負心も感じる」と強調した。

ペク委員長は「自然科学専攻で生きて来たので、素直に言って歴史に対する関心は高くなかった」としながら「この仕事を引き受けて勉強をしながらはじめて今私たちがすることが歴史がなるという事実を知ることになり、正しい歴史を子孫に伝える義務があることにも気づいた」と話した。

彼女は「募金イベントの時、慰安婦被害歴史を聞いた9才の女の子が財布をはたいて出した50セント、お小遣まで余裕のないおばあさんがガレージセールを通じて物を売って寄付した100ドルが大きなやり甲斐を感じさせた」と付け加えた。

シカゴに慰安婦少女像が設置されればカリフォルニア州グレンデールきてミシガン州サウスフィールドに続きアメリカで三つ目となる。 アメリカの慰安婦モニュメントは10個以上作られている。

デイリー韓国 2015.7.7[2]

시카고에 미국서 세번째 위안부 소녀상 건립 추진
루시 백 추진위원장 "지금 우리 일이 역사가 된다는 것 알게돼"
지난달부터 제작 들어가 이르면 8월 건립 예정

시카고에 미국에서 세 번째 일본군 위안부 소녀상의 건립이 추진되고 있다.

시카고 위안부 소녀상 건립추진위원회 루시 백(78·65년 도미·전직 소아과 의사) 위원장은 5일(현지시간) 일본군 위안부 피해자 김복동 할머니 증언 행사에서 연합뉴스와 만나 "이르면 오는 8월 시카고 지역에 위안부 소녀상이 세워질 예정이라고"고 밝혔다. 

이 계획안은 작년 7월 시카고 한인회를 주축으로 시작됐고, 지금까지 5만2천 달러(약 5천900만 원) 기금이 모였다. 

동상은 서울 일본대사관 앞에 놓인 '평화의 소녀상'을 제작한 김운경·김서경 부부 작가가 만들고 있다. 

백 위원장은 "지난달 제작에 들어갔고 도착까지 최소 두 달이 소요될 것으로 보인다"고 예상했다. 

설립장소는 시카고 시내 공공장소 또는 교외도시 공원 2가지 방안을 갖고, 많은 사람이 볼 수 있고 안전이 보장되는 최상의 입지를 물색 중이다.

백 위원장은 "일본 사회의 반응에 대해 특별히 조심하고 있다"며 우려의 마음을 표현했다.

그는 "애초 기림비 설립을 추진하다가 '생존 할머니들이 계시는데 비석을 세우는 것은 적절하지 않다'는 조언을 듣고, 소녀상 건립으로 전환했다"면서 "비용은 더 많이 들지만, 소녀상이 더 많은 이야기를 더 쉽게 전달할 수 있을 것 같다"고 말했다. 

백 위원장은 "뜻을 모으고, 기금을 마련하고, 설립 장소를 찾는 일이 쉽지만은 않은 과정"이라면서 "창피한 과거를 왜 끄집어내느냐"는 일부의 반발을 접했을 때 가장 힘들었다"고 털어놓았다.

그러면서 "우리가 36년간 식민지 생활을 한 것은 솔직히 부끄러운 일이지만, 피해자들은 부끄러울 일이 결코 없다"며 "소녀상 건립을 통해 세계적인 성노예 반대운동에 동참하고 있다는 자부심도 느낀다"고 강조했다.

백 위원장은 "자연과학 전공자로 한평생을 살다 보니 솔직히 역사에 대한 관심 크게 없었다"면서 "이 일을 맡고 공부를 하면서 비로소 지금 우리가 하는 일들이 역사가 된다는 사실을 알게 됐고, 올바른 역사를 후손들에게 물려줄 의무가 있다는 것도 깨달았다"고 말했다. 

그는 "기금모금 행사 때 위안부 피해 역사를 들은 아홉 살 여자아이가 주머니를 털어 내놓은 50센트, 용돈마저 넉넉지 않은 할머니가 차고세일을 통해 물건을 팔아 기부한 100달러가 큰 보람을 느끼게 했다"고 덧붙였다.

시카고에 위안부 소녀상이 설치되면 캘리포니아 주 글렌데일와 미시간 주 사우스필드에 이어 미국에서 세 번째가 된다. 미국 내 위안부 조형물은 10여 개가 조성돼 있다.

2015/07/09

議政府市に慰安婦像計画「平和都市のイメージ作りに貢献」


「像が設置されれば、平和都市というイメージの構築に貢献できる」・・・ねぇ。

慰安婦:議政府に「平和の少女像」建設推進

除幕式は10月の予定

京畿道の議政府市に旧日本軍の慰安婦を象徴する「平和の少女像」が設置される見通しだ。

これは、議政府平和碑建立推進委員会が「事業費7000万ウォン(約740万円)をかけ、除幕式を10月に行うことを目標に『平和の少女像』設置を推進している」と8日に明らかにしたものだ。

同委員会は今月4日、議政府市の新谷高齢者総合福祉館で発足した。

発足に伴い、共同委員長には「十代チギ宣教会」のパク・ヒョンドン牧師、「ハンギョレドゥレ(韓民族組織)協同組合」のチャン・ヒョンチョル理事、「議政府教育希望ネットワーク」のホ・スンジャ代表が選任されており、執行委員長はペ・スンリョン新谷高齢者総合福祉館長が務めることになった。

委員はユン・チャンハ議政府教育支援庁教育長、キム・ジェヨン民主民生希望連帯代表(元・統合進歩党所属国会議員)、イ・ギョンソク議政府女子中学校教諭ら約30人だ。

同委員会によると、7月末まで推進委員と一般会員を募集、8月から募金活動や少女像の製作に入り、10月24日に除幕式を行うとのことだ。

事業費は同市幸福路での街頭募金に加え、地元教育機関、宗教団体、社会団体、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じた募金活動で集める。

不足分については、女性家族部(省に相当)の慰安婦関連支援事業申請や、同市への予算支援提案により賄う方針だ。

少女像設置候補地には、安重根(アン・ジュングン)義士像がある平和統一テーマ公園や同市幸福路が挙がっている。

この事業は議政府教育希望ネットワークが「旧日本軍による犠牲者を再び生み出さないようにしよう」という趣旨で今年1月に市民社会団体に提案したことから本格的に推進されるようになった。

ペ・スンリョン執行委員長は「日本が歴史を歪曲(わいきょく)し、慰安婦被害に対する補償などがないことは無念で、これに対する警戒心を呼び覚まし、真実を知らせるために推進することになった。議政府に少女像が設置されれば、平和都市というイメージの構築に貢献できるものと期待している」と語った。

2015/07/08

高橋哲哉 安倍首相に歴史修正主義者レッテルは当然

「証拠を積み上げ確立した歴史」ねぇ・・

安倍首相が訪米する二日前の4月24日に朝日新聞が掲載した高橋哲哉東大院教授のインタビュー。

安倍首相が欧米から歴史修正主義者(リビジョニスト)と叩かれているのは、慰安婦問題の影響が大きい。高橋の言う、1990年代後半から被害者が声を上げたという下りも、慰安婦問題を指していると考えるのが自然だろう。そして、安倍首相の訪米を控えたタイミングでのこのインタビュー。曖昧にしているが、高橋は慰安婦問題で安倍首相が(国際社会から)歴史修正主義者とレッテル貼りされ叩かれるのは当然だと言っているのだろう。

歴史に限らず、学問は修正されて進歩するのが当たり前だと思うのだが、そこは「証拠を積み上げ確立してきた歴史を、根拠が薄弱なまま疑わしいと主張するから」ダメなのだとうそぶく。判断と認識を磨き続けよと首相にお説教までしている。

「証拠を積み上げ確立してきた歴史」とか「根拠が薄弱な主張」と言いつつ、その内容は具体的には語らない。確立した歴史とは何のことか?慰安婦が存在したこと?誰も否定してません、そんなこと。具体的に語らないのは、語った瞬間に誤魔化しが露呈するからである。

証拠重ねた歴史政治家は尊重を

文書資料や証言を中心に記述され、語られてきた歴史が、時の推移を経て見直されることは当然ある。歴史記述や歴史観の修正自体は、学問的にも正当なことだ。

しかし、現在の歴史修正主義が否定的に語られるのは、証拠を積み上げ確立してきた歴史を、根拠が薄弱なまま疑わしいと主張するからだ。論理的な飛躍を犯しながら、自分たちが否定したい事柄は「捏造だ」と言い、修正を図る。

日本は敗戦後、アメリカの庇護の下で経済成長にいそしみ、真に過去と向き合ってきたとは言いがたい。帝国主義時代の精神性やものの見方が清算されずに、残っているとも言える。その中で、1990年代後半から歴史を見直す動きが激しくなった。戦争の被害者自らが、日本による侵略と植民地支配の責任を問う声を上げると、それに反発する形で歴史修正主義的な言説が広かった。

だからこそ、政治家の歴史に対する姿勢が問われる。民主主義や平和を追求するなら、人々の権利を侵害した歴史を直視し批判的な認識を持つことが必要だ。政治家は歴史家による事実の探求の成果を尊重した上で、自己の判断と認識を磨き続けなければならない

(聞き手・藤原慎一)

朝日新聞 2015.4.24 14面